Top > うしろむきのトード


うしろむきのトード

Last-modified: 2019-12-01 (日) 16:46:11

オリバーさん、僕はいつも後ろ向きで走っているけど、前向きの考えを持っています。」
うしろむきのトード

日本版タイトルうしろむきのトード
英語版タイトルBusy Going Backwards
脚本ブリット・オールクロフト
デヴィッド・ミットン
放送日・1998年10月14日(英国)
・1998年12月23日(オーストラリア)
・1999年1月10日(カナダ)
・2000年6月5日(ドイツ)
・2004年2月4日(韓国)
・2009年8月17日(ハンガリー)
話数第127話
第23話(シーズン内)
この話の主役トード
シーズン第5シーズン
機関車紹介ゴードンヘンリージェームスオリバー
登場キャラクターAゴードンジェームスオリバーいたずら貨車・いじわる貨車トード
登場キャラクターBヘンリーショートホイールベースの無蓋貨車
登場キャラクターCトーマスエドワードパーシーアニークララベルバーティー
登場キャラクターD無し
登場キャラクターEデューク
登場人物A無精髭を生やした信号手作業長チーフ橋の工事の作業員クロスビー駅長
登場人物Bトードの車掌
登場人物C有名な小説家トロッターさんゴードンの機関士ゴードンの機関助手オリバーの機関士オリバーの機関助手ウェルズワーズ駅長ウェルズワーズ駅の駅員ウェルズワーズ駅の作業員クロスビー駅の駅員
登場人物D無し
登場スポットゴードンの丘
ウェルズワーズ駅
ウェルズワーズ機関庫
ウェルズワーズ操車場
キャラン操車場
クロスビー駅
オリバーの機関庫
ゴードンの丘
古い石橋
ジェームスとトードの分岐点
トードが突破した踏切
トード沼
あらすじ・いつも後ろを向いて走っているトードは一度前を向いて走ってみたいとオリバーに相談するが、それが貨車達に聞こえてしまい、大変な事に・・・!!
メモ第4シーズントードのめいあん』以来に、オリバーに悪戯を仕掛ける貨車達
ショートホイールベースの無蓋貨車の顔がいじわる貨車にそっくり。
ジェームスエドワードパーシー続いて丘で貨車から連結が外れるオリバー
あの時のゴードンパーシーステップニーオリバー続いて、線路を間違えるトード
あの時のジョージトップハム・ハット卿に続いて泥沼に沈むトード
・この話のパーシーは終始ランプが見えなかった。
・冒頭のシーンでよく見ると奥側の線路が途切れている。
・この話のゴードンは「バイバイ ジョージ!」、ジェームス第4シーズンがんばりやのスカーロイ』に続いて其々終始笑わなかった。
オリバー第7シーズンあたらしいなかまエミリー』まで、トード同シーズンオリバーとゆきだるま』まで、作業長第10シーズンダンカンとかねのねいろ』まで台詞無し。
・暴走する貨車の色が画面ごとに変わっている。
トード貨車達に振り回される。
オリバートードゴードンの会話を盗み聞きする貨車達
・日本のみ作業員達の笑い声が追加されている。
貨車達の声を担当する石川英郎さん。
置鮎龍太郎さんが人間キャラクターの声を担当する最初の話でもある。
・この話の暴走のテーマは運動会でお馴染みのウィリアムテル序曲をアレンジして使用されている。
ゴードンパーシーダック続いて後ろ向きで走るトード
ナレーターはジェームスの貨物列車を『長い列車』と言っているが、実際は5両だけである。
・この話のゴードンは、『パーシーとひつじ』に続いて終始走行しなかった。
この話から数年後トードはまた、から暴走することになる。
台詞ナレーター「ブレーキ車のトードは悲しかった。何処を見ても機関車や客車が堂々と前向きに走っている。彼らは自信に溢れ気持ち良さそうだ。ある日彼は、大西武鉄道のオリバーに話す事にした。」
トードオリバーさん、僕はいつも後ろ向きで走っているけど、前向きの考えを持っています。良いリーダーになれると思うけど。」
