Top > 【フレイムドック】
HTML convert time to 0.005 sec.


【フレイムドック】

Last-modified: 2018-02-07 (水) 22:48:49

概要 Edit

DQ4などに登場するモンスターで、まんま炎の犬。
実際「溶岩から生まれた犬のモンスター」という設定があるのだが……どう見たって犬は犬でも狛犬の類いである。
本来なら名前の表記は「ドッ『グ』(Dog:犬)」になるはずだが、「ドッ『ク』(Dock:船渠)」となっている
(船渠とは、船の製造や修理をしたり、係船や荷役作業などのために船を留めておく場所のこと)。
炎(Flame)を製造し留めておく場所(Dock)…という意味だろうか。
きっと炎の係留所のごとく、体内に炎を宿しているのだろう。
DQ10や11でも「ドック」のままであるあたり、もはや一種のお約束ネタと化している。

ちなみに同僚?の【バンプドック】もドッ「ク」表記。
しかし、先輩の【バリイドドッグ】や後輩の【シードッグ】など、他作品の犬系モンスターは、ちゃんと「ドッ『グ』」表記である。
つまり、DQ4だけドッ「グ」表記がないということになる。
 
色違いには【あばれこまいぬ】【サブナック】【ヘルシーサー】【デモンシーサー】がいる。
ナンバリングで登場するときの序列は安定しており、サブナックの上位に位置する。

DQ4 Edit

【天空への塔】の7階と8階、【デスマウンテン】に出現する。
天空への塔での出現範囲は【しにがみきぞく】と同じく異常に狭いが、デスマウンテンに大量に出現する。
通常攻撃のほか、【こうねつのガス】を吐いてくるが、この時点では大した威力ではない。
炎を吐くモンスターだけに【メラ系】【ギラ系】は全く効かないが、【ヒャド系】【デイン系】は無耐性で非常に有効。【ギガデイン】ならば確実に一掃できる他、【バギ系】【ザキ系】が弱耐性でよく効くので、使ってみるのもいい。
【ドロップアイテム】【いのちのきのみ】

リメイク版 Edit

デスマウンテンにモンスターが出現しなくなったため、出現場所が天空への塔のみに限定された。
階を限らず天空への塔全般に出現するようにはなったが、どの階でもまんべんなく出現率が低い。
【モンスターずかん】が登場するリメイク版では、コイツを狩るために再び天空への塔を登るプレイヤーが続出。
999匹狩りしたい人は、3匹ぐらいで出現する7Fと8Fがオススメ。
しかし、【謎のダンジョン】の溶岩のフロアに出すとか工夫はできなかったのだろうか?

小説版 Edit

小犬だった頃に幼少時のピサロと契りを結び、忠誠を誓う二匹のフレイムドッグが登場する。
復活直前の【エスターク】の守護者として勇者達と対峙するが、
目覚めたエスタークの攻撃に巻き込まれ死亡した。

DQ10 Edit

はげしいほのおだけでなく、しゃくねつを吐くこともあるので、攻略レベルでは手強い部類に入る。
詳しくはこちらを参照。

DQ11(3DS版) Edit

冒険の書の世界【天馬の塔】に登場する。
初出がDQ4の天空への塔だった縁で起用されたのだろうか?
しかし今回は出現率も上がり、一度の登場数も増えている。
そして何よりも【こうねつのガス】が威力上昇に加えて【麻痺】の効果が付与され【やけつくいき】の上位互換となった事でかなり凶悪化している。
複数人が麻痺にかかりパーティが機能不全に陥ったままなぶり殺しにされる危険性もあるため、できる限り麻痺対策をしておきたい。ドロップアイテムは【ようがんのカケラ】でレアが【いのちのきのみ】
 
クエスト【よみがえれ大地のトゥーラ】で塔に再訪した際には、こいつが標的となる。