アイテム/【呪われた金貨】

Last-modified: 2021-04-09 (金) 11:49:42

KHII

ポートロイヤルにて登場するアイテム。ワールドのストーリーにも深く関係する。

原作シリーズ第一作「呪われた海賊たち」に登場したもの。原作では「アステカの金貨」と呼ばれていた。
この金貨を石櫃から持ち去ると人間的な喜びを一切感じることができない不死の身体になる呪いを受けてしまう。

  • 「石櫃から持ち去る」ことが呪われてしまう条件なので、触れたり、他人が持っている金貨を盗んだりするのは問題ない。

バルボッサ達はこれを盗んで使い果たした事で呪いを受けてしまい、金貨を回収する為にあちこちの港を襲撃する悪名高い海賊団として知れ渡るようになる。
呪いを解く為には、石櫃に882枚全ての金貨を戻して、その時点で呪われているすべての者の血を「償いの血」として注ぐ(一滴でもいいらしい)ことが必要である。
しかし呪われた海賊の1人ビル・ターナーはバルボッサに対して異を唱えたため海底深くに沈められてしまい、そののちに呪いを解く方法が判明したためビル・ターナーの血を注ぐことができなくなってしまった。
そこでバルボッサはビル・ターナーの血を継ぐ者、つまりその息子であるウィル・ターナーの血を注ぐことで呪いを解こうとしていた。

  • ビル・ターナー以外の呪われた海賊はすでに償いの血を注いている。
  • 実際に呪いが解かれるときには2枚の金貨に血を付けて償いの血として注いでいる。
    これはこの直前にジャックが石櫃から金貨をくすねたため、呪いを解く条件が「ビル・ターナーとジャック・スパロウの血を注ぐ」に変わったためである。
    • 原作映画、KHII共にジャックはバルボッサとの決闘において一度命の危機に瀕しているが、金貨をくすねて呪われていたのが幸いして窮地を脱している。

 
のちにルクソードの暗躍により、再び不死の海賊が現れるようになる。
彼が引き連れていたハートレスグリムリーパーも金貨の呪いを受けており、呪いを解くまで倒すことができなかった。
ハートレスの場合は償いの血を注ぐ必要がないようであり、882枚の金貨を石櫃に戻すだけで呪いが解ける。
またグリムリーパーも不死の呪いをかける能力を持っており、グリムリーパーを倒すことで呪いが解ける。
 
ポートロイヤルの二周目ストーリーのラストにおいて、石櫃ごと海の底へと沈められた。


キングダムハーツ独自の設定として「この不死の呪いは、ルールの異なる他の世界の者には効かない」というものがある。

  • 厳密にはグリムリーパーの呪いの話だが、石櫃から金貨を放り投げたルクソードが呪われていないことから金貨の呪いも同様であると思われる。
    • ハートレスであるグリムリーパーには呪いがかかっているが、前述の通りルクソード、またその配下でルクソードから金貨を配られたギャンブラーなどノーバディにはかかっていない。
  • このことについてソラ達が話をしているとき、ジャックはそのことに気付いて聞き耳を立てている様子だった。今後の伏線かもしれない。
    • ただ、ソラが「いつ帰れるのか」と若干凹んでいる様子であることを気にしているともとれる描写でもあった。