Top > Vittorio Veneto


Vittorio Veneto

Last-modified: 2019-11-02 (土) 13:30:15

1940年 イタリア 戦艦 ヴィットリオ・ヴェネト級 Edit

A68F3A09-419B-43F5-A71D-90A134DE11A9.jpeg
イタリアツリーの高ランク戦艦。
航続距離が駆逐艦並みに短い代わりに優れた攻防力を誇り、フランスのリシュリューやドイツのビスマルクと並ぶ欧州最強クラスの新鋭戦艦だったが、イタリア海軍の燃料事情と艦隊保全主義もあり、大戦中に真価を発揮する機会に恵まれることはなかった。
リモデリングの結果、何だかやたらと美麗かつ細かいグラフィックとなった

他画像

基本性能 Edit

※数値は全て初期値

年代1940国家イタリア
艦種戦艦対潜×
耐久値36344(32450)戦闘成績(BR)465
基準排水量(t)41376最大排水量(t)45963
最大速力(kt/h)28.9(26.0)最大舵角39.6(35.0)
可視距離(km)14.2(13.0)絶対視認距離(km)-
アンロック費-S購入費用115000S
3750G

装甲防御 Edit

※単位はインチ(in)表示

防御区画前部中部後部装甲重量(t/0.1in)
甲板部6.46.46.430
舷側部14.014.014.030

搭載武装 Edit

主砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
1934年型 50口径381ミリ アンサルド社製 三連装砲150042.040227990
副砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
1936年型 55口径152ミリ OTO社製 三連速射砲60026.02020260
1936年型 50口径120ミリ OTO社製 連装砲47018.25.53550
1937年型 45口径135ミリ OTO社製 単装砲50019.648350
1939年型 50口径90ミリ OTO社製 単装砲35020.053150
1939年型 40口径65ミリ アンサルド・テルニ社製 単装砲35010.83.53160

※1 三連装副砲は第1~第4副砲スロットにのみ装備可能。また、『』が表示してある副砲は、第5副砲スロット以降にのみ装備可能。

艦載機 Edit

機種名称攻/防航続時間
(sec.)
巡航速度
(km/h)
機体重量
(t)
格納庫容量装備火力装備重量
(kg)
艦戦Re.2000-C125/3658905302110---
水偵IMAM Ro.4325/25015203021100220lb 爆弾600100

※最大搭載数3機、パイロット数3名。

部品改修 Edit

改修段階火力索敵速度装甲
照準システム新型望遠レンズ方向舵側面装甲帯
砲塔旋回装置電波探信儀ビルジキール排水ポンプ
主砲装填装置精密探信儀変速機高品質装甲
新式徹甲榴弾×舵輪船体強化
強化弾頭×ボイラーダメージコントロールシステム

※スキルは『ダメージコントロールシステム』。開発でアンロックされる。

立ち回り Edit

高速タイプの戦艦としてはかなり重装甲にできるが、後述する主砲の欠点を考えると同格・格上との真っ向勝負はあまり推奨できない。
基本的には先ず可視距離の長さと優速を活かした遠距離砲戦で敵戦艦に一方的な打撃を加え、その後に接近・撃破を狙う戦い方を心掛けよう。同じ欧州艦でもリシュリュービスマルクのように最初から突撃ないしは接近戦に持ち込む戦法を取ると、装甲を積み増ししていても呆気なく沈められてしまうことも多い。
巡洋戦艦ほどではないにせよ自慢の快速を活かした巡洋艦狩りや空母追撃などもこなせる器用さがあるため、敵戦艦を引きつけた後に転舵・逃走し味方の援護に戻るといったトリッキーな動きも可能。
戦況把握を怠らず、どう動くのが適切か考えよう。

主砲 Edit

かなり癖が強い。
ダメージ・貫通力・集弾率が高いレベルで纏まっており、近距離では15インチ級主砲としては最強クラスの砲性能を誇る。しかしその代償に装填速度はコロラド級と並んで40秒と非常に遅くこれでも史実より若干速めなのだが、また遠距離砲撃を行うと集弾率に疑問を感じるレベルで弾が前後左右にバラけてしまう。
他の戦艦以上に砲撃を外した際の隙が大きくなるため、射撃機会は逃さず、撃つ際は必中を心掛けるようにしよう。

副砲 Edit

そこそこのダメージを出せる三連装6インチ砲を片舷二基ずつ装備可能。駆逐艦などへの対処は基本的にこの砲で行うことになるが、装填時間は長めであり、精度もそこまで高いわけではない。
3.5インチ単装砲も片舷六基ずつ装備しているが、こちらのダメージ量はあまり高くないため、放火用と割り切った方が良い。
2017年12月のアップデートによってアクィラザラオリアーニの三隻のイタリア艦が追加され、それに伴って小口径砲の選択肢が増えた。
これにより副砲塔・高角砲塔に同一種の砲を装備することが可能となり、命中精度及び連射性を飛躍的に高くすることができるようになった。

