あたらしいなかまベル

Last-modified: 2021-02-03 (水) 14:42:40

「聞いてください!私達の鐘はソドー島で一番です!」

日本版タイトルあたらしいなかまベル
英語版タイトルBig Belle
脚本シャロン・ミラー
放送日・2011年3月21日(英国)
・2011年5月1日(米国)
・2011年11月25日(ドイツ)
・2012年4月3日(ハンガリー)
・2012年12月5日(オーストラリア)
・2012年6月3日(日本)
・2012年6月30日(ノルウェー)
・2016年5月19日(韓国:KBS版)
日本話数第349話
第1話(シーズン内)
英国話数第363話
第15話(シーズン内)
この話の主役ベル
(準主役:トビー
シーズン第15シーズン
登場キャラクターAトーマストビーベル
登場キャラクターBなし
登場キャラクターCパーシーヘンリエッタ
登場人物A山高帽を被った黒人男性
登場人物Bベルの機関士トビーの機関士緑色の服の女性双眼鏡の男性酪農場の職員子供達茶色いハンチング帽の男性クリーム色の服と黒いスカートの女性
登場人物Cナップフォード駅長消防士船の操縦士ジェム・コール植木職人達水色のカーディガンを着た女性
登場人物Dトロッターさん (言及のみ)
登場スポットナップフォード駅
トビーの機関庫
ゴードンの丘
トロッターさんの養豚場
メイスウェイト駅
あらすじ・島にやって来たばかりのベルは、自分と同じく鐘を持つトビーと仲良くなろうと奮闘する。
メモ・タイトルに「あたらしいなかま~」と付くのは第7シーズンあたらしいなかまエミリー』以来となる。
登場するフィリップ共通点を持つトビーと仲良くしようとする。
台詞ナレーターソドー島では皆、新しい仲間が来た時は温かく迎えいれている。その日の全員で汽笛を鳴らし新しくやって来た機関車を歓迎していた。ベルはソドー鉄道で仲間になったのだ。ベルは大きな青い機関車で真鍮の鐘が付いている。放水銃から勢い良く水を出して、火事を消すのが仕事だ。大きくて元気が良くて人気が目立つベルの事を誰もが好きになる。トーマスナップフォード駅にやって来た。丁度走って出て行くトビーベルが見ている所だった。」
ベル「いってらっしゃい!!」(初台詞)
トーマス「おはようベル。」
ベル「あら、おはようトーマス、あれは誰なの?」
トーマストビーって言うんだ。特別な仲間さ。トビーは島で一番古い路面機関車なんだよ。一杯頭が良くて、凄く優しいんだ。」
ナレーター「其れを聞いてベルは嬉しそうだった。」
ベルトビーは鐘が有ったわねェ。きっといい友達に慣れるわ!何処に住んで居るの?」
トーマストビーなら、アールズデール・エンドに住んで居るよ。」
ベル「其れじゃ今すぐ其処に行ってみるわ!こんにちはトビー、私はベルよ。」
ナレータートビーは目を丸くした。大きなベルを見てトビーは自分が小さく感じた。」
トビー「やあベル。」
ベル「私達鐘がお揃いね。一緒に楽しい事をしない?」
トビー「そうだねェ…。僕は鳥の囀りを聞いて楽しんでいるよ。」
ナレーター「でも、ベルは鳥の囀りが楽しいと思わなかった。」
ベル「出かけましょうトビー!私凄く楽しい事を知っているの!ついて来て!」
ナレーター「まず、彼等は、ベルトビーゴードンの丘に連れてきた。」
ベル「頂上まで登ったら、勢い良く下るわよ!」
ナレーター「だが、トビーは気が進まなかった野でゆっくりとバックして側線に入った。」
ベル「準備はいいトビー!?ふぅー!!もうスリル満点だったわねトビー!楽しかったわ!」
ナレーター「だが、何も返事も無かった。トビーは其処に居なかったのだ。」
ベルトビー?トビー?何処に居るの?帰ったと思ったわトビー。こんなとこに居たのね。」
トビー「僕はもう古い…路面機関車なんだ。を勢い良く登ったり出来ないんだ。」
ナレーターベルは顔を輝かせた。トビーと友達になりたかったのだ。」
ベル「大丈夫よ!一緒になって出来る楽しい事があるの!ピストンを動かしてトビー!」
ナレーターベルは、結局勢い良く線路を駆け抜けた。トビーは一生懸命ベルの後を付いて行き、トロッターさんの豚が居る所をやって来た。トビーは笑顔になった。」
トビー「僕がトロッターさんの豚が好きなんだ。皆に会えて嬉しいよ!」
