お股ニキ

Last-modified: 2021-12-04 (土) 08:24:22

日本の野球評論家・ピッチングデザイナー。
なんJ(の特に後述のような嫌っている層)からは、「お股」「股」と呼び捨てにされることが多い。

概要

主な著書に『セイバーメトリクスの落とし穴~マネー・ボールを超える野球論~ (光文社新書)』などがある。

野球に関しては素人*1だが、豊富な知識やデータ分析によって選手へアドバイスを送ったりしている。

なんJでの評価

なんJでは2019年頃より有名になった。
当時からお股ニキを批判する声は少なくなかったが、お股ニキの意見を取り入れた*2ダルビッシュ有死刑囚状態から復活しサイ・ヤング賞投票で2位になる活躍をしたこともあり評価する者もいた。

しかし2021年シーズン途中にMLBが粘着物質の取り締まりを強化したところ、そこからダルビッシュの成績が大幅に悪化。これにより、「ダルビッシュが好調だったのはお股ニキのおかげではなく、粘着物質のおかげだったのでは?」という声がなんJで出始める*3

さらに同時期のNPBでは、不振に陥った者の中にお股ニキの影響を受けた投手が名を連ねるという事象が発生*4。加えてかつての言動*5も掘り返され、特に2015年以前の逆神ぶり*6などが槍玉に挙げられ、お股ニキはなんJ民によって無能、一部からはそれを飛び越えて害悪の烙印を押されてしまった。
またお股ニキの著書を愛読している、お股ニキとツイッター上で相互関係にあるドラフト候補は問答無用で地雷認定されるようになる、果てはお股ニキと関わりのある野球評論家も巻き添えで無能認定する者まで現れるなど、影響はプロ野球外にも広がっている。

お股ニキの影響を受けていると思われる選手の例

千賀滉大(ソフトバンク)・今永昇太(DeNA)

お股ニキの影響を早い段階から受けていた二人であり、本人の記事でも愛読者と紹介されている。また、千賀は本の帯部分に本人名義でコメントを寄せている。
2人とも、故障で幾度か離脱しているが、球界を代表する投手として活躍している。

涌井秀章(現楽天)

2021年シーズン前、雑誌『週刊プレイボーイ』でお股ニキと対談している。

同年の涌井は開幕こそ好調だったものの、5月以降は調子を落として二軍暮らしとなった。
なお、2012年頃には酷評されている。

石川柊太(ソフトバンク)

千賀の影響で、少なくとも2019年シーズン前にはお股ニキの本を読んでいたと思われる。

その後、石川は2020年に最多勝と最高勝率を記録する活躍を見せている。しかし炎上時には掘り返されている模様。

藤浪晋太郎(阪神)

以前からお股ニキの本を読んでいたこともあり、2020年春からSNS上で連絡を取り合うようになる。そこでスプリットの投球割合を増やすようアドバイスを受けたこともあり、シーズン終盤にかけて復活の兆しを見せる。
しかし翌2021年は開幕投手こそ任されたものの1ヶ月でローテから外れ、救援でも打ち込まれる試合が続き二軍暮らしが長引いている。

長谷川宙輝(現ヤクルト)

中継ぎ左腕としてブレイクした2020年オフにお股ニキと自主トレを行っている。
その時にお股ニキのアドバイスで新球フォークを習得する。
しかしその成果が出ることはなく2021年は一軍でわずか4試合の登板に留まり、さらに血行障害の治療で後半戦を棒に振るなど不本意なシーズンとなった。

木澤尚文 (ヤクルト)

ドラフト指名直後の冬にお股ニキと投球分析を行っている
しかし、プロ1年目の2021年シーズンは一軍昇格どころか二軍でも防御率6点台というさんざんな成績で終わり、同年10月16日、みやざきフェニックスリーグで阪神戦に先発したが4.1回を104球17被安打3被本塁打15失点(自責点15)と大炎上した。
2021年5月に木澤が別のフィジカルトレーナーと契約した際も、昨年秋の体に戻すことを強調されていることから、アドバイスの結果フォームが崩れたのではと推測されている。

DeNA投手陣

上述の今永の影響からか、2019年のスポーツ報知の記事では濵口遥大、大貫晋一、上茶谷大河、平良拳太郎がお股ニキの本を愛読していることが判明しており、2021年には坂本裕哉が毎日SNSで見ているアカウントにお股ニキの名前を挙げている。
2021年シーズンは濱口は故障離脱、大貫・坂本・上茶谷は不振に陥り(大貫はその後復調)、平良はトミー・ジョン手術を受けることとなった。

達孝太(2021年日本ハムドラフト1位)

ダルビッシュを憧れの投手の1人にしていることもあり、『ピッチングデザイン』を読んだうえで2021年の奈良県大会に臨んだという。(ソース
同年、日本ハムからドラフト1巡目で指名された。


もちろん全ての選手が不振に陥った訳ではなく、今永・千賀・石川のように活躍する者や大貫のように一時的に不振でも持ち直す者もいる。
選手が不調になる原因は色々あるので、何でもかんでもお股ニキのせいにするのは間違いだろう。

関連項目

外部リンク

お股ニキのTwitter
Yahoo!ニュースのプロフィール


Tag: SNS 絶許


*1 一応中学の途中までは野球部だったため、まったくの未経験者という訳ではない。
*2 例えばこのツイートでは、お股ニキが相手打者の傾向を教えてくれたと話している。
*3 なお、ダルビッシュについては前半戦以降股関節の故障を抱えていたことが後に発覚している。
*4 巨人投手コーチの杉内俊哉が「何年も指導している若手投手が言うことを聞かず、YouTubeの動画を信用している」と発言したことも非難を浴びる要因となった。なんJでは投球フォームが大幅に変わった横川凱の事を言っているのではないかと推察されている。
*5 自身をブロックした田中将大キモオタ呼ばわりするなど。
*6 例えば、桑原将志乙坂智関根大気の当時のDeNA若手外野陣のうち、桑原を代打か守備固めがせいぜいと酷評し乙坂の将来性を評価していた(ソース)が、この中でレギュラーを勝ち取ったのは当該ツイートの翌年の2016年にブレイクした桑原であり、当の乙坂は代打か守備固めがせいぜいの存在に終止し2021年に3人の中で最初の戦力外となった。なお同年のレギュラーは不調から復活した桑原であった。