ヴィニー

Last-modified: 2020-05-17 (日) 03:48:04

「おいお前達!早く俺を助けろって…!!」

名前ヴィニー
英名Vinnie
性別
車体番号6407
鈍紺色(車体&煙突)+瑠璃色(炭水車&車輪&車台&屋根&機関室)+ムーングレイ(ボイラー)+金色(ライン&字体&汽笛)+(ネームプレート&窓枠)+黄色(ライン)+銀色(ランプ&手摺り)+(バッファー&バッファービーム&梯子)
車軸配置4-8-4
製造年1938年
所属鉄道グラント・トランク・ウェスタン鉄道
運用・貨物又は旅客列車の牽引。
分類蒸気機関車
テンダー機関車
流線型車両
他国の鉄道車両
TV版初登場シーズン長編第12作『きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち
※名前が初めて出て来たのは『Great Race Friends Near and Far?』第1話『Gina The Smart Steam Engine?
TV版初台詞「うわ!危ないじゃないか!」
一人称
二人称お前
説明長編第12作から登場する、北アメリカ*1*2グラント・トランク・ウェスタン鉄道代表の流線型のテンダー機関車
・出場種目は「力自慢決定戦」。
・顔の前に手摺りが付いている*3
・後部に自動連結器を装着している。
・劇中ではショーの最中、自分に衝突したフィリップを執拗に追い掛け回した。
・台詞は多いが、作中では名前を呼ばれた事が無く、トーマスから「意地悪機関車」フィリップから「いじめっ子」と呼ばれるのみ。
スマジャーに続く2台目の蒸気機関車の悪役でもある*4*5
・7台目の悪役。
・短気で怒りっぽい性格のキャラクターはゴードンジェームスドナルドダグラスダンカンデイジーマイクジョージクランキーハリーバートに続いて12台目*6
・車体は大きく、基本的に力が強いが、大量の貨車を牽引させられた?時はさすがに苦戦した。
・汽笛の音色はスカーロイに近い*7
性格・頑固で怒りっぽく、競争心が人一倍強い。
・普段は乱暴者で非常に行儀が悪く、勤務態度も不真面目。
・反面、常識人な面があり、規則に若干厳しく、機関車としての礼儀や規律を心得ており、大人しくしていられる*8
・乱暴と意地悪は好きだが危険な行為や、意地悪なブレーキ車と同様、強迫行為は嫌い。
・機関車を殴り跳ばしたり、失礼な言葉を発する事が多い。その為、ディーゼル機関車蒸気機関車の両方から怖がられたり忌避されている*9
ヘンリージェームスデイジーハット卿夫人ジェム・コールと同様、綺麗好きでボディが汚されるのを嫌っている*10
・『速さ』より『安全』を優先するタイプ*11
・旅客列車及び貨物列車の担当している事からトーマスエドワードヘンリーパーシートビーゴードンスカーロイレニアスサー・ハンデル新シリーズ及びCGアニメ以降)やピーター・サムダンカンバートレックスエミリーシェインレベッカと同様、客車貨車もお気に入りらしい。
・凶暴で怒らせると怖い反面、喧嘩は強くないらしい。
・気難し屋で若干要領が悪い所がある。他人の所為で不幸に見舞われても「自業自得」と見なされる事が多い。
ゴードンジョージディーゼル10と同様、女性への礼儀がなっていないらしい*12*13
・悪役を演じた事があるゴードンジェームスダンカンスペンサーや悪役に相応しそうなビルベンと同様、悪戯が好きな一面もあるらしい。
・暴れている反面、エドワードトレバーネッドに比べ若干控えめだが、弱虫な面があるらしい*14
「因果応報」が何なのかよく知らない*15
「愛想も小想も尽き果てる」が何なのかも知らないらしい。
・座右の銘は「飛ぶ鳥を落とす勢い」
・YouTube限定動画では時々、冷静で勇敢で周りの仲間達に優しい一面や雪景色に興味がある一面を見せている。
長編作品での経歴長編第12作で初登場。グレート・レイルウェイ・ショーで「力自慢決定戦」に出場した後、フィリップと衝突してしまい、を恨み執拗に追いかけ回したが、トーマスアシマ電気塔にぶつけられ、結局自分が痛い目に合った。そしてグレート・レイルウェイ・ショー終了後、どうなったのかも語られなかった*16
