Top > 地名・地形 > 【雷平原】


地名・地形/【雷平原】

Last-modified: 2019-04-06 (土) 21:56:48

音楽/【雷平原】






FF10 Edit

スピラ中部のグアドサラムからマカラーニャの森へ抜ける途中にある平原。名前の通り、四六時中雨が降り雷が鳴り続ける。土壌が流出するせいか草一本生えない。
適当に歩いていると容赦なく落雷を食らってしまう(ダメージはなし)。


普通はところどころある避雷針でかわしながら進むのだが、タイミングよくボタンを押すと雷をかわすことができる。
これの累計成功回数と連続成功回数に応じてご褒美を貰え、
200回連続で成功させるとルールー七曜武器を強化する火星の聖印が手に入る。
1回でもミスったら最初からなので集中力を維持するのが大変。


リュックにとっては地獄らしい(アルティマニアより)。


正式な名前は「ガンドフ雷平原」である。
しかし、ゲーム中ではほんの少しだけ出てくる以外はすべて略称の「雷平原」で呼ばれるため、
ほとんどのプレイヤーは忘れている。


出現する敵は雷使いが多いので、雷半減防具などがあると有効。
ただし,グアドサラムの店で買うとぼったくられるので注意。

  • モンスターの出現率がやたらと高いのでダメージも自然と増えやすい。
    道中セーブスフィアが3個も置かれているので、バサンダなども惜しみなく使っていきたい。

ガンドフとはかつて『シン』を倒した大召喚士の名前。
雷平原を荒らしまわっていたサボテンダー?を彼が石碑に封印した功績を称えられ、この名がついた。

  • ちなみに避雷塔を建てたのはビリガン氏。
    雷平原を安全に渡れるようになったのは彼のおかげ。一応旅行公司に名前が冠されている。
    ビリガン氏の最期は避雷塔の増設中に雷にうたれたため。でも大抵の人は忘れている。
  • 主人公達は雷に打たれても平気。彼等が特殊なのだろうか?
  • ビリガンの名前があまり伝わっていないのは彼がアルベド族だから、ちなみに調整も不十分なので落雷の被害があとを絶たないようだ。
  • キマリ?の【七曜の武器】である「ロンギヌス」を手に入れるときは【サボテンダー?】の石碑の封印を解いたのち、壊れかけの避雷塔の前でも祈らなければならないのだが、避雷塔での立ち位置に注意しないと場合によっては引っかかって詰む。

落雷のエフェクトがエンカウントと紛らわしい。本気でやるなら「エンカウントなし」をつけよう。
落雷が多いスポットを探してから行えば20分ぐらいで200回できるだろう。
マップを切り替えると記録が途切れるので注意。

  • むしろ、200回連続を目指すなら「エンカウントなし」は必須だと思ったほうがいい
    これがないと
    • エンカウント→戦闘終了「あれ?そういえば何回連続で避けたっけ?」
    • 「戦闘終了→フィールドに戻った瞬間に落雷」という不慮の事故が起こりうる
      「210回連続で避けたと思ったら記録は190回だった。な、何を(ry」となりたくなければつけるべし

「らいへいげん」では無く「かみなりへいげん」。


旅行公司前の看板をよく見ると、アルベド文字で「obocohc latner(レンタルチョコボ)」と書かれている。
現在はチョコボを貸していないのか、それともミヘン街道旅行公司の使いまわしなのかは不明。

FF10-2 Edit

旅人に雷が落ちることはなくなった。
また、リュックは雷平原でキャンプして雷へのトラウマを払拭したという。
避雷塔整備のミッションがあるほか、SLv.4でライブ会場に選ばれる。

  • ライブ終了時には、スピラの行く先を示すかのように穏やかな天気となり、さらには雲の合間から光が差す様子が見られる。
    イベントが終わればまたいつものゴロゴロ具合に戻るが。

特定の条件を満たすと洞窟が出現するが中は機械だらけ。
盗むか戦利品で爆弾が手に入り、別の隠しダンジョンで必要になる。

FFRK Edit

FF10、FF10-2のダンジョンとして登場する地名。
ノーマルダンジョンのボスはFF10は鉄巨人で、FF10-2の「雷平原 1」はザラマンデルとなっている。

また、ノーマルダンジョンでは、2017/9/19のリニューアルから
FF10のヒストリーの初回報酬でルールーの記憶結晶を入手できる。

いたストSP Edit

マップの一つとして登場。BGMは当然、雷平原ノーマルバトル
常に雷が轟く平原の真ん中に旅行公司が見える。
7つのエリアがある左側のマップと、2つのエリアがある離れ小島の右側のマップで構成される。
5箇所にあるスイッチを押すと好きなエリアの買い物料をもともとの金額から
30%増→50%増→80%増→100%増→120%増→0%増減と変化させることができる。
離れ小島がある以上、ダイス運もある程度左右するがやはり特定のエリアに対する独占、
株買占めなどを狙っていきたい。

  • マークのある3つの円周部同士が銀行で繋がっていてそれぞれを行き来するという構成は、いたストファンならクローバーランドを思い浮かべるだろう。
    あちらと同じく株を買う機会が多く立地上2回通ることになる店がある銀行周りが圧倒的に強く、そして他も捨て置くほど弱くはない。

トーナメントモード Edit

トーナメントコースではクリスタルコース3戦目、闇のクリスタルコース3戦目。
自キャラに選ばない場合は必ずティファが対戦キャラの一人となる。
Bクラスのティファ以外のキャラも手強いが、彼女の動向は要注意。

余談 Edit

一応雷嫌いは克服したらしい(リュック)。
避雷塔の調整はもうイヤらしい(パイン)。
雷のエネルギーを自分のものにしたいらしい(セフィロス)。