ローリー2

Last-modified: 2020-07-09 (木) 00:08:11

「役に立ってる?あぁぁ、とっとと消えな!!」

名前ローリー2
英名Lorry 2
性別
車体番号LOR 2
TV版:茜色(キャブ&荷台)+灰色(防水シート)+(字体)+(タイヤ&ネームプレート)
ゲーム版:黄色*1(車体)+(字体)+(タイヤ&ネームプレート)
運用・積載物の運搬。
分類
トラック
TV版初登場シーズン第5シーズン3だいのトラック
TV版初台詞「蒸気を吐く屑鉄がここで何をやってんだ?!さっさと退かんかい!」
一人称
二人称
説明・口の悪いトラックの次男。
・正式な名前は設定されていないらしい。
ディーゼルバルジージョージバルストロードスマジャーディーゼル261ローリー1に続く8台目の悪役*2
トビーから石切場での仕事を奪ったが、崖から転落し、運転手共々大怪我したにも関わらず、全く反省しなかったので、送り返されて二度と戻って来なかった。
・3の中で、台詞が最多である。
精錬所メイスウェイトの鉱山に、崖から転落した後の模型が廃車としてされていた。
第7シーズンでは再建設された風車から、小麦粉運んでいた*3
・TV版では出番は少ないが、マガジンストーリーでは数多く登場している。
・眉毛が三角形で口ひげが薄いのが、3兄弟の中での見分け方だが、初登場と港に連れてこられてからの場面ではローリー3と顔パーツが入れ替わってしまっている。
性格・とても威張りん坊で、ジョージいたずら貨車・いじわる貨車と同様、鉄道の悪口を言っている。
・言葉遣いが悪く、蒸気機関車への敬意が感じられず、事故を起こした後も全く態度を改めなかった。
「口は災いの元」が何なのかよく知らない*4
・然し、マガジンストーリーではTV版に比べて蒸気機関車への失礼な発言は少なく、蒸気機関車にフレンドリーな一面も見せるエピソードもわずかながら存在する。
・マガジンストーリーでは競技や競争に興味がある一面があり、ローリー1と一緒にレーシングカーが走る姿に見惚れていた。
他キャラクターとの関係ローリー1ローリー3と同型で、3台同時にやって来た。
トビーを博物館へ行かせるべく、職場「ボロ」とか「酷い」等と言って馬鹿にしたが、の前で危険な走り方をして、崖から転落した。
パーシー「煙を吐く屑鉄の塊」と言われて罵倒された事が有る。
トーマス曰く「ペチャンコ」
・マガジンストーリーではトーマスヘンリーゴードンジェームスビルベンダンカンロッキーバーティーキャロラインテレンスエリザベスジョージとの交流もあった。
・YouTube限定動画『Rumbling rails』ではヒューゴに喧嘩を売ったり競争を挑んだが、敗北した。その後、彼とヴィニーに助けられた。
ヴィニーに助けられた事がある。
その他・ローリー2は、3の中で唯一、廃車として登場していた。
玩具木製レールシリーズ
アーテル
日本版CV遠藤守哉第5シーズン
参照画像参照はローリー2/画像?

*1 ゲーム『Round the Rails Game』のカード紹介のみ。
*2 のみで数えると3台目。
*3 然し、ネームプレートの「LOR 2」の文字が薄いので、かなり見えにくい。
*4 トビー「博物館に行け」と言って揶揄った罰が当たり、崖から落ち、トーマスから「ペチャンコ」と呼ばれた。