【ジェノダーク】

Last-modified: 2019-03-19 (火) 15:05:58

概要 Edit

モンスターズシリーズに登場するモンスター。
禍々しい闇の力を全身から放つ、死を司る暗黒のドラゴン。
その名の通り外見はかなり禍々しく邪悪で、腕を組んでおり威厳も感じられる。
キャラバンハート初出のオリジナルモンスターの中でも特に人気が高い部類である。

2本の長いツノ、4本の腕、1対の翼と紫色の体は【シドー】を彷彿とさせ、
キャラバンハート以外の作品では配合にシドー、もしくは【ジェノシドー】と何らかの形で関係している。初出であるキャラバンハートの世界がDQ2の未来の世界だからかもしれない。

DQMCH Edit

魔獣系のSランク。
成長は極端に遅いが、全ての能力が高くまで成長し、中でも賢さは無条件でカンストするほど高い。
おまけに多くの特技に高い耐性を持っている。
アンドレアルにやまたのおろち・グレイトドラゴンの心などで転身可能で、上位種としては比較的簡単に手に入る部類。
しかし簡単に転身できる分、メタル狩りが出来る環境になる前に作るとレベル上げに困るというケースが多いため注意。

テリワン3D Edit

ドラゴン系…ではなく???系のSSランクとして再登場。サイズは2枠。
シドーと【タウラス】【カプリゴン】を組み合わせると作れるほか、【他国マスター】が出してくることがある。
特性は【メガボディ】【AI1~3回行動】【れんぞく】(4回)、【いきなり冥界の霧】
+25以上で【ベタンブレイク】、50以上で【ギャンブルボディ】が追加される。

攻撃モーションでは口から大量のコウモリを吐き出す。

能力はやはり賢さがトップクラスで、素早さと攻撃力もそこそこの値。
だがMPと守備力は低く、特に守備力は350と2枠最下位。スキルでの補強はほぼ必須だろう。

HPも比較的低めな上、賢さが高いもののブレイクするベタン系には賢さ依存の特技は一つもない。
自動回復をつければ冥界の霧で自爆するし、行動回数が不安定なのも悩みどころ。
ついでにMPと賢さは伸びが悪く、特に前者は酷い。
元々MPが低いとはいえ自力でカンストすら遠いので、シドーやカプリゴン/タウラスを出来るだけ高レベルにしてから生み出すといい。

使うならベタンブレイクを生かせるてんぺんちい獣王げきれつしょう等で速攻を仕掛けたいが、素の状態だと3回打っただけでMPが切れるという致命的な弱点がある。
究極配合で全ガード+や行動はやいを選んでも4回が限界。ルカニガードなどでしょうひMPはんぶんが欲しい。
いきなり冥界の霧とベタンのスキルが微妙にかみ合っておらず獣王げきれつしょうと【ダークマッシャー】のある【邪神レオソード】を選べば【じどうHPかいふく】で、
てんぺんちいの【スラリン船】【がんせきおとし】【アサシンブロス】を選べば【じどうMPかいふく】で自爆する始末
…というかスラリン船に至っては【しょうひMP×2】のせいでてんぺんちいを1回打っただけでMPが尽きる。
獣王げきれつしょうは【かぶとわり】のある【凶魔獣メイザー】
がんせきおとしはマインドガードとねむり攻撃の取れる最強グラブゾンが安定か。
癖が強い上に頑張ってもあまりの守備の低さゆえにそれほど強くないという哀しい宿命を背負っているモンスター。

【はくりゅうおう】との配合で【ドルマゲス】が生まれる。
スキルは固有の「ジェノダーク」。
非常に優秀なスキルであるが、本人との相性は最悪で【リザオラル】でも【ギガ・マホトラ】でも自爆し【メドローア】以外全く生かせない。
本人の微妙性能もあってスキル取りだけのモンスター扱いをよくされる。

イルルカ Edit

引き続き登場。配合方法も同じ。
また、錬金カギの報酬で手に入れることもできる。
今回は【新生配合】【ザキブレイク】【ギガボディ】化で【ザキ攻撃】を習得。
死を司る存在に相応しい特性だ。