Top > ゆきだるまのぼうし


ゆきだるまのぼうし

Last-modified: 2019-11-04 (月) 22:41:21

「頑張ったようだな、トーマス。」
ゆきだるまのぼうし

日本版タイトルゆきだるまのぼうし
英語版タイトルThomas and the Snowman Party
脚本ジェシカ・サンズ・クラーク
話数348
放送日・2010年10月27日(英国)
・2010年12月18日(米国)
・2011年5月17日(ドイツ)
・2011年5月31日(ハンガリー)
・2011年10月17日(オーストラリア)
・2012年4月14日(ノルウェー)
・2013年1月20日(日本)
・2016年11月3日(韓国:KBS版)
この話の主役トーマス
シーズン第14シーズン
登場キャラクターAトーマスジェームスパーシートビー
登場キャラクターBアニークララベル(劇中では「トーマスの客車」)
登場キャラクターCスタンリーロージー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿バブルスさんジンジャー髪の男の子
登場人物Bトーマスの機関士トーマスの機関助手ロージーの機関士マッコールさんソドーブラスバンド
登場人物Cソドー島の市長バーティーの運転手タウン・スクウェア駅の作業員野鳥観察者ボックスフォード公爵ブロンド髪の男の子
登場人物D無し
登場スポットタウン・スクウェア駅
タウン・ホール
沼地の線路橋
マロン駅
ナップフォード駅
メイスウェイト駅
マッコールさんの農場
カーク・ローナン分岐点
ブレンダム港(言及のみ)
ソドーパン屋(言及のみ)
あらすじ・雪が降ったソドー島タウン・スクウェア駅では雪だるまパーティーが開かれる事になった。
・子供達が雪達磨に被せる帽子を探していると知ったトーマスは仕事の途中で探す事にしたが・・・。
メモ第14シーズン最終話。
・タイトルに「ゆきだるま」と入るのは3回
・タイトルに「ぼうし」と入るのは第4シーズンディーゼルとぼうし』以来となる。
・ゆきだるまパーティーなのに呼ばれることなく奥で誰かと会話している市長
アニークララベルマッコールさんトーマスの機関士は今回は台詞無し。
・幾ら、雪達磨に合う帽子を見つけたとは言え、勝手に持って行くトーマスの機関士窃盗をしている事になる*1
・指揮者の帽子の隣のメンバーの楽器ケースをよく見るとトーマスの働いてる写真と缶バッチが付けてある。
・帽子を勝手に持っていた機関士を説教せず、荷物を取りに行っていない事だけを怒っているトップハム・ハット卿
台詞ナレーターソドー島はとても寒い季節になり、彼方此方に雪が積もっている。子供達ソドー島で一番大きな雪達磨を作るのに一所懸命だ。機関車達はその手伝いがしたくて溜まらなかった。皆、とてもワクワクしていた。トーマスが町の広場にやって来た。親友のパーシーも居た。ジェームスも居る。パーシーはニコニコしていた。」
トーマス「やあ、パーシー!嬉しそうだね?」
パーシー「雪達磨パーティーがあるんだよ、トーマス。牧羊犬のケイティーが帽子探しをするって。」
ジェームス「ブラスバンドも来るんだ。」
パーシー「其れに、ピエロのバブルスさんが帽子を使った手品をするんだよ!」
トーマス「へぇ~!其れは楽しみだね。」
ナレーター「其処へ、トップハム・ハット卿が現れた。」
トップハム・ハット卿「此れから雪達磨パーティーの準備で忙しくなる。皆、一所懸命仕事をするんだぞ。パーシー、君はベーカリーからカップケーキを運んできなさい。」
パーシー「すぐ出発しま~す!」
トップハム・ハット卿ジェームス、ブレンダムの港にお客さんを迎えに行ってくれ。」
ジェームス「分かりました!」
トップハム・ハット卿「其れから、トーマスナップフォード駅で私の大切な荷物を受け取って来てくれたまえ。」
ナレータートーマスは誇らしげに動き出そうとしたが、子供達は何故か、悲しそうにしていた。」
ジンジャー髪の男の子雪達磨の鼻には人参、口には石炭、其れにマフラーをまくんだ。でも帽子がないんだよね。」
子供達「う~ん…。」
ナレータートーマス子供達を元気づけたかった。其れに手伝ってあげたいと思った。」
トーマス「大丈夫!僕が帽子を探してくるよ。」
子供達「ありがとう、トーマス!」
ナレーター「そして、トーマスは大切な荷物を受け取りにナップフォード駅には向かわず、帽子を探す為に走り出した。」
トーマス「頑張って、帽子を見つけてみせるぞ~!子供達が喜ぶはずさ!」
ナレータートーマスマッコールさんの農場にやって来た。到着すると、直ぐに急ブレーキを掛けて停まった。干し草の上に大きな茶色の帽子があったのだ。トーマスは嬉しくなってウキウキした。」
トーマス「この帽子は子供達雪達磨にピッタリだ!きっと気に入ってくれるぞ。」
ナレータートーマスの機関士が大きな茶色の帽子を運転室に運んだ。トーマスは陽気に走り出した。」
トーマス「見つけたぞ~!帽子を見つけた!子供達はきっと喜ぶはずだ!」
ナレーター「そのまま、トーマスは大切な荷物を受け取る為ナップフォード駅に向かった。その途中、トーマスマロン駅を通りかかった。其処でまた彼は急ブレーキを掛けた。木のベンチに別の大きな帽子があったのだ。トーマスは思わずにっこりと笑った。」
トーマス「この帽子はさっきの茶色い帽子よりもっと大きい!きっとこっちの方が子供達は喜ぶぞ!」
ナレーター「其処で、トーマスの機関士がその大きな帽子を運転室に運んだ。」
