アクション/盾突き

Last-modified: 2020-03-17 (火) 19:24:35

MH4Gでチャージアックスに追加された新アクション。
文字通り盾で突く攻撃だが、シールドバッシュとは違い打撃属性はない。

概要 Edit

  • その名の通り、斧刃を盾として扱う剣モードでのみ使用可能。
    剣での攻撃やチャージをした後にX+A、または○+△を押すと派生し、
    MH4GとMHWorldではさらにもう一度同じ入力をすると高出力属性解放斬りに派生する。
    • MHXではこの派生は削除され、代わりに簡易属性強化回転斬りに派生するようになっていた。
  • モーションは盾本体で突く→盾を展開し、盾の刃のパーツだけを突き出すという流れ。
    また、二段目は属性強化状態なら属性解放斬りの半分のビンの効果が追加で発動する*1
    つまり榴弾ビンならビンが炸裂し、スタン値をこの技で蓄積できてしまうし、
    強属性ビンの場合でも盾突きを主体にすることで片手剣に匹敵するほどの手数を稼ぐことができる。
    また、この盾突きによるビン効果は盾にチャージされているビンを消費しない
    前述の通り多段ヒットするため、麻痺や睡眠といった状態異常値の蓄積に役立つ。
    ただし比較的斬れ味の消耗が激しい武器なので斬れ味消費の管理には気をつけたいところ。
  • チャージアックスの技にしては隙も少なく、DPSも優秀で非常に使い勝手が良い。
    特に溜め斬り→盾突き→溜め斬り→盾突き…のコンボは凄まじい速度でチャージが可能である。
    • 盾突きの部分を回転斬りにした方がチャージ速度はもっと速い上に単発の威力も大きいが、
      盾突きを絡めたコンボの場合は回転斬りに比べて隙が小さく、ついでにビンの効果も出せるという長所がある。
      状況によって使い分けよう。
  • 弾かれ無効の攻撃であり、オーバーヒート状態でも弾かれずさらに極限状態の強制弾かれをも無効にする*2
    とはいえ単発で出せる攻撃ではないので、狙いに行くのは少し厳しい。
  • SAに難のあったチャージアックスにとって待望のSAつき攻撃であり、
    溜め斬りとループさせることで安定したSAを保ちながら定点攻撃することが可能になった。
    しかし便利な上にSAまであるのは強すぎると判断されたのかWorldでSAが削除。
    そのため高出力などを出す際には気をつける必要がある。
  • ストライカーおよびレンキンスタイルでは使うことすら出来ない。
    特にレンキンスタイルでは、同じコマンドで簡易属性強化回転斬りが出てしまうので注意。

関連項目 Edit

武器/チャージアックス
アクション/シールドバッシュ


*1 属性強化の補正が乗らないので、補正込みの解放切りと比べると37%になる。
*2 正確には、弾かれモーションが用意されていない