Top > おしゃべりゆきだるま


おしゃべりゆきだるま

Last-modified: 2019-11-03 (日) 18:08:26

「雪達磨はどうやってオシャレをすると思う?」
おしゃべりゆきだるま

日本版タイトルおしゃべりゆきだるま
英語版タイトルHo Ho Snowman
脚本シャロン・ミラー
放送日・2012年2月20日(オーストラリア)
・2012年2月24日(英国)
・2012年9月23日(米国)
・2012年11月9日(ドイツ)
・2012年12月2日(日本)
・2013年3月16日(ハンガリー)
・2014年8月5日(ノルウェー)
・2016年3月23日(韓国)
話数386
この話の主役ヘンリーチャーリー
シーズン第16シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーエミリーチャーリー貨車達/石炭の貨車
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCパーシーロージーヒロ
登場キャラクターDゴードン(言及のみ)、ダッシュバッシュ(言及のみ)、ファーディナンド(言及のみ)
登場人物A無し
登場人物Bチャーリーの機関士ヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手
登場人物Cナップフォード駅の作業員野鳥観察者子供達ジンジャー髪の男の子
登場人物Dトップハム・ハット卿(言及のみ)
登場スポットナップフォード駅
ソドー整備工場
メイスウェイト駅
ティッドマス機関庫
ティッドマス機関庫の転車台
ゴードンの丘
あらすじが降ったソドー島チャーリー雪景色に大はしゃぎ。然し、ヘンリーは興味無し。チャーリーヘンリー雪景色に興味を持って貰おうと、あれこれ策を巡らす。
メモチャーリー第14シーズンチャーリーとエドワード』以来の主役回。
・実際はチャーリーが喋っているが、本当に雪達磨が喋っていると思い込み怖がるヘンリー*1
・今回はジェームスがカメオ出演していない。
ゴードンバッシュダッシュファーディナンドは言及のみ。
・この話のエミリーは『トップハム・ハットきょうのたんじょうび』に続いて、エドワード第12シーズンジェームスのたいあたり』以来、それぞれ終始笑わなかった。
・オネエみたいな反応をするチャーリー
いたずら貨車・いじわる貨車、日本語版では第13シーズンたのしいみずあそび』以来久々に登場し、第12シーズンめいれいのきてき』以来久々に喋る。
台詞ナレーターソドー島は木枯らしが吹く寒い季節を迎えている。地面には雪が深く積もっている。或る朝、トーマスチャーリー貨車の入れ換えをしている。」
トーマス「頑張れ!頑張れ!衝突しちゃ駄目~!此れはバッシュダッシュファーディナンドのマネさ。」
チャーリー「面白いね、トーマス。ウフフッ、頑張れ!」
貨車達「あっ!」
チャーリー「頑張れ!そして…衝突しちゃイヤ~ン。」
トーマス/チャーリー「(笑い声)」
ナレーター貨車達はぶつかられて不満そうだった。」
チャーリー「雪って楽しいよね!僕は好きだな!」
トーマス「僕も好きさ、だけど、雪掻きが着けるのが嫌なんだ。トップハム・ハット卿からすぐ『着けるよう』に言われたんだけど。」
チャーリー「そんな時は僕の冗談を聞いて、きっと元気が出るよ。」
ナレータートーマスの冗談が好きだった。」
トーマス「聞かせて、チャーリー。」
チャーリー雪達磨は朝御飯に何を食べる?」
トーマス「う~ん、分からないなぁ。」
チャーリーかき氷だよ!」
トーマス/チャーリー「(笑い声)」
トーマス「それ面白いね!アハハハハ…!!」