ゴードン「付いて来る列車が無ければ、リーダーにはなれないぜ。お前には一台も無いじゃないか。」
ナレータートードは悲しかったが、オリバーが励ました。」
オリバーは役に立っているよ。ブレーキを掛けるのを手伝ってくれるし、を下る時は貨車をコントロールしてくれる。」
トード「でも、僕はいつも後ろ向きで景色を眺めているだけでしょ?だから、前向きに走ったらどんなに気持ちが良いかと思って。」
ナレーター「それを聞いて、貨車が怒った。」
貨車A「生意気な奴だ。俺達の面倒を見られるってのに、思い知らせてやろうぜ。」
ナレーターゴードンの丘に着いた時、貨車は計画を実行する事にした。」
ナレーター「頂上に着いた所で、悪戯が始まった。」
貨車B「よーい、スタート!」
ナレーター「彼らは声を掛けると、連結器をグイッと引っ張って壊した。」
貨車A「ぶっはっはっはっは!トード!夢が叶って良かったなー!」
貨車C「そーれ!リーダーについて行けー!」
ナレータートードはショック状態でどうすれば良いか頭が回らない。頼みの車掌は、ほっぽり出された。」
貨車B「もっと速く、好きなだけ早く走れーい!」
ナレーター「急にトードは、楽しくなって来た。でも、楽しかったのもほんの一時、前方に踏切が有るのにトードは止まる事が出来ない。更に悪い事に、線路を間違えてしまった。前方に、ゴードンがいる。…間一髪で、信号士がポイントを切り替えた。」
貨車C「行け行け!もっと早く走れ!」
ナレーター貨車は尚も喚き続ける。突然長い列車を引いたジェームスが現れた。」
トード「わぁーっ、助けてぇ!ぶつかっちゃうよー!!」
ナレーター「あーと言う所で、分岐線に逃げ込んだ。」
ジェームス「何だ、今のは!?」
ナレーター信号手が次のに知らせた。」
無精髭を生やした信号手「暴走車が向かっています!」
クロスビー駅長「待避線に避難させよう。」*1
トード「助けてー!助けてー!」
ナレーター「車止めが見えた。」
トード「これで助かるぞ!」
ナレーター「だが、ポイントは切り替わっている。」
トード「どうしよう、本線に戻っちゃったよー!」
ナレーター「その頃オリバーは救助に向かった。」
オリバー「何としても、トードを捕まえなくちゃ!」
ナレータートードヘンリーの脇を通り抜けて行った。更に危険が迫っていた。の工事をしていた作業員トード貨車達の暴走を聞いていた。らは、トードを古い待避線に入れた。トードは一直線で泥沼に突っ込んだ」
トード「ブッ・・・、ゲホ・・・ッ、ゲッホゲホ、ブヒッヒ・・・!やっと止まった・・・!」
橋の工事の作業員&作業長&チーフ「アッハッハッ・・・。」
・ナレーター「オリバーが到着して、思わず吹き出した。」
オリバー「フフッ…まるでヒキガエルだね。泥沼にお似合いだよ。」*2
ナレーター「その晩、トードオリバーに言った。」
トード「本当にごめんなさい。あなたに恥をかけさせてしまって。」
オリバー「気にするなよ。ところで、前向きに走った気分はどうだい?」
トード「面白かったです!でも、今楽しみにしている事は、早く後ろ向きで忙しく働く事です。」
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:アレック・ボールドウィン
日本版CVナレーター森本レオ
トード沼田祐介
オリバー緑川光
ゴードン内海賢二
ジェームス森功至
いたずら貨車A(石炭の貨車):石川英郎
いたずら貨車C/無精髭を生やした信号手佐藤浩之
いたずら貨車B里内信夫
クロスビー駅長田中亮一
橋の工事の作業員/チーフ/作業長置鮎龍太郎
シリーズ前回ひとだすけ
シリーズ次回まんげつのよるのできごと
参照画像参照はうしろむきのトード/画像





*1 このシーンは、今期楽曲で編集され、デイリーが追加された。
*2 因みに、「トード」は英語でヒキガエルの事である。