SandBox

Last-modified: 2021-05-14 (金) 23:18:44

SandBox: お砂場(練習ページ)です。

↓色々な色があって視認性の確認に丁度いいので拝借↓

属性

火属性 (Red)水属性 (Blue)
氷属性 (DeepSkyBlue)雷属性 (goldenrod)
龍属性 (Maroon)

毒属性 (Purple)麻痺属性 (Olive)
睡眠属性 (Teal)爆破属性 (Orange)

氷や水は使われる色が逆になったりAquaのときもある
龍はPurpleが使われている場合もあるが毒とかぶるためMaroonの方が無難か
雷属性はよくGoldYellowが使われているが、この通り非常に見にくいのでgoldenrodの使用を推奨。

複属性

炎属性 (#d60700)
光属性 (darkkhaki)
雷極属性 (#c4b762)
天翔属性 (#4ae7ba)
熾凍属性 (#75668e)
奏属性 (Royalblue)
黒焔属性 (#860e54)
闇属性 (#330688)
紅魔属性 (#b01028)
風属性 (Gray)
響属性 (Darkslateblue)
灼零属性(indigo)
皇鳴属性(darkgoldenrod)

斬れ味

赤 (Red)橙 (DarkOrange)
黄 (Gold)緑 (Green)
青 (Blue)白 (Gray)
紫 (Fuchsia)空 (Darkturquoise) 空 (Aqua))

緑はLimeGreen、紫はPurpleが使われている場合もあり
白にSilverが使われていることがあるが読みやすさ的にはもう少し色の濃いGrayを推奨
空はシステム/斬れ味ではDarkturquoiseが使われているが各武器ページなどではAquaが多い。

基本16色

パレット

Black
(#000000)
Maroon
(#800000)
Green
(#008000)
Olive
(#808000)
Navy
(#000080)
Purple
(#800080)
Teal
(#008080)
Gray
(#808080)
        
Silver
(#C0C0C0)
Red
(#FF0000)
Lime
(#00FF00)
Yellow
(#FFFF00)
Blue
(#0000FF)
Fuchsia
(#FF00FF)
Aqua
(#00FFF)
White
(#FFFFFF)
        

カラーコード一覧(完成版)

black
(#000000)
(#000033)(#000066)navy
(#000080)
darkblue
(#00008b)
(#000099)(#0000cc)
 
mediumblue
(#0000cd)
blue
(#0000ff)
(#003300)(#003333)(#003366)(#003399)(#0033cc)
 
(#0033ff)darkgreen
(#006400)
(#006600)(#006633)(#006666)(#006699)(#0066cc)
 
(#0066ff)green
(#008000)
teal
(#008080)
darkcyan
(#008b8b)
(#009900)(#009933)(#009966)
 
(#009999)(#0099cc)(#0099ff)deepskyblue
(#00bfff)
(#00cc00)(#00cc33)(#00cc66)
 
(#00cc99)(#00cccc)(#00ccff)darkturquoise
(#00ced1)
medium
springgreen
(#00fa9a)
lime
(#00ff00)
(#00ff33)
 
(#00ff66)springgreen
(#00ff7f)
(#00ff99)(#00ffcc)cyan
(#00ffff)
aqua
(#00fff)
midnightblue
(#191970)
 
dodgerblue
(#1e90ff)
&size(px){Text you want to change};
(#20b2aa)
forestgreen
(#228b22)
seagreen
(#2e8b57)
darkslategray
(#2f4f4f)
limegreen
(#32cd32)
(#330000)
 
(#330033)(#330066)(#330099)(#3300cc)(#3300ff)(#333300)(#333333)
 
(#333366)(#333399)(#3333cc)(#3333ff)(#336600)(#336633)(#336666)
 
(#336699)(#3366cc)(#3366ff)(#339900)(#339933)(#339966)(#339999)
 
(#3399cc)(#3399ff)(#33cc00)(#33cc33)(#33cc66)(#33cc99)(#33cccc)
 
