Top > 選手冥利に尽きます


選手冥利に尽きます

Last-modified: 2019-09-27 (金) 08:47:57

長野久義が巨人から広島への移籍時に発したコメント。

概要 Edit

2018年オフ、読売ジャイアンツはFAの目玉であった丸佳浩を広島から獲得し、翌年1月7日には人的補償として長野が選ばれた。これには

などの理由から、野球ファンに大きな衝撃が走った。
そして同日、長野はコメントを発表。引退覚悟の拒否も考えられたが実際の内容は

3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。 9年間応援してくださった ジャイアンツ ファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることが出来ました。ありがとうございました。

というのあるもので、ぐう聖ぶりを評価する声が見られた。
それと同時に、若返りを理由に生え抜き功労者を2名同時に失った一方で、ポジションこそ違えど岩隈久志(37)や中島宏之(36)を獲得し、伸びしろのある辻東倫や中井大介に戦力外を突きつけた辰徳監督及び球団フロントへの批判が続出した。

つば九郎も絶賛 Edit

長野のコメントを受け、つば九郎がブログを更新した。
「おとももちの、ちょうちゃんへ。」という文言から始まるそのブログは以下のような内容。

あかへるひさよし。これからも、おたがいがんばろうZ!
かーぷには、おとももち*2がおおいので、またみんなで、しあいまえもりあがりましょう。
『せんしゅみょうりにつきる』
いいことばだすよな~、にくい、かっけ~、こんどぱとろーるのとき、いじりますよ~でへへ。
まるちゃんぬけて、ちょうちゃんかにゅう、けっかてごわいちーむにはかわらない。。。
3れんぱのちーむ、はげしいぽじしょんあらそいのがいや。そこで、れぎゅらーあらそいするすがた、たのしみにしてますよ~!
みんなえみふる。

余談 Edit

長野の移籍時、広島の1桁背番号は5と9*3が空いていたが、「緒方孝市監督が現役時代につけていた9は、野間が一人前になったときにつければいい」という理由で5を選択。改めてぐう聖ぶりを発揮し、野間からは感謝の言葉が述べられた。
さらに、広島ホームテレビで5月27日に放送された「鯉のはなシアター」では、妻の下平さやか(テレビ朝日アナウンサー)が「巨人と同じ7番だといいね」と言った際に「7番はもうつけて頑張っている人がいるから、そういうことは言ってはいけない」「そうやって人から取ったり、悲しい思いをさせてはいけない」と返答されたことを告白した。

関連項目 Edit






*1 この経緯から阪神はともかくロッテと日本ハムファンからは今だに絶許扱いされている。
*2 過去には、鈴木誠也や赤松真人が「おとももち」としてブログで紹介されている。
*3 丸がFA時に付けていた背番号