Top > 地獄


地獄

Last-modified: 2019-05-21 (火) 08:28:02

阪神タイガースの蔑称の一つ。
金本知憲政権時代特に2018年の阪神を表現した蔑称となり広く使われるようになった。

元ネタは2018年9月30日の西武リーグ優勝会見における埼玉西武ライオンズ・榎田大樹の発言。

また派生形として広島東洋カープの蔑称の「赤HELL」がある。






概要 Edit

榎田は2010年に外れ1位で阪神に入団。チーム事情もありセットアッパーとして活躍するも、2012年に酷使の影響で怪我をしてからは大半が二軍暮らしだった。
しかし2018年のオープン戦中に岡本洋介との交換トレードで西武に移籍すると、シーズン通して先発の座をほぼ守りきり、キャリアハイの11勝をマークしてリーグ優勝に貢献。会見では「正直、去年の今頃の自分を考えると天国と地獄じゃないですけど、すごい差なので西武に来られてよかったなと思います」とコメントした。*1


蔑称「地獄」の誕生 Edit

榎田の発言は決して古巣侮辱ではなく、「阪神時代はチームに貢献できず、地獄のような野球人生だった」という意味である。
しかし、「リーグ優勝した西武は天国、この年セ最下位に沈んだ阪神は地獄」というニュアンスにも取れることからなんJでは大受け。金本政権下の阪神の停滞ぶりを象徴するキーワードとして「地獄」が使われるようになった。

やがて首脳陣や球団フロントに失望した阪神ファン自身も自虐として「地獄」を使うようになり、
集合スレタイも「阪神ファン」ではなく「地獄」と書かれることが増えている。また、阪神ファンが自虐的に「ちな獄」と名乗ることも増えている。

なお、最下位確定の翌日には、10月9日の日刊スポーツ大阪版の一面で敗れれば地獄と偶然にも地獄が使われた。

この年の天国(西武)と地獄(阪神) Edit

西武は野手能力が非常に高く、多少の失点ならすぐに野手が取り戻していた。そのためバッテリーも思い切った攻めが可能になり、シーズン後半は投手成績も向上する好循環が生まれ、10年ぶりのリーグ優勝を果たした。

一方の阪神は、オープン戦から最下位を爆走した。
シーズン中も指標守備指標共に12球団中最下位レベル。投手も藤浪晋太郎以外がムエンゴに苦しみ、9月以降は故障者が続出し悪循環からも抜け出せず、Aクラス射程圏内という希望も消え最下位という結果でシーズンを終えた*2
怒りの収まらないファンは親会社の阪急阪神HDにまで抗議を浴びせかけ、結果金本知憲監督は3年契約の1年目で実質的解任、更に坂井信也オーナーも実質的に解任されることになった*3


国際試合での地獄 Edit

2018年秋の国際試合、ベンチ入りメンバーが28人から29人に変更されたことにより岩貞祐太が追加選出、阪神で唯一メンバー入りを果たした。
しかし11月7日の日本代表の壮行試合(台湾戦)では1回5被安打5失点大炎上打線も9回裏だけで5点を返したが結局追いつけず5-6で敗戦。
加えて台湾側で最後に登板し前の投手の残したランナーを返した投手がこれまた元阪神の鄭凱文(ジェン・カイウン)であったこともあり、なんJでは【地獄】スレが乱立し、

  • ここは地獄ですか...?
  • 地獄からの使者 岩貞、日本代表を地獄に引きずり込む
  • 阪神の紅白戦
  • 侍ジャパンの試合内容が阪神

など大荒れ。阪神自体が戦犯扱いされ、挙げ句には金本が悪い/矢野が悪いと言われるなど侍ジャパンと無関係な人物にも飛び火した。
なお対MLBオールスター戦では2試合を無失点で抑えている。


阪神選手の反応 Edit

2019年1月30日放送の「戦え!スポーツ内閣」で、能見篤史新加入の西勇輝に「いばらの道に来たな。オリックスの選手たちは楽しくやっているという感じを受ける。阪神ではそれは無理」と発言。横浜からオリックスを経て入獄した桑原謙太朗も「オリックスにいたときは(野球が)楽しかった」と発言するなど横浜ベイスターズ末期との類似性を指摘する声もある。


余談 Edit

2018年シーズンのチームUZRは、12球団中トップが西武の+68.5、最下位が阪神の-71.2。同年11位のDeNA(-40.0)の約1.8倍、2017年阪神(-56.9)の約1.25倍という驚異的な指標を叩き出している。
また、真の地獄を味わっているのは西武時代は謎の勝ち運投手扱いされながら、阪神移籍後はチームも自身も勝ちに恵まれない岡本洋介ではないかと見る向きもある。
2018年オフに西武・浅村がFA権を行使、楽天へ移籍した際に同僚の山川穂高が「ライオンズで10年やったし、仕方ない」「おめでとうございます」*4と、まるで西武から出所したような発言をしたことから、「阪神が地獄ならウチは監獄」と自虐する西武ファンも一部いた。
2018年1月、星野仙一が死去。2018年シーズンはかつて星野が率いたチーム*5の成績が低迷*6したことから、星野が率いたチームが地獄に落ちたという声もあった。

派生形 Edit

2019年、広島がスタートダッシュに失敗し「赤ヘル打線」を捩って「赤HELL」という蔑称が生まれ、本来阪神だけのものであったはずの地獄専スレに広島ファンも入るようになり「【地獄】阪神広島【赤HELL】」スレが作られるようになり「阪神=地獄」は定着した模様。またオリックス・バファローズいろんなことがあり「檻ックス」と呼ばれオリックスから出ることを「脱獄」ということもある。

2019年は失策責任追及打線かつ四球責任追及打線な打線好調時に「地獄打線」と呼ばれるなどいい意味でも使われたりする。

関連項目 Edit



Tag: 阪神 西武 広島 オリックス 球場






*1 ソース1ソース2
*2 ただし9月以降は広島・ヤクルト以外の4球団が激しい順位争いを繰り広げたためか、3位巨人とは6.5ゲーム差の借金17(62勝79敗2分の勝率.440)であり、5位だった2012年の借金20よりは少ない。
*3 金本についてはファンから散々叩かれたものの、自然災害による日程変更多発の不運(故障禍も9月以降に振替日程が多く入ったことも影響している)、金本が連れてきたとはいえ右打ち教によって一部選手がYouTubeに頼らざるを得ないほど打撃不調になる等、監督1人だけの責任ではなかったこと、またネタにこそされても選手時代の功労により基本的にはリスペクトされているため、教祖については名誉外様認定されても金本は教祖とは別枠レベルの絶許と言う意味合いを含む場合があるが名誉外様扱いされない傾向が強い。
*4 https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201811220000093_m.html?mode=all
*5 中日・阪神・楽天
*6 阪神と楽天は最下位、中日は5位