ナレータートーマスは笑いながら走り出した。其処へヘンリーゴードンの丘を下ってやって来た。とてもゆっくりと走っている。困ったような顔をしていた。」
チャーリー「やあ、ヘンリー。如何したんだい?」
ヘンリー「はぁ~、この雪の所為だよ。雪は好きじゃないんだ。ツルツル、ヅルヅル、滑っちゃうからね。車輪がグラグラして来るんだ。」
チャーリー「雪は楽しいよヘンリー。」
ヘンリー「いや、楽しくなんてない。今日は石炭を運ぶんだ。だけど、長くて重い貨車を牽くと線路が滑ってもっと危ないんだ。だから、一度に少ししか運べなくて一日中掛かったってしまうんだ。」
ナレーターチャーリーは微笑んだ。」
チャーリー「そうだ!冗談を言ってあげるよ。そうすれば楽しくなるさ!」
ヘンリー「いや、いいよチャーリー。僕は凄く忙しいからね。」
ナレーターチャーリーは走り去るヘンリーを見ていた。その姿はとっても大変そうだった。その時、チャーリーはいいアイデアを思いついた。」
チャーリー「僕が雪の楽しさを教えるぞ。ブレンダムの港に向かう途中、雪達磨があったよな。よし!大急ぎで走って先回りをしよう!」
ナレーターチャーリーは側線に入って行った。誰かが作った大きな雪達磨があった。」
チャーリー「此処に隠れよ。ヘンリーに見つからないはずさ、ムフフフフッあっ!はっ!ムフフフフ!」
チャーリー「ホウホウ~!!やあヘンリー!!冗談を聞いて行かないかい?」
ナレーターヘンリーはとても驚いてこの場に停まった。」
ヘンリー「今のは誰だい?」
ナレーター「辺りを見回したが他の機関車は居なかった。居るのは雪達磨だけだ。」
チャーリー「ホウホウ~!!私だよ!跳ねないボールはどんなボールかな?」
ヘンリー「えぇ!?」
ナレーターヘンリーは焦った。喋る雪達磨に会うのは初めてだった。」
ヘンリー「いや…わ…分からない?」
チャーリー「答えは、雪の玉さ!アハハハハハ…!!」
ヘンリー「一体どうなっているんだ?雪達磨が笑うなんて。」
ナレーターヘンリーは慌てて走り出した。チャーリーは不思議だった。」
チャーリーヘンリーは僕の冗談が気に入らなかったのかな?又貨車を取りに戻って来るまで待とう、他の冗談なら今度もヘンリーも気に入ってくれるはずさ。」
ナレーターチャーリーが待っていると、ヘンリーがカーブを曲がっていた。チャーリーは笑顔になった。ヘンリーは雪達磨を見て不安そうな表情になった。」
チャーリー「やあヘンリー!もう一つ冗談を聞いてくれ!」
ナレーターヘンリーは吃驚して息を飲んだ。辺りにはやっぱり他の機関車は居なかった。」
チャーリー雪達磨は昼御飯に何を食べると思う?」
ヘンリー「えっ!あっ、そ…そんなの分かる筈無いよ。」
チャーリーアイスクリームだ!!ハッハハハハハハ…!!」
ヘンリー「あぁ…!本当どうなっているんだ?そんなの絶対ありえないよ。」
ナレーターヘンリーはまた慌てて走り出した。チャーリーは落ち込んだ。」
チャーリーヘンリーは喋る雪達磨を楽しんでくれると思ったのにな。あっ!まだ冗談があるぞ!今度こそ、ヘンリーだって気に入ってくれるはずさ!」
ナレーター「暫くして、ヘンリー石炭の貨車を運ぶ為に戻って来た。そして、不安そうに雪達磨を見た。チャーリーは自信たっぷりの冗談を用意していた。」
チャーリー「やあヘンリー!雪達磨は御飯を食べる時、なんて言う?」
ヘンリー「あっ…えっ!?」
チャーリー「いただるま~す!アハハハハハ…!!」
ヘンリー「本当にどうなっているんだ?!雪達磨なのにゲラゲラ笑っているぞ!こんな事って絶対有り得ないよ。」
ナレーターヘンリーは後ろ向きで走り出した。チャーリーは雪達磨の後ろから出てきた。」