長編第14作ではカメオ出演のみ。
その他の経歴・『A Bad Day For Vinnie』では、アーサーハーヴィーの仕事を邪魔したり、フィリップの仕返しによって、塗れになってしまった。その後、ディーゼル261スクラフィーの誘いに乗り、彼らの悪巧みに参加することに。
貨物船に乗り遅れて、祖国に帰れなくなってしまったり、フィリップとレースをしてたら自分から崩れた橋に落ち、泥塗れになったりと幾度となく災難が続いてる。
・『Rumbling rails』では、船に乗り遅れたことにより、トップハム・ハット卿に説教され、採石場の仕事を命じられる。その後、ノランビー伯爵からの依頼でディーゼル261と共に、スティーブンを積載貨車に乗せ、メインランドの国際鉄道博物館へ連れて行くが、トーマスパーシーヘンリーは、彼とディーゼル261スティーブンを誘拐したと勘違いした*17
?の格好をしてトーマスを脅かそうとしたが、作戦決行前にローリー3兄弟を?と勘違いし、ディーゼル261と共に大慌てで逃げた。
・『Sodor's seven』では、トーマスジェームスオリバーディーゼル261ヒューゴローリー3を洞窟の中から救出し、これをきっかけに、暴力を止めるようになり、小型の機関車達を虐めたり殴ったりするのを止め、全ての蒸気機関車の味方をし、勇敢な性格に変わった。
・『Percy and the Railway Circus』では、フライング・スコッツマンと共にサーカスの貨車を運ぶが、一部の貨車をメインランドに忘れてしまい、その後、パーシーフィリップの手痛いミスで、メインランドから持ってきた道具を全て失うが、の合間に、フライング・スコッツマンと共に司会を務めた。
・『Return of Diesel』では、ゴードンスペンサーフライング・スコッツマンディーゼル10と団体を組んで、イギリス本土で暴れているディーゼルを退治する計画に参加したが、ディーゼル10が意識を失いかけてソドー島へ帰国した後、ディーゼルの分身達に捕まり、炭水車を外され、ゴードン共に製鉄所に監禁された。その後、ディーゼル261パクストンフィリップトーマスに助けに来てもらった。
他キャラクターとの関係・目の前で急停車したアクセルを怒鳴って注意した事がある。
ヘンリーヒロフリーダシェインとは「力自慢決定戦」での対戦相手*18
・また、シェインとはジーナの策で綱引きをした事があり、彼に負けてスイカを積んだ荷台に突っ込んでしまった。
トーマスゴードンパーシーラウルにも暴言を言っていた。
フィリップを追い回して、給炭中のカルロスにぶつかりそうになった挙げ句「貨車押し競争」の会場にまで乱入し、競争中だったジーナ平台貨車を吹っ飛ばし、フィリップ転車台の溝に突き落とそうとした所をトーマスアシマに脱線させられ、電気塔にぶつけられて、撃退された*19
アーサーハーヴィーの仕事を妨害したり、他の機関車達を痛め付けたり、フィリップを海につき落とそうとした為、ディーゼル10ピンチーで殴られた*20
アーサーハーヴィーの仕事を妨害したり、他の機関車達を痛め付けたり、フィリップを海につき落とそうとした為、ディーゼル10ピンチーで殴られた*21
・YouTube動画『Thomas and the really useful crue』と『Little Engines do Big Things!?』では、こうざん鉄道の機関車達ソドー建設会社の重機達と喧嘩した挙げ句痛い思いをしたことがある。
・YouTube限定動画ではスティーブンと面識がある。
YouTube限定動画ではヒューゴと一緒に、トーマスジェームスオリバーディーゼル261ローリー3を石炭鉱山から救出した*22
トーマスジェームスオリバーを助けたことがある。
・YouTube限定動画のみ、トビードナルドダグラスビルベンチャーリーと対面した*23
