Top > ジョブ > 【時空魔戦士】


ジョブ/【時空魔戦士】

Last-modified: 2019-06-24 (月) 20:34:16

FF12IZJS Edit

FF12インターナショナルゾディアックジョブシステムの12種のジョブのうちの一つ。
天秤宮を冠する。
時空魔法緑魔法・召喚獣経由で一部の白魔法が使える、補助のエキスパート。
「魔道士」ではなく「魔戦士」。黒魔道士等とは異なり、攻撃に関しては物理寄り。
端的に言えば「物理戦闘がこなせる時魔道士」である。
基本的な戦い方は時空魔法で味方を支援しつつボウガンで攻撃するスタイル。

重装備なので固そうに思えるが、重装備で上がるのはHPではなく力。
装備やライセンスを含めたHPは黒魔道士以下で全ジョブ中最低。
ボウガンによる後衛からの攻撃やリバース等でカバーしたい。


時空魔法は使い所を選ぶ物が多く、多用するのは汎用性の高いドンムブヘイスガレビテガ程度。

  • 今作のヘイストの効果は薄く、戦術的な価値が疑われているほどである。なのであまり価値のないジョブと見る人も。
  • レビテガを使えるのは本職の時空魔戦士のみ。居ない場合は魔片で代用するしかない。

下級時空魔法は赤魔戦士が、上級時空魔法は魔片で全て揃っている為、時空魔道士が居なくても使える。
とはいえ、魔片が購入できるのはだいぶ後の話なので、やはり居ると探索時のストレスが違う。

  • インター版はトラップの設置数が増えている。魔片は終盤まで購入できず、購入場所も死都ナブディス深部と厄介な場所にありストックを買い足すのはかなり面倒。アクセサリで無効化もできるがこちらは装備変更が必要。

リバースデコイや、ゼロムス経由で魔攻破壊等も覚える。補助の弱いPTでは弱点を埋めるのに最適なジョブ。


ボウガンは攻撃速度が高く、パリィされない特性を持つ。
遠距離武器でありながらCTが剣等の一般武器よりも短く、雑魚戦には強い。
但し、悪天候だと命中率が半分になる弱点もある。
使い方は少し難しいが入れておくと所々で頼りになる。

  • このジョブを使用するとボウガンの意外な強さに驚くことになる。特に終盤パリィされないのは大きい。
    無印で役割分担を無視したゴリ押しプレイをしていた私は、開いた口が塞がらなかった。
    「無理やり役割分担させる」と云われるインター版を象徴するジョブ。

重装備なので攻撃力は高い。デフォルトのボウガンだとまあまあ止まりだが、ゾディアーク経由のデュランダルAや、トランゴタワージャンダルムを装備すると中々のダメージを発揮する。
ただし、オプションがHP満タン攻撃力UPなのでブレイザーが必要なのと、HPが低い事から、物理系の本職ジョブには及ばない。

FF12TZA Edit

欠点であった低HPはジョブの組み合わせによりいくらでも強化可能に。
HP満タン攻撃力UPを持つジョブと組み合わせる事で
ブレイサーを装備させる事なくボウガンを強化出来るようになった。
また順番待ちが無くなり、グラビガを素早く詠唱出来るようになったが
セーフティ持ちには効かない為注意。


ボウガンの威力強化、飛行モンスターへの対応、(多少なりにも)魔力の強化、ガンビットに余裕がある前衛職に時空魔法は組み込みやすい、(一部ジョブには)重装備を付与できる、
などの理由から、前衛職のサポートジョブとして相性がいい。


魔導師ながらも重装備可能という特殊な職
よって"魔力オプション"と"重装備"が必要な『モンク』、『弓使い』辺りと至って噛み合わせが良い

  • 攻撃UP系がないことに目を瞑れば、もののふとも相性がいい。高HP・高魔力・魔装備を一度に得られるため、時空魔戦士としての安定感が増す。

ヘイト取りに便利なバランスを習得できる稀有なジョブ。(他は赤魔戦士しかない)
時魔自身は盾運用に適さない能力だが、シカリあたりと組み合わせて無理やり盾運用するのも面白いかもしれない。