アイテム/【竜のウロコ】

Last-modified: 2021-12-05 (日) 13:25:02

FF8

相性アイテムとして登場。
使用するとG.F.ケルベロスとの相性を3上げることが可能。
また、ダブル精製可能(1個につき20個)な他、
ゼルの武器『マーベリック』に武器改造するための材料にもなる。


主な入手方法はLvを問わずグレンデルからの高・中確率枠ドロップ、ぶんどる、カード変化。
またLv20以上のSAM08Gが高確率でドロップする(Lv19以下でもドロップするが、低確率)。
ダブルをトリプルレベルアップさせる場合はまとまった数必要になるが、この場合はグレンデルをカード化しながらぶんどるのが効率がいいか。


売値は25ギル。

FF10

表記は「龍のウロコ」。
使う」用の攻撃アイテムで、単体に1000前後の水属性固定値乱数ダメージを与える。
また、改造で防具に「水無効」「ピンチにバウォタ」のアビリティを付けたり、召喚獣に「ウォタラ」を習得させる際にも使用する。

FF10-2

表記は「龍のウロコ」。
前作と同じく攻撃系の消費アイテム。水属性のダメージを与える。

FF11

表記は「龍の鱗」。
ドラゴン族ウィルム族がドロップする骨材の一つ。
ドラゴンメイルの合成素材程度しか用途が無いため、店売り価格同然の捨て値で取引されるサーバーがほとんどのようである。


詳細はこちら→龍の鱗

FF12

ヴィラールを倒して手に入れたうろこ。
ドラゴン研究家の間では高値で取り引き
されている。

表記は「竜のうろこ」。
Aランクモブヴィラールの鱗。倒すと手に入る。


セロビ台地に、長年ヴィラールを追い続けてきた竜の研究家がいるので
このアイテムを所持した状態で話しかけると、譲ってくれないかと頼まれる。
譲ると、礼として「究極の竜を封じ込めたといわれる扉のカギ」をくれる。

  • いくら長年追い続けてきたとはいえ、「究極の竜」の方が学術的とかでも
    比べ物にならない程の価値があるのではないんだろうか…

FF15

竜のものと噂される、美しいウロコ。売ればそれなりの価値がある。
魔法の精製に使った場合は、精製した魔法が「3連○○」という名称になり、最大で3回連続発動するようになる。

FFCC(リマスター版)

リマスター版で追加された素材アイテム。表記は「りゅうのうろこ」。
しゅごのよろい」「しゅごのぼう」の作製に必要。
蒼の洞窟で手に入る。