青魔法・敵の技/【リベンジブラスト】

Last-modified: 2020-09-04 (金) 14:14:03

アビリティ/【リベンジブラスト】


FF6

ストラゴスが始めから覚えている「おぼえたわざ(青魔法)」の1つ。
使用者の「最大-現在HP」の必中・魔法防御無視・無属性ダメージを与える。


他作品で「????」という名前の技と同じ効果。
せっかく名前がついたのに、このFF6限りでこの名前はお役御免となってしまった。残念。

  • 勿体ない話である。極一部では「????」と書かれたところを「リベンジブラスト」と読むこともある。
    具体的には某動画サイトでSofTalkを交えた解説の際に使用された。

相手の魔法回避率に関係なく、必ず当たる。

  • リベンジブラストの唯一の回避法はジャンプだよね。

ドラゴンパンドラブラックフォースが使う。
パンドラはHPが1500前後しかないので(ていうか、魔界の汽笛のほうがよほど怖い)使われても危険ではないが、
ドラゴンはHP7000、ブラックフォースはHP8940もあるので倒しそびれた際にこれを使われると即死しかねない。
特にドラゴンは遭遇時期的に瞬殺が難しいと思われるので注意。


バリアントナイフがこれの上位互換
勲章を使ってストラゴスに装備させ
スナイパーアイも併用すれば完全にこれの存在意義が消し飛ぶ。
普通はわざわざそんなことしないし、味方側は元からそんなに使う技でもないけど。

  • バリアントに素で必中効果がない時点で少なくとも互換ではない。

FF6(GBA版以降)

追加モンスター勢ではカイザードラゴンギルガメッシュも使用する。

  • 特にGBA版の裏ボスカイザードラゴンが使うと脅威。
    最終形態のHPは65500だが、味方が9999ダメージを与えた後では『かわす術が皆無の即死技』となる。
    カイザーの場合は、最終形態のカウンター攻撃としてコレを使うんで、全員でジャンプ→ダメージ与えて着地→コレ発動、という具合に。
    一人目が飛竜の角の連続ジャンプでHPを削りきれたとしても→ファイナルアタック発動。
    で、この場合のFAは単体対象アルテマなので9999カンストダメ…。
    よくここまで考えたな、というような攻撃方法。
    • それだけにクイックが重要。これの有無で勝率が思い切り変わる。
      最初の3人以内で止めを刺すなら全員ジャンプでも問題ないが。
    • ギルガメッシュもHPが減ると使わなくなるものの、与えたダメージ量次第では十分即死ダメージを受ける。

FF14

青魔法を50個ラーニングで、これのブルートーテムがもらえる。
敵単体に魔法ダメージを与える。自身のHPが20%以下(瀕死)の時、威力が10倍になる。
非戦闘時では自然治癒があることと、青魔道士が低HPで耐えられるほど打たれ強くないため使い勝手は悪い。