Top > スキル・職業 > 金属加工


金属加工

Last-modified: 2019-01-07 (月) 04:14:20

Smelting(精錬) Edit

  • このスキルが必要なコマンド
    なし
  • このスキルが必要なワークショップ
    • 炭焼き(Furnace)
    • 溶鉱炉(Forge)
    • 製錬(Smelter)
  • このスキル作業の優先度の高さ
    • 中~高
  • デフォルトでこのスキルを内包している職業
    • Blacksmith
    のんびりした農業中心の王国経営を目指すのでなければ、金属加工は無くてはならない作業です。
    その前段階とも言える作業ばかり詰まっているこのスキルは非常に重要度が高く、作業量も多くなりがち。
    一人のBlacksmithに全て任せきりにせず、他の金属加工スキルと分けてしまう選択肢も十分にアリでしょう。



金属加工の前段階として、ワークショップで様々な作業を行ないます。

  • 金属鉱石(ore)をインゴット(bar)に加工する
  • モンスターの落とすworn装備から金属片(sliver)を取り出し、更に金属片をインゴットに焼き固める
  • インゴットを金床(anvil)に加工する
  • 丸太(log)を焼いて石炭(coal)を作成する

地下で採掘できる石炭は埋蔵量があまりにも乏しく、炭焼き(Furnace)での作業だけでもかなり時間を取られます。
上ふたつの作業で減った石炭を補充しようとワークショップ同士を往復する姿、というのもよく見られる光景です。

「石炭の補充」と「金属の基礎加工」で担当を2人配置するのは良い選択肢の一つです。
鉱石をMinerが掘り出したり交易で買い付けたりと、一気に大量の加工注文が入るのがこのSmelting関連作業。
この修羅場を分担して乗り切ることで作業の滞りを無くすことには、かなり大きな意味があるでしょう。
どちらもプレイヤーの行動で発生する作業なので、落ち着いたら関連作業に戻るように設定すると良いです。
普段は木を切るだけのWoodcutterに炭を一定数焼かせてTracking Itemsで丸太を在庫管理したり、
武器職人と防具職人のふたりを設定して金属加工をすべて任せたりするのも面白いと思います。

石炭は松明(torch)作成でも使うため、Craft toやRepeatで指定して在庫確保するのが有効です。
タスクが滞らない程度に、出来るだけ少人数体制でスキルの専門性を高めていくと良いでしょう。

Blacksmithing(鍛冶) Edit

  • このスキルが必要なコマンド
    なし
  • このスキルが必要なワークショップ
    • 鍛冶屋(Blacksmith)
  • このスキル作業の優先度の高さ
  • デフォルトでこのスキルを内包している職業
    • Blacksmith
    前述のSmeltingを分けて設定するならそれに合わせた調整は必要ですが、まずメイン作業にはなりません。



回転刃(cutting wheel)など他ワークショップ建設用の資材や、斧やつるはしなどのtoolの作成を行います。
必要には必要ですが基本的に一度きりの作成で作業回数も多くなく、恒常的な需要はほぼ0です。
レベルが上がっても製作物の品質は完成品の性能に影響を与えないので、レベルを上げる意義も高くありません。

他スキルと兼任しつつワークショップ側で高い優先度に設定し、必要なときにだけ手を借りる程度で十分でしょう。
インゴットを使う都合で、近くにいる事の多いインゴット加工や武具職人あたりとの兼業が有力候補。
Machine ShopやEngineer Shopあたりの作業との統合でも、同じ材料を使うので悪くありません。

Metalworking(金属加工) Edit

  • このスキルが必要なコマンド
    なし
  • このスキルが必要なワークショップ
    • 金属細工(Metalworker)
  • このスキル作業の優先度の高さ
  • デフォルトでこのスキルを内包している職業
    • Blacksmith
    他の金属系スキルとの兼任になるでしょう。運用する際はワークショップのAssign設定をお忘れなく。



Carving系スキルの金属版。彫像や彫刻、記念コインといった金属製の工芸品を作成します。
このゲーム中、最も単体のworth値が高いであろう金属製彫像(statue)は、このスキルで製作できます。

ただ、交易品作成として見ると原材料の入手手段の少なさは非常に大きな問題となります。
交易では少々の銀鉱石くらいしか手に入れることが出来ず、また他金属は武具に回したいのが正直なところ。
1個ごとの価値が高いので、Worth管理の難しい序盤にはそもそも量産しないほうがいいというのもあります。
余ったら余ったで射撃武器の弾としての運用も候補に入ってくるので、交易に回せるのは相当先となるでしょう。

Weapon Crafting(武器製作) Edit

  • このスキルが必要なコマンド
    なし
  • このスキルが必要なワークショップ
    • 武器工房(Weaponsmith)
  • このスキル作業の優先度の高さ
  • デフォルトでこのスキルを内包している職業
    • Blacksmith
    他のMetal系スキル+αと兼任するのが良いでしょう。ワークショップでのAssignはお好みで。



金属製の近接武器(盾を含む)を作成します。遠距離武器の作成にはEngineer系スキルが必要。

このゲームでは、敵を倒すことで使用した武器の品質が上がっていくという特徴があります。
そのため、スキルレベルは(作成時の品質向上はもちろんありますが)あまり重要ではありません。
Blacksmithing(鍛冶)と同じく、必要な分だけ作ってもらうスタイルで良いでしょう。

Armor Crafting(防具製作) Edit

  • このスキルが必要なコマンド
    なし
  • このスキルが必要なワークショップ
    • 防具工房(Armorer)
  • このスキル作業の優先度の高さ
  • デフォルトでこのスキルを内包している職業
    • Blacksmith
    作業の優先度自体は他のMetal系製作スキルと同じですが、レベル上げには非常に高いコストが掛かります。
    無駄にしないためにもワークショップへのAssignは特に重要です。忘れないようにしましょう。



金属製の防具を作成します。皮製(leather)防具の作成は別スキル。
作成後の品質向上がないためスキルレベルを上げる意義があるのが、Weapon Crafting(武器製作)と違う点です。
legendary防具の作成をゲームの目的にすると、途方もない時間とコストが掛かるでしょう。
(具体的には防具を作っては売る、armor plateを作っては溶かすなどのレベル上げ作業が必要になります)

とりあえず人数分の装備一式を揃えるというだけなら、作業量はそこまで多くありません。
いずれ挑むかもしれないエンドコンテンツに思いを馳せながら、Assign設定をしておきましょう。