システム/【MPチャージ】

Last-modified: 2020-02-12 (水) 14:27:27

KHIIで初登場したシステム。
KHIのチャージゲージに代わり搭載された、MPを回復させるための新システムである。
簡単に言えば、「MPを使い切る → 時間経過でMP全回復 → MPを使い切る…」という流れを繰り返すというもの。
魔法を使う際、残りMPが魔法の消費MPに満たない場合でも、MPが残ってさえいれば残りMPを全て使い切って使用することができ、MPを使い切るとMPゲージが紫色の「チャージゲージ」に変化する。この状態をMPチャージ中という。

  • 厳密にはMPチャージが発動するのはMPが0ではなくマイナスになった時。
    よってちょうどMPが0になった場合はMPチャージには入らず、さらに1回MP消費行動を実行可能。

MPチャージ中はMPが0の状態であり、MPを消費する技は一切使えなくなる。
チャージゲージは時間の経過と共にじわじわ減っていき、一定時間が経過してチャージが完了するとチャージゲージがMPゲージに戻り、MPが全回復して再びMPを消費するアクションが行えるようになる。
MPチャージ中にMPプライズを取ったりエーテルを使うと、MPが回復するのではなく、チャージゲージが進行してチャージ完了までの時間が早まる。


KHIでは「たたかう」や「エーテル」等を使用しないと回復しなかったMPが、単に逃げ回るだけでどんどん回復するので魔法が贅沢に使えるようになった。
しかし、このシステムが搭載されている作品では、ケアル系の魔法はMPを全消費するという仕様になっている。ケアル系の魔法を連発できなくなった(消費MPが全てとなった)ため、チャージ中にダメージを受けすぎるのは危険である。チャージ中は上手く立ち回り、アイテムなども使ってピンチを切り抜けるべし。


KHII Edit

ケアルに加えて連携技もMPを全消費する。(闘技大会の一部ルール中を除く)
これらを含め、使うとMPチャージが開始されるコマンドは文字が黄色くなる。


MPチャージ中はドライヴゲージが通常より回復しやすいというメリットも働く。
そのためMPチャージ中は単純にピンチになるだけではなく、上手く立ち回ってドライヴゲージを溜めるチャンスでもある。
またドライヴはMPチャージ中のピンチを切り抜ける手段としても重宝する。
MPチャージ中で回復のできないまま敵の猛攻を受けても、それによりドライヴゲージを回復させてフォームチェンジを行い一気に反撃に移ったり、MPチャージ中の時こそ積極的に攻めていきドライヴゲージを溜める、なんて熱い攻防を生み出すこともできるシステムなのだ。
 
またMPが沢山残っているのにケアルや連携技でMPを全消費してしまうのは、ある意味MPが勿体ないので、それらを使う前に他の攻撃魔法やリフレク系魔法を積極的に使っていくことを推奨するバランスにもなっている。


アビリティ「アイテムアップ」を装備しているとエーテルの効果が上がってチャージゲージの回復力が高まるほか、エリクサースティッチの「ペロペロ」などを使用するとMPチャージを一瞬で終了させることもできる。


設定によりケアル系以外の魔法はMPチャージ突入(残りMPを使い切っての魔法使用)をOFFにすることもでき、そうするとMPが足りない時はそれらの魔法が使えなくなり、連携技やケアル系などを使わない限りMPチャージが始まらなくなる。
「攻撃魔法やリフレク系魔法を多用しつつも、ケアルや連携用のMPだけは残しておきたい」といった場合に便利。
自分でMP残量を上手く管理できるなら不要な設定だが、本作は「あと1回魔法を使うとMPがギリギリ残るかMPを使い切ってしまうか」が微妙で分かりにくいこともある。

  • 残りMPに対し、次に使えばMPチャージが始まる魔法なら魔法名がオレンジ色になるので目安自体は存在する。

またエーテルでMPを回復させる場合は、「MPチャージ中にエーテル2個ほど使ってチャージ完了させる」よりも、「MPを残り僅かまで減らしてからエーテル1個使ってMPを全回復させる」方が効率的なので、そのような場合にも便利な設定。


MPチャージの間だけコンボ数が無限になる「チャージバーサク」や、MPチャージ速度が短くなる「MPヘイスト」、MPチャージ中のドライヴゲージの回復力をさらに高める「ドライヴブースト」といった、MPチャージに関連したアビリティも存在する。


MPヘイスト系の効果を得ていない状態におけるMPチャージを完了するまでの時間は、ソラが50秒なのに対して、仲間はわずか20秒。仲間はデフォルトでもアルテマウェポンとMPヘイストを装備した状態のソラよりも早い。おかげでドナルドケアルなど仲間による回復が非常に心強い。ソラがピンチになるときはドナルドは気絶していることも多いが。
さらに仲間はアイテムアップ未装備時のエーテル1個でもMPチャージが一瞬で終了する。

KH0.2 Edit

KHIIと同様のシステム。チャージにかかる時間は30秒。
今作ではMPチャージ中に得られるメリットは無くチャージ時間も短いが、回復アイテムが有限かつクリティカルモードではプライズそのものが出ないため必然的に付き合うことになる。
 
アップデートを適用するとKHII同様、「あと一回使用するとMPチャージに移行する魔法」は魔法名がオレンジ色で表示されるようになった。

KHIII Edit

従来と同様のシステム。
デフォルトでのMPチャージ完了までの時間は操作キャラが50秒、ドナルドとグーフィーが30秒、その他の味方は20秒。
MPプライズは小1個につき2秒減少、大1個につき6秒減少。

  • クリティカルモードでは、操作キャラのMPチャージの時間が70秒に延長される。

本作でMPチャージ中に効果を発揮するアビリティはチャージバーサククリティカルチャージしか無く、ドライヴゲージのような特典も無いためチャージ状態にするメリットが少ない。
加えてMPヘイストの効果がKHIIよりも控えめで、装備を揃えても自然回復にかかる時間が長い。
その反面MP消費を軽減できるアビリティが追加されており、チャージをそもそも避ける動き方が本作の主体となる。


KHIIと違ってフォームチェンジでMPが回復しない。そのため、エーテルやMPプライズの価値が相対的に高くなっている。
特にMPプライズに関しては、今作で新登場したマジックドローマスタードローによってかき集めやすくなっており、プライズフィーバーMPコンバータで入手効率を上げることもできる。