Top > 武器 > 【疾風の弓矢】


武器/【疾風の弓矢】

Last-modified: 2019-07-16 (火) 22:28:04

武器/【疾風の弓】


「しっぷう」とも読めるが「はやてのゆみや」である。

  • 初出のFF5はゲーム中の表記はひらがななので漢字読みの勉強にもなる。

FF5 Edit

非売品の弓矢
エクスデス城の宝箱から入手できるほか、プアゾンイーグルからも盗むことができる。

  • プアゾンイーグルはレアにこれを持つだけなので、眠らせたりして盗むを繰り返せば
    比較的簡単に入手することが出来る。

命中率80%。「みだれうち」の発動率は25%。売ると4250ギルなり。
「みだれうち」が発動するため気にならないが、実は鞭と同じ計算がなされる模様。
つまり弓矢特有の回避半減が働かない。


攻撃力は69と第二世界の武器の中では威力が高く、たまに乱れ撃ちをするのがありがたい。
狩人は店売りより早く強力な武器が入手でき、これも盗んで入手した時点では他の店売り武器より頭一つ高い攻撃力がある。このため、たたかうのみでもかなりの戦力になる。おまけに追加効果の恩恵が大きすぎるので率先して入手していきたい武器である。

  • コマンドで選ぶ乱れ撃ちとは違い、物理攻撃が乱れ撃ちに代わる。狩人に装備させて「ねらう」を選ぶと乱れ撃ちになったりする。

またその性質から本来の乱れ撃ちでは出来ない組み合わせ、バーサク状態状態からの乱れ撃ちが可能。四回攻撃のダメージ値も上乗せされる。
みだれうちが基本必中なので発動した際の相性の良さは抜群である。
魔法か調合でバーサク化させボス戦で活躍させるのがベター。
アビリティの「バーサク」でも同様の強化が可能。
時間をかけアビリティを覚える手間を惜しまない方はバーサクを習得させるといいだろう。


大げさな考えかもしれないが、
1.強力なこの武器とツインランサーが第二世界で入手可能とわかる。
2.狩人と忍者の攻撃力アップになるので早期入手しジョブの使用頻度が上がりABPも貯まる。
3.ジョブマスターの負担が多少減り、強力なアビリティ「みだれうち」「にとうりゅう」も終盤に割と早めに習得。
4.これらのアビリティで他のジョブも強化でき、ABP稼ぎがそれほど苦ではなくなる。
こういう進め方していたなと過去のプレイを振り返った。
忍者と狩人が使えますよと暗に伝えているようでもあり、改めてゲームバランス調整されすぎと感心した。
スタッフの思惑通りなら脱帽ものです。

FF5(iOS/Android版) Edit

スマホ版では「狙う」では追加効果が発生せず、乱れ撃ちは「たたかう」選択時しか発動しない。
このため命中率80%と回避半減効果がない仕様によりミスを誘発させてしまう。


エクスデス(エクスデス城)が「たたかう」を選択した攻撃ならディスペルでカウンターするよう変更されたので、疾風の弓矢で発動するみだれうちに、ディスペルでカウンターする。


先頭にターゲットが固定されるバーサーカーでも、弓矢装備でみだれうちさせれば、ネクロフォビア戦のバリアなど地属性無効の後列敵にもダメージを与えられる。

DFFAC Edit

バッツスキンセット「ウェポンパックIII」に収録されている弓矢。

DFFOO Edit

「疾風の弓矢【V】」。☆5の
レナ専用装備かつ相性装備で、相性性能は「飛竜への想い」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+130(+26)、初期BRV+106(+21)、最大BRV+750(+150)、攻撃力+250(+50)、防御力+49(+9)、最大CP+35。


相性性能「飛竜への想い」により、『飛竜の矢』が1回使用でマスターするようになる。
さらに『飛竜の矢』『飛竜の矢+』使用時、自身の初期BRV依存のBRV加算が味方全体化しつつ加算量がアップする。
加えて付与効果「飛竜の加護」が味方全体化し、効果がアップし期間が延長され、「BRVリジェネ」が追加される。

PFF Edit

の1つ。レア3、風属性。
メインクエストの中盤でもたまに手に入る。最大まで強化して力+66、飛行特効2.5倍。
暗闇の弓矢からなり、突風の弓矢?になる。

FFRK Edit

「疾風の弓矢【V】」。FF5共鳴のレア4の。遠距離攻撃武器。

Lv攻撃力魔力精神命中
134(54)13(21)13(21)92
1553(104)20(40)20(40)
2059(124)23(48)23(48)
2565(143)25(55)25(55)
3072(162)28(63)28(63)