【キングサーモン】

Last-modified: 2020-04-01 (水) 22:25:53

概要

サケの仲間でも特に大きくなる種類で、和名は「マスノスケ」という。
普通のサケは80㎝程度だがこの魚は平然と1メートル越え、大型の個体になると1.3~1.4メートルくらいになる。

DQ10

Ver.4.1より釣りの対象となった巨大淡水魚。
ヒットしにくい上、かかったとしても難易度が高い相手である。
詳しくはこちらを参照。

DQB2

有料DLC「水族館パック」で追加される【魚】で、【ムーンブルク島】の吹雪が吹き荒れる地帯の川で釣れる。
【スモークサーモン】の材料になるほか、【ツリル島】のイベントの最後でアクアリウムの最後の仕上げとして【フィー】からこれを釣るように依頼される。
ちなみに依頼をこなすと最後の仕上げとしてキングサーモンが泳げる広さの水槽を作るよう指示されるが、実は単に海に放流するだけで達成できる。
 
釣れる場所が吹雪地帯であるため、ダメージと視界不良に悩まされることになるが、実は【マガマガ島】の適当な場所に【きれいな水】を撒けばそこで釣ることも可能である。
マガマガ島には自然生成される液体が【海水】【赤い水】のみなのできれいな水は持ち込む必要があるが吹雪の視界不良に悩まされずに済む。モンスターに邪魔されない場所さえ選べばこちらの方が楽である。
魚影の時点でかなり大きくこれの存在を判別しやすいため、場所さえ合っていれば狙って釣ることは難しくない。
なお、他の魚影が大きい魚と同じく「大」サイズがかかった時点でも「大物の気配がする・・・」のメッセージが出る。
 
食材としてはかなり優秀な部類であり、通常サイズの時点で【極上海鮮鍋】以外の高級魚料理がだいたい作れる高級さを持つ上、前述のスモークサーモンは、「水中で動きやすくなる」効果を持つ料理の中では食材が調達しやすく効果時間も非常に長い有用な料理。
水中でビルドしたいプレイヤーならば何匹も乱獲しておく価値はあると言える。