【はるかぜのぼうし】

Last-modified: 2020-06-14 (日) 13:01:33

DQ9

頭部防具の一種。最強クラスの守備力を持つ、季節のおしゃれ帽子。
【2%防具】のひとつで、【邪眼皇帝アウルート】が落とす。
若草色の帽子で、マヌーサに対して強い耐性を持つ。
守備力は22で、これを錬金して変化する防具と比べれば最低であるが、この防具が手に入る時点ではその程度の差に大した違いはない。
攻撃魔力を16、回復魔力を31上昇させる。
頭用防具の中では最も回復魔力の上昇が高いため、僧侶そして賢者を回復役メインで使っている場合に最適。
なお、この系列の帽子の守備力、攻撃魔力、回復魔力の上昇値の合計はすべて同じ69。
錬金を進めていくにつれ、守備力と攻撃魔力が上昇し、回復魔力が下がっていく。
 
【グリーンオーブ】【しんかのひせき】と錬金することで【なつぐものぼうし】になる。
2%防具としては唯一、【リサイクルストーン】による戻しがきかない点に注意。
はるかぜのぼうしに錬金し直すには、前述の錬金からさらに【あきさめのぼうし】【ふゆぞらのぼうし】と錬金を繰り返す必要がある。

DQ11

全員が装備可能な帽子。うち直しに必要な宝珠は24個。

-+1+2+3
守備力51535659
こうげき魔力2021
かいふく魔力40414243
幻惑ガード25%

四季の帽子の中で一番回復魔力寄りなのもDQ9と同じ。
今回は他の帽子から作ることはなく、【四季のぼうしレシピ】により4種とも素材から作れる。
素材は【緑の宝石】×1+【ときのすいしょう】×1+【ようせいの綿花】×3+【なないろのまゆ】×2+【さくらの花びら】×2。
 
回復魔力の上昇量は頭部防具の中ではトップクラスだが、最終的に【聖賢のサークレット】【アポロンのかんむり】に抜かれてしまう。
呪文職では幻惑ガードが大した意味をなさない点もつらい。
またレシピが【ちいさなメダル】の景品として手に入るのは過ぎ去りし時を求めた後とかなり遅く、すでに他に優秀な防具が入手済みの可能性が高い。
四季のぼうしの中での優先度は低いといえよう。