Top > 【ティコ】


【ティコ】

Last-modified: 2019-05-30 (木) 09:35:07

概要 Edit

DQMJ2P以降のモンスターズシリーズに登場するキャラクター兼モンスター。
DQMJ2Pではキャラクターとして登場し、テリワン3D、イルルカではモンスターとして登場している。
ピピット族の女の子。ヒヨコのような可愛らしい姿をしており、黄色い羽毛をしている。

DQMJ2P Edit

雪山の入り口にある台座に各種プレートを全てはめ込み、ピピッ島に行けるようになると初めて会う事になる。
巨大モンスターを倒す事でのみ入手できるプレートを全て集めた主人公が人間であるのを見て最初は戸惑っていたが、結局「ピピッ島の危機を救う戦士」としてスカウトすることに。
それは【長老ピピット】の下で、【ククリ】との間で後継者争いをしている事によるものである。
内容は「ピピッ島の危機を救う戦士を何処からかスカウトし、
見事【邪獣ヒヒュルデ】を倒した者を連れて来た方を次期長老にする」というもの。
最終的にこの勝負はティコの勝利となるのだが、結局彼女は長老になる事を辞退している。
【ヒヒュドラード】撃破後に話し掛けると、
今度は主人公が彼女をスカウトするという形で仲間になる(別に戦闘する訳ではない)。
なお、こちらでは【ピピット】という種族名で仲間になるが、性別は何故か両性(雌雄同体)。
また、最初は花飾りを付けていたが仲間になると付けていない。

テリワン3D Edit

???系のCランクに属する。性別は基本♀固定に。
【引越しアプリ】を使ってDQMJ2Pからピピットを連れてくるとティコになる他、
金のタマゴから生まれさせることで仲間にすることができる。
???系はタマゴから生まれること自体が珍しいので、タマゴから仲間にするには根気が必要となる。
 
【スモールボディ】【自動MP回復】【ラブリー】を特性に持ち、
+25で【つねにアタックカンタ】、+50で【いきなりインテ】が加わる。
所持スキルは【ピピット】
なお、ピピットのスキルはククリやティコ、長老ピピットらの種族特有スキルなため結構珍しい。
比較的使い勝手の良い【てんいむほう斬】を覚えることができる。
ただ、攻撃力がなんとワイトキングすらも下回る100と最低の値なので、スキルは他に回した方がよさそう。
また、ククリ、【ピンクモーモン】【マポレーナ】との4体配合で【キングモーモン】が、
【神さま】【グランスライム】との配合で長老ピピットが、
【ガルーダ】との配合で【にじくじゃく】が誕生する。

イルルカ Edit

銀の【夢見るタマゴ】から生まれることがある。
相方のククリは星降りのほこらのタマゴ孵化で入手できるが、こちらは通信必須なのでやたら面倒。
【スペクテット】と同様にライブラリ完成の難関になるだろう。
すれちがいPTで配信している人とすれちがえれば、スカウトもできるし楽なのだが…。
前作を持っているならそちらで孵化を繰り返して【引越しアプリ】で連れてきた方が早いかもしれない。
前々作も持っているなら、そちらで【ピピット】を入手すれば孵化しなくとも楽に持ってこれる。
 
【新生配合】【バギブレイク】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【みかわしアップ】を習得。

DQMJ3P Edit

本作の追加シナリオで再び活躍。初登場は故郷に帰ろうとした【アロマ】の宇宙船と激突して大破させるというもの。見かけによらず石頭なのだろうか?
神獣界から神獣たちが消えてしまったため、原因を探ろうとして【ブレイクワールド】に迷い込んできたらしい。
ヒスイ色のツノ(=神獣の宝具)を偶然持ち合わせていた主人公を神獣界に案内し、神獣たちの復活のために奮闘することになる。
イベント中、神獣の姿に戻ったノチョーラ達の代わりに店番役として過去作の皆様方を連れてきてくれる。
異世界から呼んできたと言うが、今作の話は「同じ世界」の「数百年後」の「別の星」の話なのだから異世界というより異時間と呼ぶ方が正しい気がするが…
クリア後は神獣の里におり、【神獣石】を渡すことで9種類の神獣を呼び出してくれる。
また、イベントバトルの3日目にもククリ、長老ピピット、少年レオソードと共に登場。
 
配信限定モンスターで、セブンスポットで期間限定で先行配信されていたが、2017年5月1日より自宅Wi-Fiで受け取れるようになった。
この時は【シャイニングブレス】【星降りのサンバ】【れんごく火炎】【トルネード】【バギムーチョ】【破魔の舞】等の特技を容赦なくぶっぱなしてくる上、お供の【ピッキー】はこちらの能力を低下させて邪魔をしてくる。
すれちがいでも傍らにピッキーを連れてやって来る。黄色い鳥繋がり?
ククリと配合することで長老ピピットを生み出せる。
ちなみに公式イラストが単なるククリの色違いになっている。