チャーリー「待ってよヘンリー~!待って~!!僕だよチャーリーだよ!君の事を笑わせようとしただけなんだ!」
ナレーター「でも、ヘンリーは既に走り去った後だった。チャーリーヘンリーを探すして彼方此方走り回った。そして、最後にティッドマス機関庫にやって来た。」
チャーリー「やあトーマス!ヘンリーは見なかったかい?」
トーマス「此処に居るけど、出て来ようとしないんだ。」
チャーリーヘンリー、僕だよ!チャーリーだ!あの雪達磨は僕だったんだ。」
ナレーター「でも、ヘンリーは機関庫から姿を現さなかった。」
チャーリー「御免よヘンリー。雪達磨が冗談を言ったら喜ぶと思ったんだ。でも、怖がらせただけだったんだね…。其れに仕事の邪魔をしちゃった。君を笑わさせたかったんだ。雪の楽しさを知って欲しくって。」
エミリー「雪は楽しくないわよ。だって、火室が燃えにくくなるし、汽笛にも入り込むし。」
エドワード「僕も楽しい物と思わないなぁ。スピードを出せなくなるからね。遅れちゃう事だってあるんだよね。」
ナレーター「皆の話を聞いてチャーリーは考えた。」
チャーリーヘンリー、無理に雪を好きにならなくてもいいよ。でも君の力になりたい。後ろで手伝ってもいい?そうすれば、遅れずに石炭を運べる。十分に気を付けて走るからさ。」
ナレーター「汽笛が鳴り響き扉が開いてヘンリーが出てきた。」
ヘンリー「有り難うチャーリー、是非お願いするよ。」
ナレーターヘンリーチャーリーは注意しながら走った。雪で遊ぶ子供達の側を通り過ぎる。ヘンリー子供達の姿に微笑んだ。次に、雪の中で歌う鳥達の傍を走った。その歌声に笑顔になった。今度は綺麗に飾れたクリスマスツリーの側を通りすぎた。ヘンリーはその輝きにウットリした。彼等は漸く石炭を運び終えた。」
チャーリー「有り難うヘンリー、御蔭で雪の季節の楽しみ方が分かったよ。」
ナレーター「そして、彼等は雪達磨の所にやって来た。ヘンリーがその場に停まった。」
ヘンリーチャーリー。」
チャーリー「如何したの?」
ヘンリー「君の冗談を聞かせてくれるかい?」
ナレーターチャーリーは嬉しくて思わず顔を輝かせた。」
チャーリー「アァ勿論いいよヘンリー。(咳き込む)」
チャーリー雪だるまはどうやって御洒落をすると思う?」
ヘンリー「分からないよチャーリー。」
チャーリー「答えは、雪化粧さ!アハハハハハ…!!」
ヘンリー/チャーリー「(笑い声)」
ナレーター「こうして、ヘンリーチャーリーは雪の中で楽しそうに笑いあげた。ヘンリーは不思議な気分だった。雪達磨も一緒に笑っているように見えたからだ。」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
トーマス/貨車ベン・スモール
エドワード/ヘンリーキース・ウィッカム
エミリーテレサ・ギャラガー
チャーリーマット・ウィルキンソン
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
トーマスマーティン・シャーマン
エドワードウィリアム・ホープ
ヘンリーケリー・シェイル
エミリージュール・デ・ヨング
チャーリー/貨車ベン・スモール
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
エドワード佐々木望
ヘンリー金丸淳一
エミリー山崎依里奈
チャーリー金谷ヒデユキ
貨車金光宣明
シリーズ前回(英語)ブレンダムのかいぶつシリーズ前回(日本)トップハム・ハットきょうのたんじょうび
シリーズ次回(英語)トーマスとしゃしんシリーズ次回(日本)ソルティーへのプレゼント





*1 第20シーズンでも似た出来事が起きる。