Top > 音楽 > 【The Man with the Machine Gun】


音楽/【The Man with the Machine Gun】

Last-modified: 2019-08-27 (火) 19:47:01

FF8 Edit

ラグナ編の通常戦闘BGM。
やや重苦しい雰囲気が漂うスコール編の通常戦闘BGM「Don't be Afraid」に対し、
こちらは非常に軽快なアップテンポの曲である。
ラグナ編の人気の一翼を担っていると言っても過言ではないだろう。
ちなみに、曲名はラグナの装備がマシンガンであることに由来する。

FF8の発売後、割とすぐの時期にNHKのサッカー中継の番宣に使われていた。
「おおっ!」と思った子供も結構いたはず。


訳すと、「マシンガンを持つ男」だろう。


この曲を聴くためにティンバーの森、セントラ発掘現場、ウィンヒル、トラビア渓谷にそれぞれ2時間以上滞在していた。

  • デリングシティ到着後の地下水路も…
    セントラでは後々のスコール編のための準備なんかもあるから、聴く機会は多かった。
    欲を言えばストーリー終盤でもラグナの参戦機会を作り、この曲をもっと聴かせて欲しかったが。

アナログシンセの音色と手拍子の音とで打ち込まれており、
重厚なオーケストラ風のスコール編戦闘曲と対照的で非常にメリハリが利いている。

FF15 Edit

レガリアのカーステレオで原曲を聞くことができる。

DFF Edit

原曲が収録。
特定条件を満たすと戦闘BGMに設定できる。


スコールにマシンガンを装備させ、この曲で戦闘させたのはオレだけじゃない…と信じたい。

DDFF Edit

前作に引き続き原曲が収録。
PPカタログにて150PPで購入可能。


本作ではラグナも参戦した。
多種の銃器で戦うがもちろんマシンガンも持っているため、この曲を流しながらマシンガンを乱射することも可能。

DFFAC Edit

新規アレンジ版と原曲が登場。戦闘曲に選択できる。
プレイヤーズサイトのショップにて3600ギルで販売されている。


一周年記念の期間限定でFFRK版アレンジも販売された。

TFF Edit

原曲が収録されている。BMSでプレイできる。
背景はエスタ市街地。


2月1日から配信されている体験版第二段にもこの曲が入っている。
普通・熟練・究極の三つの譜面で遊べる。

TFFCC Edit

原曲のほか、新たに時忘れの迷宮で使用されたアレンジバージョン「ダンジョンヒーローXのテーマ」がBMSとして収録されている。

TFFAC Edit

アップデートにて原曲で遊べるようになった。
難易度究極では現在唯一スライドトリガーが存在しない譜面だが、その分究極の中では異様なまでに難しい。正直、難易度10では物足りないほど。

  • スライド終点とトリガーのすぐ後にダブルトリガーがあったり、トリガーが妙にばらけていたり……

チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮 Edit

チョコダン時忘れで「ダンジョンヒーローXのテーマ」としてアレンジされている。

FFRK Edit

アレンジされて登場。

その他 Edit

THE BLACK MAGESの2ndアルバムに収録されている。

  • 元々アップテンポだったのが、更にアップテンポになっている。
    あと、The Legendary Beastのフレーズが一カ所含まれている。

いたストにも収録。
ドラクエに合わせたオーケストラ風なのだが、アレンジの出来はすばらしい。飛空艇マップで流れる。個人的にはラグナ参戦が望ましかったところ。スコールでご愛嬌してるがね。