さいてょ

Last-modified: 2020-11-29 (日) 21:01:54

北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹のこと。
なんJでは省略形の「てょ」とも呼ばれている。


概要

2011年3月21日、日本ハム対阪神タイガースのオープン戦にて観客席に座っている女性が「SAITHO」と書かれた応援ボードを持っている姿がテレビに映り込んだ。
「SAITOH」の誤記と思われるが、そのままパソコンのローマ字入力で打ち込むと「さいてょ*1」となることから名付けられ、その力感のなさと本人の言動の揶揄からなんJで定着した。

 

ちなみに、斎藤の本来のローマ字表記は、訓令式でもヘボン式でもSAITOであり、そもそもHを入れるのは誤りである。しかし、かつて王貞治がユニフォームの背ネーム表記が「O」だけではダサいから2文字にしてほしいとの要望で「OH」と表記したことをきっかけに、野球選手の間では末尾の長音としてHを付けるローマ字表記が普及しており、斎藤もこれを使っていた*2

なお、2018年に早実高の後輩である清宮幸太郎が日本ハムに入団したが「斎藤が会長を務める『早稲田会』へ勧誘した」の記事があり、これを捩って「かいてょ」とも揶揄された。

画像

saitho_fan.jpg


関連項目


*1 なお、「THO」は「てょ」というローマ字入力をパソコンで簡単に行うために便宜的に当て嵌められた文字であり、文字としての発音は「てょ」とは無関係である。
*2 最近では、野球選手を真似てHを入れる表記が一般にも普及し、申請すればパスポートの表記などにHを追加することも可能とするなどの法改正がなされた。