ナレーター「其れを聞いたベルも嬉しくなった。」
ベル「一緒に楽しめるって言ったでしょ。」
ナレーター「その時、ベルはとてもいいアイデアを思いついた。」
ベル「豚は泥が好きだわ。此れを見てトビー!」
ナレーターベルの大きな放水銃の中からゴボッゴボッと言う音が聞こえて言う来た。そして次の瞬間・・・、水が物凄い勢い良くで吹き出した。」
トビー「此れは何て事だ!如何なっているんだ?」
ナレーター「水を吹き出す機関車を見るのが初めてだった。」
ベル「私達が作った泥を喜んでいるのよ!」
ナレータートビーは楽しくなかった。彼はバックして静かに側線に入って行った。」
ベル「ハッハハハ!もう一度水を出しましょうか?楽しいわよ!」
ナレーター「だが、何も返事も無かった。トビーはそこに居なかったのだ。」
ベルトビー?トビー!何処に居るの?」
ナレータートビーは隠れていた。側線で貨車の陰にジッとしている。」
ベル「帰ったのかと思ったわトビー。如何したの?大丈夫?」
トビー「僕はもう古い…路面機関車なんだ。水で遊ぶのには慣れていないんだよ。」
ナレーターベルは一所懸命考えた。何とかトビーを友達になりたかったのだ。」
ベル「大丈夫よ!他にも考えている事があるの。私と一緒にメイスウェイト駅へ行きましょう。」
ナレーターメイスウェイト駅には大勢な人がいた。ベルは蒸気を吹きだした。そして大きな真鍮の鐘を鳴らす。その音が余りに煩かったのだ。乗客達は吃驚した。」
ベル「聞いて下さい!私達の鐘はソドー島で一番です!」
ナレータートビーは自分の鐘を鳴らさず、その場からコッソリ立ち去った。」
ベルトビーも鳴らして!」
ナレーター「だが、何も返事も無い。トビーは其処にはいなかったのだ。」
ベルトビー?トビー!何処に居るの?」
ナレーター「心配になったベルトビーを探す為ロケットの様に猛スピードで走り出した。トビーは車庫に戻っていたのだ。ベルはガッカリして悲しい気持ちになった。」
ベル「貴方とお友達になりたかったの…、一緒に何か楽しい事をすればきっと仲良く慣れると思ったけど…貴方は全然楽しくなかったのね。此れじゃあ、私のお友達になりたくないわよねェ…。」
ナレーターベルはジッと黙り込んだ。すると何処から鳥の声が聞こえてきた。鳥は美しく囀った。」
ベル「まあなんて美しい声なの!」
トビー「そうでしょ?」
ベル「聞いていると美しくなるわ。」
トビー「僕もだよ!もう一度の所に行かないかベル。友達になのに…さっきは挨拶をしないで帰っちゃったから。」
ベル「勿論よ!一緒に行きましょうトビー!」
ナレーター「こうして、ベルトビーは一緒にを見に戻った。は楽しいそうに遊んでいた。」
トビー「こんにちは皆!この子はベルって言うんだよ。」
ナレーターベルトビーに向かって優しく微笑んだ。トビーはもう怖がっていなかった。」
ベル「一緒にメイスウェイト駅に行かない?貴方の友達が待っているはずよ。」
山高帽を被った黒人男性「こんにちはトビー!」(初台詞)
トビー「こんにちは!前に居るのはベルです!」
ナレーターベルはニコニコ笑った。其れから真鍮で出来た大きなベルを鳴らした。其れを見てトビーは嬉しくなった。」
トビーベルは僕の友達なんだ!僕達の鐘はソドー島で一番だよ!そうだよねベル?」
ナレーターベルは顔を輝かせた。そして本当に幸せな気分になった。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
トーマス/トビーベン・スモール
ベルテレサ・ギャラガー
山高帽を被った黒人男性キース・ウィッカム
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
トーマスマーティン・シャーマン
トビー/山高帽を被った黒人男性ウィリアム・ホープ
ベルテレサ・ギャラガー
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
トビー坪井智浩
ベル根本圭子
山高帽を被った黒人男性佐々木啓夫
シリーズ前回
(英語)
くっついたトーマスシリーズ前回
(日本)
ゆきだるまのぼうし第14シーズン
シリーズ次回ケビンのじまんのフック