Top > 【ルキヤ】


【ルキヤ】

Last-modified: 2019-07-01 (月) 23:42:00

DQMJ3 Edit

ジョーカー3の登場人物。名前だけ聞けば男性キャラのようだが女性であり、車椅子のような移動装置に乗った小柄な老婆。正体が判明する前は「世話好きな老婆」と呼ばれる。
レジスタンスのリーダーであり、ポーラパークの長たちとも親交が深い。
ただマ素を浄化するだけではなく、凍骨の氷原を緑あふれる地に変えるため【世界樹】を育てる研究もしていた。
非常に用意周到な人物であり、本編の多くの場所で彼女の功績を見ることができる。
また、アーザムークの勘違いをもすでに予測していたようだ。
 
彼女本人に会えるのは【黒鉄の監獄塔】。ここにはマ素を利用して魔物をブレイク化する装置があるため、その破壊のために潜入していたのだ。
生け贄に選ばれた【スパイクヘッド】の少年の身代わりとなって【ニードルマン】の着ぐるみを着て忍び込んでいたらしい。
ブレイク化装置を破壊しようとするも【拷問王イッタブル】【ダークマスター】の妨害にあい、装置を道連れに車椅子のような移動装置を爆破させて命を落としてしまう。
主人公を逃がす際にマスターキーのプログラムの入ったリアクターを手渡してくれる。
世話になったお婆さんから死亡する前に鍵を貰う、と何となくDQ8の【メディ】ばあさん絡みのイベントに似ている。
 
ラスボス撃破後に明らかになるが、実は彼女もまた主人公と同じくエイリアス(要はクローン人間)であった。
ルキヤ本人は故郷の星でブレイクワールド移住計画を進めている途中で事故で死んでしまったが、助手であった【アロマ】が彼女の身体を引き継いでいたのだ。
なお、アロマ本人の身体は【ポイントゼロ】の装置で眠っている。