ハンクコナーケイトリンサムとは同じアメリカ出身だが、交流が無いので、会話は無い*24
ディーゼルは彼の名前を全く知らなかったようで、彼を『Steam engine』と呼んでいた。
・YouTube限定動画のみ、クランキーと対面した。
ロージーポーターニアサムボゥナタリーアメリカのディーゼル機関車カーターとは会話は無いが、面識はある模様。
ポーター同僚の機関車に『本当に強い機関車』かどうか証明させようと大量の貨車を牽引させられた事がある。
ダスティン63番のラリーカーとは同じ北アメリカ出身だが、会話は無い。
人間関係・YouTube限定動画のみ、彼がトップハム・ハット卿から説教を受けるエピソードが存在する。
・YouTube限定動画『Rumbling rails』のみ、ノランビー伯爵と対面した。
船乗りジョンとは会話は無いが、面識はある模様。
モデルクラスU-4-b 6407号蒸気機関車グラント・トランク・ウェスタン鉄道*25
玩具カプセルプラレール(プラスチック製の手摺り付き)
木製レールシリーズ
テイクンプレイ
英米版CVジョン・シュワブ長編第12作
日本版CV金光宣明長編第12作
その他CVマーク・モラガンGreat Race Friends Near and Far?
参照画像参照はヴィニー/画像?

*1 北アメリカ州のどの国の事を指すのかは厳密には不明。
*2 カナダ説も存在する。
*3 カプセルプラレールを除いた玩具商品では再現が困難な為か、手摺りの付いていない製品が殆どである。
*4 それ以前に一部の長編作品のみで悪役を演じたダンカンスペンサージェームスゴードン含めると、6台目となる。また、原作絵本の2号機関車?ゴッドレッドを含めると、8台目。
*5 スマジャーゴッドレッド狭軌の機関車並びにタンク機関車だった為、シリーズ初の広軌の蒸気機関車並びにシリーズ初のテンダー機関車の悪役。
*6 蒸気機関車で数えると7台目。またテンダー機関車で数えると6台目。
*7 現時点ではのみ登場だが、短編トレバーの汽笛の音色として使用された。
*8 実際、船の中で知り合った機関車達や同じ競技に参加した機関を馬鹿にする事はなかった。
*9 それ故に、母国での仲間内の評判も真っ二つに割れている。
*10 実際、ジーナ喧嘩を売った?のが原因でボディが西瓜だらけになった時に精神的弱さを見せた。
*11 実際、フィリップとぶつかった時に「危ない」と叫んでいた。
*12 実際、ジーナ貨車を脱線させたり、自分に喧嘩を売ったアシマ命乞いをした。
*13 但し同じ種目で対戦相手のフリーダを皮肉を言う事はなかった。
*14 電気塔ぶつかった時は悲痛の声を上げたり、ローリー3?と勘違いして逃げた。
*15 実際、トーマスアシマに撃退された後も、反省もせずにまだ怒っていた。
*16 グレート・レイルウェイ・ショーが終了した時点で彼は既に線路に戻され、帰国していたらしい。
*17 その後、彼とディーゼル261トーマスパーシーヘンリースティーブントップハム・ハット卿にでかい雷を落とされた。
*18 他のを罵倒する事はなかった。
*19 これが原因でフィリップを酷く恨むようになり、YouTube版では、懲りずにまたフィリップを撃退しようとしたら、フィリップの作戦の所為で今度はを被ってしまった。然し『Sodor's seven』以降はフィリップと和解し、『Retuen of Diesel』では彼に助けられた。
*20 YouTube限定の動画『A Bad Day For Vinnie』のみ。
*21 YouTube限定の動画『A Bad Day For Vinnie』のみ。
*22 それ以前に、彼はヒューゴと殴りあった事がある。
*23 この時、トビードナルドダグラスビルベンチャーリーに暴言を浴びせる事はしなかった。
*24 一応、YouTube限定動画には彼がコナーと仲良く会話するエピソードが存在している。
*25 実機は1959年に廃車、解体されている。