たた

Last-modified: 2021-04-18 (日) 17:36:41

*注:進化したり改名した場合、ページ名変える可能性があります。
追記:進化したのでページ名を変えました。

現在の技

はっぱカッターこうごうせい
つるのムチやどりぎのタネ

概要

リーフグリーン編にて、最初に選んだ御三家の草タイプ。名無し期間の間は「ナナシダネ/ソウ/バナ」などと呼ばれていた。
最初は命名無しだったが、トトココにより「たた」に改名。ちなみにこの「タタ」という名前はトトココ自身の命名候補の1つでもあり、数回命名候補にも挙げていたため、未練があったのかもしれない。
毒タイプの攻撃技は自力で覚えないけど、立派な草・毒タイプ。そして全国図鑑NO1~3。
勿論最初からずっと主力。サファイアみたいに逃がされないことを祈るばかりだ。

0:37:06ゲット。
攻撃技が少なく、技マシンにも頼れないため長期戦になりがちだった。
数少ない攻撃技のたいあたりが消えてPP10のつるのムチが残った時は、数少ない攻撃技を消さないように、またPPがすぐになくなるからと言う理由で、左上になきごえを配置する作戦に出るほどだった。

51:27にフシギソウに進化。
240:21にフシギバナに進化。

たたアアアアア(ピジョット)は他と比べ圧倒的にレベルが高い。
しかしピジョットに比べ弱点の多さや技のバリエーションの少なさが目立ち、特にジム後半や四天王では不利になることが多いため、高レベルでもまだ足りない可能性が高い。(実際にセキチクジムやシルフカンパニーのかななぁ戦では倒されている。)

セキチクジム以降、パーティーのバランス調整のためピジョットと交互に休暇。ナナシマ以降は第三のエースであるツララとも合わせて三交替制をとっている。

ポケモンリーグにて、シルフカンパニー以来のレギュラー復帰。レベルこそ他のレギュラーに追いつかれてしまったものの四天王の先鋒かつ鬼門であるカンナ戦において、自慢の特攻・特防の高さから絶大な力を発揮。何度か無双もしている。
結果ポケモンリーグ編成の(対カンナ用)トップバッターとして働き、現在再びレギュラー内最高レベル*1に返り咲いている。

成長記録

時間LVHP攻撃防御特攻特防素早さ
0:37:06520121111129ゲット時。
8:21:116221312131410
9:43:157241413141511

*1 サファイアを含めても最高レベル。4月18日時点でレベル81。