くたばれ讀賣

Last-modified: 2022-05-04 (水) 01:16:52

讀賣ジャイアンツに対して浴びせられる罵声。元々セ・リーグ5球団にはアンチ巨人が多かったこともあり巨人に批判的な態度を示すファンは多かったが、中でも最も過激な台詞がこのくたばれコールである。

概要

発祥は東京ヤクルトスワローズの「東京音頭」の前奏部に合わせ傘を振り上げながらこのコールを連呼するというもの。なお対戦相手がどの球団であっても「くたばれ讀賣」とコールする。また対戦相手が巨人以外のセ・リーグ球団の時には相手チームファンも一体となって球場全体でくたばれ讀賣コールをすることが恒例となっていた。
当然のことながら礼節を欠く行為であるため2008年シーズンから公式応援団は自重しファンには「くたばれ讀賣」の部分を「東京ヤクルト」と歌うよう訴えた*1。既に「くたばれ讀賣」が浸透してしまっていたため、変わっていくまで時間はかかったものの、徐々に「東京ヤクルト」が浸透してきており、少なくとも巨人戦以外ではほとんど見られなくなった。
東京音頭以外にも「マルチテーマB『KO!』」では本来「オイ!」という掛け声のみのパートに「くたばって 死んじまえ 地獄に堕ちろ ジャイアンツ」とコールする、「くたばれ讀賣」よりひどいんじゃないかというコールもある。

 

近年では阪神ファンの「くたばれ讀賣」コールが目立っている。こちらは攻撃開始時に応援団の吹くトランペットに合わせて「くたばれ讀賣そーれいけいけ」と叫ぶもので、本家と同じくどこが対戦相手であっても、たとえ日米野球やオールスターで巨人が味方サイドにいたとしても「くたばれ讀賣」とコールする。これも長年に渡り行われているため、阪神を応援する際の一種の恒例行事と化した。
対ヤクルト戦の際にも東京音頭に合わせて率先して「くたばれ讀賣」コールをする様子もよく見られており、神宮開催ゲームでもヤクルトファンの声援より阪神ファンの「くたばれ讀賣」コールの方が大きい光景は珍しくない。

 

当然イメージ面ではマイナスになるため球団側は快く思っておらず、阪神OBの桧山進次郎による「声援って本当に力になりますよ。でも、子どもに聞かせられないヤジとかはね。例えばくたばれとか。すべての選手に愛のある声援を」という注意喚起メッセージを甲子園球場のオーロラビジョンで試合前やイニング間に放映するなど誹謗対策に腐心している。

 


Jリーグでの「くたばれ讀賣」

サッカーJ1・FC東京でも東京音頭並びにくたばれ讀賣コールが使われている。この場合「讀賣」は、Jリーグ誕生前「読売日本サッカークラブ」と名乗っていた東京ヴェルディ1969*2のことを指す。FC東京は敵の敵は味方理論からかヤクルトと親しく、東京音頭の使用を認められている。ちなみにFC東京の応援スタイルはロッテ応援団に影響を与えている*3
FC東京と東京ヴェルディ、いわゆる東京ダービーのような同一本拠地同士の対戦はサッカーでは大変険悪で、試合前の場外乱闘はザラ、対戦時には野球同様FC東京からヴェルディに「くたばれ讀賣」コールが浴びせられる。なお、FC東京と東京ヴェルディのリーグ戦での公式戦は2011年のJ2での対戦が最後である*4

 

ただし、Jリーグの場合2010年代前半以降は差別・侮辱に関するFIFA規律懲罰規定に準拠した罰則により入場禁止処分や無観客試合*5の対象になる為か過激な挑発行為は減少傾向にある。


関連項目


*1 ヤクルトスワローズ私設応援団「ツバメ軍団」の公式HP公式ブログを参照。
*2 1991年に読売新聞社・日本テレビ・よみうりランドの3社が出資しJクラブとして設立、初名ヴェルディ川崎(川崎フロンターレは旧富士通サッカー部で別チーム)。1998年オフに日テレ以外の2者が手を引き、2009年には日テレも経営から撤退、現在読売グループの出資は行われていない。
*3 なお、ロッテも東京スタジアムを本拠地としていた東京オリオンズ、ロッテオリオンズ時代は東京音頭を使用していた。
*4 FC東京が2012年以降J1に定着した一方、ヴェルディはJ1に昇格できずにいるため。
*5 日本ではJリーグの中でも特に過激と言われる浦和レッズサポーターの人種差別的行為の罰として、2014年春に無観客試合を行ったことがある。無観客試合が決行されると会場の賃料等の出費を入場料収入並びに露店販売等の売上で賄えなくなり、浦和クラスのチームだと1試合だけでも億単位の損失を出すとされる。