Top > 【ククリ】


【ククリ】

Last-modified: 2019-07-15 (月) 01:40:41




概要 Edit

DQ9やDQMシリーズ(後述)に登場するキャラクターあるいはモンスター。
 

DQ9 Edit

グビアナ城下町のダンスホールで踊り子をしている女性。
ファルコという常連客の男に惚れられており、彼から、彼女の気を引く手伝い(クエスト)を持ちかけられる。

DQMJ2P Edit

ピピット族の女の子。
ヒヨコのような姿をしており、ピンクの羽毛に花の飾りを付けている。
 
【長老ピピット】の下で、ライバルの【ティコ】との間で後継者争いをしている。
【少年レオソード】を連れてきて当初は鼻高々であり、人間(主人公)を連れてきたティコをバカにしていたが、
その少年レオソードがあっさりヒヒュルデの前に屈するとさっさと逃げ出す。
この勝負はティコの勝利となるのだが、結局彼女は長老になることを辞退している。
ククリはというと、逃げ出して来た事を長老に咎められ、ティコの代わりに長老になるのは言語道断だと言われる。
 
なお、ライバルのティコはモンスター(種族名:ピピット)として仲間にできるが、本作におけるククリはモンスターではなく、登場人物扱い。ククリを仲間にできるのは次作(テリワン3D)からである。

テリワン3D Edit

モンスターとして登場している。
???系のCランクに属する。入手方法は金のタマゴから生まれてくるのみ。
???系はタマゴから生まれること自体が珍しいので、仲間にするには根気が必要となる。
 
【スモールボディ】【自動HP回復】【わるぐち】を特性に持ち、
+25で【つねにアタックカンタ】、+50で【いきなりインテ】が加わる。
J2Pではティコや主人公を馬鹿にしていただけに、わるぐちを持つのは納得である。
所持スキルは【ピピット】
なお、ピピットのスキルはククリやティコ、長老ピピットらの種族特有スキルなため結構珍しい。
比較的使い勝手の良い【てんいむほう斬】を覚えることができる。
 
また、ティコ、【ピンクモーモン】【マポレーナ】との4体配合で【キングモーモン】が、
【かみさま】【グランスライム】との配合で長老ピピットが、
【ガルーダ】との配合で【にじくじゃく】が誕生する。
もっぱらキングモーモンの素材として使われる事になるだろう。

イルルカ Edit

今作でもタマゴでの入手になるが、銀のタマゴでも生まれるようになった。
特性は+50で加わるのがいきなりインテからバギブレイクに変更され、新生配合ではツッコミが追加される。
メガボディ化すると超こうどうはやいが、ギガボディ化するとしっぺがえしが付く。
スモールボディからメガボディにすればステータスが大きく伸び、超こうどうはやいを駆使して暴れまわる……と思いきやサイズが変わっても1ラウンドに1回しか行動できないデメリットがあるため、サイズ変更での運用はあまり効果的でない。
スモールボディの中では高いMPを持つため、獣王げきれつしょうのような消費MPの大きい特技も問題なく使える。

DQMJ3P Edit

ティコと同じく、神獣を探すためにピピッ島からやって来る。今回も少年レオソードと一緒。
神獣探しに奔走するティコと違いどうも要領が悪く、大した役には立てずライバル意識を募らせるだけであった。
しかし、本作のライブラリには「ティコは永遠のライバルで大切な友だち」と書かれている。ツンデレか。
 
裏シナリオクリア後の格闘場3日目に「ゆるふわコンビ」と称してティコと組んで登場。それ以外には長老と少年レオソードも連れている。
ゆるふわなのは見た目だけで、やけつく踊りなど状態異常技をガンガン飛ばしてくる厄介な相手である。
 
配合では作れない配信限定モンスターである。【魔戦士ルギウス】と同時期に配信されたが、こちらは秋葉原の一店舗のみ。
すれちがいで配っている人もいるので粘ってみよう。乱入時には【デスパロット】をお供に2匹連れている。
また、現在では自宅Wi-Fiで配信されるようになったため、キャンペーンで入手し損なった人はそちらで手に入れるのも手。