Top > 四色音鉄道開発記 > RegenBogenAirline


四色音鉄道開発記/RegenBogenAirline

Last-modified: 2019-03-26 (火) 01:08:16

RegenBogenAirline Edit

RegenBogenAirline
IATA
RA
ICAO
RBA
コールサイン
Regen Air
RBA_Logo.PNG
ハブ空港明賀国際空港
穂乃果国際空港
桐乃国際空港?
焦点空港川橋空港
三葉結び空港
新紗霧空港
所属アライアンス未加盟
所属会社HR四色音
など

概要 Edit

開港とともに設置された四色音鉄道の航空子会社
かつて四色音市街地にあった空港「土佐四色音空港」をハブとしていた

HR化後の子会社整理によりHonokaとの統合が噂されたが、Honokaの子会社となったものの、ブランド名は残された。JASとは違うのだよ


このままHonokaの子会社として一生を終えるかに思われたが、諸々諸事情によってHonokaとRBAの合併が成立。なんとRBAが存続会社となり、Honokaを吸収する形となった。誰が予想したであろう逆さ合併の瞬間である。
この合併によりRBAはこれまでHonokaが拠点としていた穂乃果国際空港?桐乃国際空港?の路線をほぼすべて引き継ぐこととなり、一気に100路線以上を保有するHR地域で最大の航空会社へと変貌を遂げた。
これと同時に内装やサービスの刷新を図り、ブランドコンセプト「Fly With Us」も制定。より良い航空会社へ日々進歩を続けている。

沿革 Edit

XX年(四色音鉄道開発記 5話)
四色音鉄道の航空子会社として設立
開業直後の土佐四色音空港をハブとし、熊谷への路線が開設される
XX+2年(四色音鉄道開発記 6話)
水上機の運航にあたり、船舶会社であるMeerCruise(現在の新四色音郵船)とともに、持株会者である四色音港湾整備の子会社へと変更、事実上の経営統合が行われる
また、新出増をはじめとした6都市と就航、ここでの菜宮、桜路への路線開設でA3D地区への初就航を果たす
XX+4年(四色音鉄道開発記 9話)
菊水への路線を開設、港への就航ではあるがA9地区への乗り入れを果たす
XX+7年
貨物航空会社である穂乃果貨物航空を三星グループとともに設立
XX+8年
親会社である四色音鉄道が穂乃果鉄道により買収され子会社の整理が行われる
その影響で当社はHR穂乃果の傘下航空会社であるHonokaの出資を受ける
XX+12年
MeerCruiseとAqours(HR穂乃果の海運会社)の合併に伴い四色音港湾整備から離脱、同社はHonokaの完全子会社となる
XX+20年
Honokaと経営統合を果たしHR地域で最大の航空会社となる
また、経営統合に伴う会社体系整理の一環で宙に浮いた存在となっていた四色音港湾整備を吸収、短距離路線などをいくつかの子会社に移管した

名称 Edit

RegenBogenAirline(れーげんぼーげんえあらいん)
RegenBogenはドイツ語で虹を意味する。虹のようにお客様の笑顔をつなぐという社訓に由来し、自社保有の多くの航空機にはレインボーカラーを施す。また、そのままだと社名が長いため、RBAという略称を公式に設定している。

運航路線 Edit

国際線 Edit

明賀国際空港発着便
準備中
穂乃果国際空港発着便
準備中
桐乃国際空港発着便
準備中
その他空港発着便
準備中

国内線 Edit

四色音地方は湖沼が多い為、空路が活発である。多数の小規模空港が設置され、網の目のように航空網が張り巡らされている。

#ref(): File not found: "DomesticV2.png" at page "四色音鉄道開発記/RegenBogenAirline"

機材 Edit

備考
  • 当社の機材は、多くを酒匂地方にある休日航空機製造によって製造されている。
  • 原則エアバス機を中心に導入しているが、それでカバーできない部分(リージョナルジェットなど)は会社を問わず導入している。
  • 近年では、幅広い路線に対応するため、A350XWBをはじめとした大型機の導入しており、そのラインナップはますます充実してきている。
  • Honokaとの合併に伴い旧穂乃果の機材が流入してくる……はずだったのだが、旧Honokaの新型機材(787やら777やら)は晴風・伊良子を拠点とする航空会社HerekazeSky?へと譲渡されてしまった。そのためRBAには経年機のみが残ることとなった。
  • 機体には当社の機材であることを示すため、JASよろしくレインボーカラーを施していることも特徴である。
運航機材
機種座席数備考
FCPYY
A380-800
747-400-旧Honokaからの移管機、順次退役
A350-1000
A350-900-
A340-600-旧Honokaからの移管機
A330-800No Data順次導入予定
A330-200-
767-300-旧Honokaからの移管機、譲渡先募集中
767-200-旧Honokaからの移管機、順次退役
A321-200-
A321neo-
Be210---
G73-T---G73をターボプロップ換装
退役機材
YS-11

サービス Edit

座席クラス Edit

これまでRBAでは一般的な3クラス制(エコノミー・ビジネス・ファースト)を採用していたが、内装の刷新を機にそれを改め、2クラス(エコノミー・ビジネス)を基本に、機材によっては更にエコノミープラス(プレミアムエコノミー相当)とグロッセクラス(最上級クラス)を設置するというスタイルになった。

ラウンジ Edit

RBAがハブ・焦点を置く空港には、レインボークラブと呼ばれるラウンジが設置してある。
また、拠点とする3空港には通常ラウンジに加え、グロッセ・ラウンジと呼ばれる上級ラウンジがある。

マイレージプログラム Edit

#ref(): File not found: "MEM001.png" at page "四色音鉄道開発記/RegenBogenAirline"

RBAとそのグループ会社は「Mille Express μ」というマイレージプログラムを提供している。
獲得マイル数に応じて、以下の4つのクラスに分類される。

会員ステータス会員条件提供サービス
BiBi-前年度100,000pt以上獲得
Lily White-前年度50,000pt以上獲得
Printemps-前年度30,000pt以上獲得
Express μ 会員

RegenBogenRegional Edit

RegenBogenRegional
IATA
RR
ICAO
RBR
コールサイン
Regio
RBR_Logo.PNG
ハブ空港川橋空港
三葉結び空港
新紗霧空港
焦点空港明賀国際空港
穂乃果国際空港
桐乃国際空港?
所属アライアンス未加盟
所属会社HR四色音
など

概要 Edit

小型機を用いる短中距離路線の運航を担当する地域航空会社であり、RBAの完全子会社である。
四色音国内の路線はもちろんのこと、桜路やわかせなど小型機で運航される路線にも就航している。
また、RBAから譲り受けたA330-200を用いてリゾート路線へも就航しており、季節運航便なども存在している。

サービス Edit

短距離とリゾート路線が主であるため、内装はRBAに比べ簡略化されている。
座席クラスもエコノミーとアッパーの2種類のみであり、シートモニターは設置されていない。
しかし、機内のWi-FiはRBAと同様無料で利用することができ、パソコンやタブレット端末を接続することで、位置情報や音楽、映画といったコンテンツを利用することができる。

機材 Edit

ボンバルディア社製のA220-300(旧称:CS300)を主力に据えており、幅広い路線で用いられる

機種座席数備考
EY
A330-200
A321neo
A220-300
(CS300)
25105
MRJ90
DHC-8-Q400
DHC-8-Q400CC

運航路線 Edit

当社が運航する中・長距離路線には同時にRBA便名も付与されることが多い

準備中