Top > 【サタンパピー】


【サタンパピー】

Last-modified: 2019-04-26 (金) 21:19:50




概要 Edit

DQ3などに登場するモンスターで、短剣とムチを持った紫の悪魔。
同種属に【バルログ】がいる。
【モンスターレベル】ではバルログの方が高いものの、ステータス的にはサタンパピーが全て上回っているので、体感的にはサタンパピーが上位種のように思える。
satan(悪魔)+puppy(子犬)、つまり【ミニデーモン】【レッサーデーモン】のような、小悪魔や下級悪魔だと思っておけばいい。
もしくは【ベビーサタン】のパパ(こちらのつづりはpappy)という意味なのかも知れない。
FC版DQ3ではこの系統のモンスタードットは腹のあたりで卑猥な物が連想される絶妙な描かれ方をしているが、そこに触れてはいけない。
実際、FC版3の説明書には僧侶の呪文(【バシルーラ】にも見えるが)のイラストにこの系統と思しきモンスターが描かれているが、腹直筋と見なすにはさすがに不自然であり、どう見てもリアルなおテント様である。全身タイツを着ているのだろうか?

DQ3 Edit

【マイラ】周辺などに出現する。
パピーのくせに時々2回行動し、【メラゾーマ】を連射する上にHPが減るとベホマラーを唱えるという実力者。
メラゾーマのダメージは非常に痛く無耐性で直撃を喰らうと120前後ものダメージを受ける。
これは攻撃力に換算すると240にもなり凶悪なトラップモンスターで有名な【ひとくいばこ】すら上回る。
虚弱体質の僧侶や魔法使いに当たると危険なので高確率で効く【マホトーン】で黙らせよう。
普通に出くわすと結構強いが、なぜか呪文が封印されている【ラダトーム北の洞窟】でも出現する。
かき消されてもかき消されてもメラゾーマを唱え続けるその姿は涙を誘う。
耐久力はそれほどないので、とにかく先手を打って叩こう。但し、【バシルーラ】が雑魚敵の中では珍しく完全無効。素早さは並程度。
落とすアイテムは【ゆうわくのけん】。女性専用のコレをなぜ…。確率が極めて低いレアドロップであるため実際に見たことがあるプレイヤーの方が稀であろう。
 
FC版の【格闘場】では、瞬間火力だけで言えば最強の部類に入り、単体攻撃呪文では超強力なメラゾーマを2連発すれば【だいまじん】でさえ1ターンで沈めることがあり侮れない。
ただしHPが低めなこと、無駄行動どころか対戦相手を回復させてしまうサービス行動のベホマラーを唱えてしまうことがあることなどを考えると今ひとつ安定しない。
「本気を出せば強い」というのは、同じく “小悪魔” のベビーサタンに通じるものがあるといえる。
 
GBC版の【モンスターメダル】は何故かこの種のものだけ1ドット右にズレている。
(下に1ドットズレているのは何種かで見られる)

テリワン3D Edit

久しぶりに登場。悪魔系のDランク。待機時のモーションは空を飛びつつムチを振り回している。
【スタンダードボディ】【れんぞく】メラブレイクを持ち、+25でいきなりテンション、+50で【呪文会心出やすい】が付く。
おおぞらの扉で通常エンカウントするほか、【リリパット】×【デビルアーマー】の配合で入手できる。

イルルカ Edit

引き続き登場。
豆知識によると、魔王の血を引く魔物で、生まれながらのサディストのようだ。
【新生配合】【アンチみかわしアップ】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【メラ系のコツ】を習得。
 
ストーリーでは、オープニングで2匹が【カプリゴン】と一緒に【聖竜ミラクレア】を追い回している。
裏シナリオでは【宿り木の塔】頂上で戦闘になる。
使ってくる呪文は【メラゾーマ】【ベホマラー】。DQ3の頃と同じである。
この時限定で【回復のコツ】【全ガードブレイク】を持つ。

ダイの大冒険 Edit

【ザボエラ】率いる妖魔士団最上級の配下としてバルログと共に複数体登場したが、しょせんはザコらしく、【クロコダイン】【ヒム】にあっさり倒されている。
一応、ザボエラの【マホプラウス】の補助のためにメラゾーマを一斉に放つという活躍は見せた。