Top > アクセサリ > 【ヤヌスの眼鏡】


アクセサリ/【ヤヌスの眼鏡】

Last-modified: 2019-05-18 (土) 16:52:39




FF零式 Edit

クイーン専用のアクセサリ。
発火凍結感電を防御する上、作戦中に死亡すると特別な効果を発揮する。


2周目以降の【レコンキスタ作戦】前の自由時間に、裏庭にいるクイーンに話しかける事で入手できる。
このタイミングでしか入手できないが、取り損ねても周回してこの時間にくれば入手可能なので心配無用。
やっかいな状態異常3つに耐性が付くのは便利だが、このアクセサリの本質はそこではない。
ヤヌスの眼鏡を装備した状態で致命傷を負うと、本来なら死亡するはずの所をHP1で耐えた上全回復する効果を発揮する。
そしてここからクイーンの羅刹モードが開幕する。
この状態になるとアビリティ覧が自動的にデバステートに変化する。
AGゲージが常時回復するようになる上無敵状態になり、怒涛の攻撃が可能。
しかし通常攻撃とデバステート以外の攻撃は不可となる上、ファントマ吸収もできなくなり
一定時間を過ぎると常時キルサイト状態になってしまうデメリットがある。

  • 通常攻撃も普段の突きのようなものではなく、剣を逆手にもって回転しながら連続攻撃した後、軽く跳んで突き立てるといったようになる。
  • このキルサイト状態はエイトの背水の陣と違ってキルサイト無効のアクセサリなどで防止できない。ちょっと残念。
    • この状態ではアビリティゲージが常時回復するなど、特権が優れている。
      魔法や通常アビリティが使用できず、ファントマ吸収が不可能というデメリットも存在するが、
      キルサイト状態を無効化してしまうと流石に強すぎてしまうので妥当な判断だろう。
      • このキルサイト状態自体は防止できないが、レリックが作戦中に使える状況限定で、このキルサイトによる死亡はアギトの証×2で防止できる。

羅刹モードでもアイテムは使用できるので、命のランタンなどでリレイズを掛けておけば、この状態から死亡しても通常状態への復活が可能。
その後また致命傷を負うと羅刹モードに突入する。

  • ちなみにモードチェンジは死亡にカウントされないので、魔導アーマー破壊指令でルシの強制即死を回避し、死亡回数0を実現することができる。

羅刹モードになると口調も変化し、非情な言葉を吐くようになる。まさに朱き魔人。
開始時には「後悔するわよ」と言いながら復活し、攻撃時には敵に「死ね!」と吐き捨てる。
さらに、操作キャラ交代の際には「やれ!」と命令したり、逆に呼ばれた時は「絶対殺す!」と宣言し、
キルサイト成功時には敵を「馬鹿じゃないの」と罵る。ありがとうございます!


『ヤヌス』とは、ローマ神話における出入り口と扉の神のことを指している。
この神は前後2つの顔を持っていることが特徴で、クイーンが2つの顔を持つことを暗に示しているのだと思われる。

  • その昔「ヤヌスの鏡」という二重人格モノのドラマがあったなぁ…多分元ネタだと思うけど実に古いw
  • ラテン語である。

そして『羅刹』とは仏教における鬼神の総称であり、破壊と滅亡を司る神様のこと。


とある会話でジャックが、以前クイーンが一度だけキレた時の話をする。
その時のことを相当怖く思っていたそうだが、これを見たプレイヤーは同意せざる負えないだろう。
まるで甲型ルシの様。