モンスター/【ラジエーター】

Last-modified: 2019-10-14 (月) 17:08:00

FF5

Lv40、HP900、MP1000、種族:なし。
攻撃力47、物理倍率8、素早さ30、魔力0。
防御力30、回避力0、魔法防御20、魔法回避0。
吸収属性:炎。無効化・弱点属性なし。カテゴリ弱点なし。
有効な状態異常:蛙・小人以外全て有効。
行動:

  • 1ターン目:何もしない。
  • 2ターン目:たたかう/得意技>クリティカル(1.5倍)。

ダメージへのカウンター:吸血/何もしない。
操る:たたかう/粘液/吸血。はなつ:吸血。
盗み:通常枠なし/レア枠ポーション。落とすアイテム:ポーション(6.25%)。
EXP:800。獲得ギル:417。
ボス系耐性なし。


第二世界ギードの祠で出現するブラッドスライムの色違い。


通常攻撃とクリティカルで攻撃してくる。
奇数ターンには何もしてこず、代わりに不自然な間があく。
このことから、1ターン目は「何もしない」で固定で2ターンループで行動していると思われる。


弱点は炎属性だが、レベルが40なのでレベル5デスで一掃した方が楽。
あやつることで青魔法きゅうけつのラーニングが可能。

  • 通常時の行動としては「きゅうけつ」は使用しない。

ダメージへのカウンターで吸血してくることがあるため、半端な火力で攻めるのは止めておこう。
ダメージを受けても何もしない場合もある。

  • 魔力を補強していない赤魔道士の属性強化ファイラ全体がけあたりだと、瀕死になったスライム集団にたかり殺されるというホラー映画じみた惨状も……。
  • また、狩人を使っていると時期的に少し前のレア盗み品である疾風の弓矢を持たせている可能性もあるが、ランダム発動の乱れ撃ちが危険を招きかねない。炎の弓矢への持ち替えを推奨。

炎弱点のため、「なげる」でかとんのじゅつを使えばこちらの魔力やレベルと無関係に一撃で一層できる(火遁の基礎値120が弱点で2倍・魔防無視となり、魔法倍率の最低保証値は4)。


何故見た目スライムのこいつが「ラジエーター(放熱装置)」なのか、地味にネーミングが謎。
冷却水のイメージ?


海外版では、Dark Aspic(闇の煮こごり)という怪しい料理名で呼ばれている。
本作にプリン系は登場しないので、本属がその代理出演だということを暗に示唆しているようだ。


ブラッドスライムは猛毒状態だが、ラジエーターはスリップ状態でも猛毒状態でもない。


決して○ぐれメタルではない。


1匹当たり経験値を800も貰えるが4匹出現する確率が低いのが残念。