トーマス「大きくて素敵な帽子だな。子供達を絶対気に入るよ~!」(汽笛)
ナレータートーマスは大切な荷物を受け取る為、また、陽気に走り出した。ナップフォード駅に向かう途中、今度はメイスウェイト駅を通りかかった。其処でまた、トーマスは止まった。スーツケースの上に物凄く大きな帽子が置かれていたのだ。、そしての帽子だ。こんなにカラフルな帽子は今まで見た事がなかった。其れにサイズも1番大きい。」
トーマス子供達はこの帽子を一番気に入るはずだ。」
ナレータートーマスの機関士が、その大きくてな帽子を運転室に運んだ。」
トーマス「1番大きくてな帽子を見つけたぞ!子供達も絶対気に入るはずだ!」
ナレータートーマスは大切な荷物を受け取る為に再び走り出した。分岐点にやって来ると、トーマスは止まった。其処にはトビーがいた。心配そうにしている。」
トビー子供達雪達磨を完成させたんだ。だけど、まだ帽子が見つかってないんだって。」
トーマス「あぁ…雪達磨の帽子なら持ってるよ。子供達に届けるね!」
ナレータートーマスはピストンを動かし、急いで町の広場へ向かう事にした。」
トーマス「やあ、パーシー!やあ、ジェームス!」
ナレーターパーシージェームスはションボリしていた。」
パーシーマッコールさん茶色の帽子が無くなったんだよ。」
トーマス「えっ!?」
パーシー「ケイティーの帽子探しができなくって。」
ジェームス「ブラスバンドがまだ来てなくてね…。指揮者の大きな帽子が無くなったみたいだ。」
パーシー「其れに、バブルスさんな帽子を失くしちゃったらしい。此れじゃあ帽子の手品が出来ない!」
トーマス「しまった、大変だ!皆の帽子は僕の運転室にあるよ!」
パーシー「えぇ~!?」
ナレーターパーシージェームスは吃驚した。」
トーマス子供達を手伝いたくて…、雪達磨の帽子を見つけてあげたら喜んでくれると思ったんだ。」
ナレーター「其処で、トップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿「私の大切な荷物は何処にあるんだ?トーマス!」
トーマス「本当にごめんなさい!大切な荷物はまだ、ナップフォード駅に有ります。子供達雪達磨の帽子を探してたから、荷物を受け取っていないんです…。皆が楽しみにしているのに。」
トップハム・ハット卿「う~ん。」
トーマス「すみません!絶対に僕が何とかします!」
トップハム・ハット卿「頼んだぞ、トーマス。」
ナレータートーマスナップフォード駅に着いた。トップハム・ハット卿の大切な荷物を運転室に乗せると、彼はまた、すぐ大急ぎで走り出した。次にトーマスマッコールさんの農場にやって来た。マッコールさんとケイティーが大きな茶色の帽子を探していた。」
トーマス「帽子ならあります!子供達が雪達磨パーティーで待っていますよ!」
ナレーター「こうして、マッコールさんとケイティーはトーマスの客車に乗り込んだ。次にやって来たのは、マロン駅だった。ブラスバンドのメンバーが指揮者の帽子を探していた。」
トーマス「帽子ならありますよ!町の広場で開く雪達磨パーティーへお連れします。」
ナレーター「こうして、指揮者とブラスバンドはトーマスの客車に乗り込んだ。トーマスは大急ぎでメイスウェイト駅に向かった。其処ではバブルスさんが手品に使う帽子を探し回っていた。」
トーマス「帽子ならあります!」
バブルスさん「良かったよ、トーマス!此れでパーティーに行って帽子の手品が出来るぞ!」
ナレーター「こうして、バブルスさんトーマスの運転室に乗り込んだ。トーマスは猛スピードで走り、子供達の作った雪達磨の元へ向かった。そして、漸く町の広場に到着した。トーマスはもうクタクタで顔は真っ赤だった。」
トーマス「お待たせしました!マッコールさんと牧羊犬のケイティー、ブラスバンドとバブルスさん、そして大切な荷物です!」
トップハム・ハット卿「頑張ったようだな、トーマス。」
ナレータートップハム・ハット卿は大切な荷物の箱をあげた。中に入っていたのは新しい帽子だった。」
トップハム・ハット卿「素晴らしいぞ、トーマス!私は此れを待っていたんだ。此れから、子供達にはきっと、こっちが必要だろうな。君達の雪達磨の帽子だよ。」
子供達「やったぁ~!!カッコいい!」
ナレータートーマスは嬉しくて、思わず顔を輝かせた。其れはソドー島で1番素敵な雪達磨だった。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
トーマス/トビーベン・スモール
ジェームス/パーシー/トップハム・ハット卿/バブルスさんキース・ウィッカム
ジンジャー髪の男の子テレサ・ギャラガー
米国版CVナレーター/バブルスさんマイケル・ブランドン
トーマス/パーシーマーティン・シャーマン
ジェームス/トップハム・ハット卿ケリー・シェイル
トビーウィリアム・ホープ
ジンジャー髪の男の子テレサ・ギャラガー
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
トビー坪井智浩
トップハム・ハット卿納谷六朗
バブルスさん金光宣明
ジンジャー髪の男の子田中里和
シリーズ前回ねがいをかなえて
シリーズ次回
(英語)
トーマスがおてほんシリーズ次回
(日本)
あたらしいなかまベル第15シーズン





*1 後に登場するサムソンも今回のトーマスの機関士と同じように同じ犯罪を起こす