【カジキマグロ】

Last-modified: 2020-04-30 (木) 08:37:54

概要

長い鼻先が特徴的な大型の【魚】
マグロとはいうが同じスズキ目の海水魚という点以外共通点はない。
 
鼻先はアゴが伸びたものでかなり硬く、木や薄い鉄板の船底に刺されば余裕で穴が開く。
というわけで梶(舵取りに使う板や和船の底板などを指す)を刺し貫く魚だから梶木通し→カジキというのが由来とされる。
そんな代物なので、ヘミングウェイの小説「老人と海」では銛などの武器にもなっている。カジキマグロ自体も普段はエサ取りに使っており、これを振り回して気絶した小魚やイカなどを食べているらしい。
 
流線形のボディに飛行機の翼のような胸びれ、力強い尾びれ、冷温でも熱を維持する機構を持っていて筋肉のスピードをある程度保てるのでとにかく高速で泳ぐことに特化したフォルムを持ち、中でも時速100km/h以上出したバショウカジキは海中最速の生物として知られている。
一方この記録を疑問視する説もあり、実際がどうだったのかは論争が続いているようだ。
どちらにせよ50~60㎞程度≒車並みのスピードは出せるため泳ぎが速いのは本当だが……。

DQ10

海で釣れる大型の魚。掛かっても飛び跳ねて遠くに逃げようとする。
詳しくは【カジキ】を参照。
また、かさ(手持ち装備)として「ぴちぴちカジキ」というアイテムも存在する。

DQB2

有料DLC「水族館パック」で追加される魚。
【オッカムル島】【ムーンブルク島】の深海か、【ザブザブ島】【海水】?から釣れる超大型の魚。
魚影の時点でこれと分かりやすいため、狙って釣るのは難しくない。
 
食材としてはかなり優秀な部類であり、通常サイズの時点で【極上海鮮鍋】以外の高級魚料理がだいたい作れる高級さを持つ上、固有料理の【カジキステーキ】は、「水中で動きやすくなる」効果を持つ料理の中では最も効果時間が長い有用な料理。
水中でビルドしたいプレイヤーならば何匹も乱獲しておく価値はあると言える。