おすすめ砲

史実装備に拘らないのなら副砲スロット全てに装備可能な口径の砲に統一することをお勧めする。

航空兵装 Edit

7AB00528-1B03-4840-88D2-D2D77BF4E12C.jpeg
Ro.43
012CF883-ED3C-4A34-A993-71F58EA71C9B.jpeg
Re.2000-C

水偵Ro.43、もしくは陸上戦闘機Re.2000-Cを搭載可能。最大搭載機数は3機。
Ro.43は複葉機のため鈍足だが機動性に優れており、さらに視界も非常に広いのが特徴。(実は零式観測機を巴戦で撃墜できるが、火力が皆無に等しいため時間はかかる)

Re.2000-Cは純粋な戦闘機であり、空戦能力は高いが観測射撃はできない。また、陸上機なので発艦させた後は回収不能である。敵水偵の迎撃に使うのが良いだろう。

いずれにせよ1機ずつしか上げられないので、対空砲火や敵航空機の攻撃には注意しよう。

対空 Edit

単装機銃片舷二挺ずつという悲惨な対空装備も今は昔。
リモデリングが成された結果、艦体全体に亘って対空機銃設備が追加され、史実同様の武装を手に入れた。
また、副砲が全て手動対空砲火に適合しているので相応の弾幕を張ることが出来る。
とは言え、航空機を投弾前に薙ぎ倒せるほど優秀なわけでもないので、狙われていると感じたらすぐさま味方のエアカバーの下に戻るべきである。

装甲 Edit

デフォルト状態では甲板6.2インチ、側面14インチとそこそこの厚みを持つ。比較的装甲が軽めであり、排水量目一杯まで張るとかなり硬くできる。
ただしこの状態では自慢の快速は失われてしまう上、航空機に狙われた場合に著しく回避が困難になることは承知しておこう。

機動性 Edit

全くの未改装状態でも26ノットは出すことができ、ボイラー搭載まで漕ぎ着けると28ノット強を発揮可能。
また、舵の効きが速い上に旋回性能も戦艦としては比較的良い部類であり、中~遠距離雷撃を避けるのは然程の難事ではない。舵を切った際の速度低下も比較的抑えられている。
弾薬を減らし装甲を多少削れば30ノットの大台に載せることもできるので、高速戦艦運用の実用性はかなり高い。
また、加速力も優れているため低速・停止時に敵艦から雷撃されても回避することが可能な場面が多い。

総評 Edit

元来が高速であるため狙いにくく、加えて水準以上の防御力と高体力を併せ持っているため、一発や二発の被弾ではさして戦闘力に影響は出ない。同航戦からの丁字戦法にも持ち込みやすく、優位を確保すれば装填速度の遅さもある程度カバーすることができる。
また得意な近距離戦では大和モンタナなどの格上艦すら真っ向勝負で中大破に追い込めるだけのポテンシャルはあり、イタリア海軍最強戦艦の名に恥じぬ強さを見せてくれる優秀艦である。
前述したように主砲の癖がとても強いものの、それ以外は全体的に高レベルかつ素直な性能で纏まっているため、乗りこなせれば高い戦果を約束してくれるだろう。


歴史背景 Edit

1115319E-5E35-4F0C-BCF1-900235FCD456.jpeg
写真は戦艦ローマ

ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦は1936年から1943年ごろにかけて建造されたイタリア海軍当時の最新鋭の高速戦艦である。
ドイツ海軍のビスマルク級とフランス海軍のダンケルク級と同時期に設計・建造されている。
また、本級の登場によってフランス海軍がリシュリュー級戦艦を建造するきっかけにもなった。

高初速のOTO社製50口径381ミリ三連装砲を三基装備しており、その威力は列強の16インチ級艦砲に引けを取らなかったと言われている。
また、三番砲塔は艦尾の航空甲板にある航空機を砲撃の際に発生する爆風や衝撃波から守るためにやや高めに配置している。
舷側装甲には中空の円筒型構造物を配置する、いわゆるプリエーゼ方式を採用していたのが特徴であり、その美しい艦形とともにイタリア海軍の象徴として地中海に君臨した。
装甲は280ミリの装甲板に76ミリの装甲板を貼り合わせた複合装甲のような構造になっており、これによって数値上は350ミリほどの装甲を持ったことになる。
本艦の航続距離は戦艦としてもかなり短い4000海里ほどである。しかし、それは地中海の中での行動に運用目的を絞り込んだ上での設計であったためである。そのため、第二次世界大戦終結後にイタリア共和国が設立され海軍が復活した際、その足の短さのために旧式の弩級戦艦よりも早く退役している。
同型艦は4隻。うち3隻が竣工、1隻のみ進水した段階で建造中止になっている。
竣工
・ヴィットリオ・ヴェネト
・リットリオ(連合国軍に降伏後イタリアに改名)
・ローマ
未成
・インペロ


コメント Edit

コメントはありません。 コメント/Vittorio Veneto?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White