マイクラ腕試しにじさんじ杯

Last-modified: 2021-01-15 (金) 22:11:49

2020年9月にJK組が参加した「マイクラ肝試し」の主催・クー氏によるもう一つの大規模イベント「マイクラ腕試し」とのコラボ企画。
予選16名+エキシビジョン新規参戦6名の22名が参加。

司会進行:クー
Twitterハッシュタグ:#マイクラ腕試し_にじさんじ杯

大会概要

  • 5つの移動ステージと5つのメインステージからなるマップでポイントを競う。
  • 2組・各8名の予選を行い、上位4名ずつが後日行われる決勝戦に進出する。
  • 決勝戦の告知とともに、決勝戦前日に予選敗退2名+新規参戦6名によるエキシビジョンマッチの開催が告知された。

各競技概要

  • 移動ステージとメインステージを交互に第1から第5まで行い、それぞれのステージの獲得ポイントの合計で総合順位が決まる。
  • 移動ステージ
    • 移動ステージは基本的には単純な競走。ただし、ステージごとに異なったギミックが組み込まれている。
    • 獲得ポイントは一律で1位100点、2位80点、3位60点、以下50,40,20,10点、最下位とリタイアは0点となる。
    • 第2以外の移動ステージでは「じゃんけんシステム」により個人にじゃんけんが付与され、強い手のプレイヤーは弱い手のプレイヤーに近寄るだけで吹っ飛ばす妨害が可能。

      第1移動ステージ

      第1移動ステージ
      コース途中2ヶ所の門を通るためにボタンを押して鍵を入手する。ボタン前で密集することでじゃんけん対決が繰り広げられるのが見どころ。ゴール地点は第1メインステージの大樹の根本。

      第2移動ステージ

      第2移動ステージ
      前半は骨馬による競馬レース。ニンジン棒によるブーストが可能だが、回数制限がある。後半はトロッコに乗るあみだくじレース。線路の分岐脇のゾンビを倒すことでコースを変更できるが、変更した先が近道とは限らない。唯一じゃんけんシステムのない移動ステージ。

      第3移動ステージ

      第3移動ステージ
      前半は飛び石アスレ、中間点ではフグを釣った選手から早抜けできる釣り運試し。後半は海賊船からの砲撃を躱しながら進み、最後は海に浮かぶイカダを飛び移り、海賊船の甲板でゴール。じゃんけんやミスでイカダから落ちるとかなり戻らないと復帰できなくなり、タイムロス。

      第4移動ステージ

      第4移動ステージ
      じゃんけんが付与された状態で、クリーパーが配置された地雷原が点在するコースを進む。爆発までのタイムラグの間に上手く駆け抜けられれば良いが、爆発の連鎖に巻き込まれたりダッシュに失敗すると大きくタイムロスしてしまう。

      第5移動ステージ

      第5移動ステージ
      ジャンプブーストが掛かった状態で氷の足場を飛び移っていくステージ。普段のジャンプとは違った操作感覚が求められる。目測を誤ったりじゃんけんで吹っ飛ばされて足場から落下すると奈落まで落とされるため、復帰にタイムロスがかかる。BGMも必聴

  • メインステージ
    • メインステージはそれぞれ異なった特徴を持つ5つの競技を行う。
    • 獲得ポイントは競技によって違うが、基本的に後の競技のほうが高くなるように設定されている。
    • 各ステージの合計最高点を獲得したプレイヤーにはそれぞれの種目ごとの称号が付与される。

      第1ステージ『ウィリアム・テル』

      第1ステージ『ウィリアム・テル』
      巨大な大樹の周りに設けられた足場から、大樹にポップするリンゴを矢で射る競技。大きいが点数の低い赤リンゴと小さいが点数の高い金リンゴがある。参加者同士のPvPも可能であり、妨害に徹することも可能。制限時間3分・2回戦を行い、合計最高点のプレイヤーに「狙撃王」の称号が付与される。

      第2ステージ『ピラミッド7つの謎』

      第2ステージ『ピラミッド7つの謎』
      アナログゲーム「おばけキャッチ」を模した競技。出現した2つの像と一致する像か、あるいは特徴が全く一致しない像のゲートに飛び込む。間違えたゲートに飛び込むと落下死し、晒し台隔離部屋に飛ばされる。7回戦を行い、合計最高点のプレイヤーに「頭脳明晰」の称号が付与される。

      第3ステージ『黒ひげ村人危機一髪』

      第3ステージ『黒ひげ村人危機一髪』
      海賊船の甲板中央に囚われた村人を、四方から湧いてくるクリーパーを倒して守る競技。村人のライフは10で、クリーパーの爆発で-1・帯電クリーパーでは-2される。村人のライフが0になるか、Wave10クリアで試合終了となる。
      クリーパーや妨害モブを攻撃するごとにポイントが加算、ラストアタックを取るとボーナス点が獲得できる。合計最高点のプレイヤーには「髭の守り人」の称号が付与される。

      第4ステージ『FIGP フォーミュラ・アイス・グランプリ』

      第4ステージ『FIGP フォーミュラ・アイス・グランプリ』
      氷上ボートレース。コースを3周し純粋なタイムを競う。途中にショートカットコースが存在し、上手く入ればストレートで進めるが、入れないとヘアピンカーブを強いられる。最短タイムのプレイヤーには「FIGPチャンピオン」の称号が付与される。

      第5ステージ『空リン』

      第5ステージ『空リン』
      これまでのコースの上空を周回するように設定されたリングを順々にくぐっていくエリトラレース。リングをくぐった点数と順位点の合計で順位が決まる。最終ステージということもありかなりの高得点が配分されており、ノーミス1位でゴールすれば大逆転も可能になっている。最高点のプレイヤーには「空の旅人」の称号が付与される

  • クー氏によれば、「純粋な力比べというわけではなく、パーティーゲーム的に盛り上がってもらいたい」とのことで、事前に競技情報を収集したり、(本番コース以外で)個人でボートやエリトラなどを練習したりすることも認められている。
  • また各コースには観戦席が設けられており、出場選手を応援することができる(事前申告制)。

各組出場者

  • エキシビジョン[2021/01/14]

    ※ネタバレ注意!(メンバーに予選敗退者が含まれます)

    結果 ※ネタバレ注意!

    移:移動ステージ、メ:メインステージ 太字は1位

    移1メ1移2メ2移3メ3移4メ4移5メ5総合
    不破湊01646033009661003006018583838
    イブラヒム1002248026050828806008014943796
    三枝明那202840280606982070010010373199
    北小路ヒスイ60264100450207520500205152681
    黛灰4088107401060410450406302622
    桜凛月80124204908087860400504232605
    樋口楓50604029010055240250108562248
    相羽ういは109250490403285035003351745