(#33ccff)(#33ff00)(#33ff33)(#33ff66)(#33ff99)(#33ffcc)(#33ffff)
 
&size(px){Text you want to change};
(#48d1cc)
medium
seagreen
(#3cb371)
turquoise
(#40e0d0)
royalblue
(#4169e1)
steelblue
(#4682b4)
darkslateblue
(#483d8b)
indigo
(#4b0082)
 
dark
olivegreen
(#556b2f)
cadetblue
(#5f9ea0)
&size(px){Text you want to change};
(#6495ed)
(#660000)(#660033)(#660066)(#660099)
 
(#6600cc)(#6600ff)(#663300)(#663333)(#663366)(#663399)(#6633cc)
 
(#6633ff)(#666600)(#666633)(#666666)(#666699)(#6666cc)(#6666ff)
 
(#669900)(#669933)(#669966)(#669999)(#6699cc)(#6699ff)(#66cc00)
 
(#66cc33)(#66cc66)(#66cc99)(#66cccc)(#66ccff)medium
aquamarine

(#66cdaa)
(#66ff00)
 
(#66ff33)(#66ff66)(#66ff99)(#66ffcc)(#66ffff)dimgray
(#696969)
slateblue
(#6a5acd)
 
olivedrab
(#6b8e23)
slategray
(#708090)
&size(px){Text you want to change};
(#778899)
medium
slateblue
(#7b68ee)
lawngreen
(#7cfc00)
chartreuse
(#7fff00)
aquamarine
(#7fffd4)
 
maroon
(#800000)
purple
(#800080)
olive
(#808000)
gray
(#808080)
skyblue
(#87ceeb)
lightskyblue
(#87cefa)
blueviolet
(#8a2be2)
 
darkred
(#8b0000)
darkmagenta
(#8b008b)
saddlebrown
(#8b4513)
darkseagreen
(#8fbc8f)
lightgreen
(#90ee90)
mediumpurple
(#9370db)
darkviolet
(#9400d3)
 
palegreen
(#98fb98)
(#990000)(#990033)(#990066)(#990099)(#9900cc)(#9900ff)
 
darkorchid
(#9932cc)
(#993300)(#993333)(#993366)(#993399)(#9933cc)(#9933ff)
 
(#996600)(#996633)(#996666)(#996699)(#9966cc)(#9966ff)(#999900)
 
(#999933)(#999966)(#999999)(#9999cc)(#9999ff)(#99cc00)(#99cc33)
 
(#99cc66)(#99cc99)(#99cccc)(#99ccff)(#99ff00)(#99ff33)(#99ff66)
 
(#99ff99)(#99ffcc)(#99ffff)yellowgreen
(#9acd32)
sienna
(#a0522d)
brown
(#a52a2a)
darkgray
(#a9a9a9)
 
lightblue
(#add8e6)
greenyellow
(#adff2f)
&size(px){Text you want to change};
(#afeeee)
&size(px){Text you want to change};
(#b0c4de)
powderblue
(#b0e0e6)
firebrick
(#b22222)
&size(px){Text you want to change};
(#b8860b)
 
&size(px){Text you want to change};
(#ba55d3)
rosybrown
(#40e0d0)
darkkhaki
(#bdb76b)
silver
(#c0c0c0)
medium
violetred
(#c71585)
(#cc0000)(#cc0033)
 
(#cc0066)(#cc0099)(#cc00cc)(#cc00ff)(#cc3300)(#cc3333)(#cc3366)
 
(#cc3399)(#cc33cc)(#cc33ff)(#cc33ff)(#cc33ff)(#cc6666)(#cc6699)
 
(#cc66cc)(#cc66ff)(#cc9900)(#cc9933)(#cc9966)(#cc9999)(#cc99cc)
 
(#cc99ff)(#cccc00)(#cccc33)(#cccc66)(#cccc99)(#cccccc)(#ccccff)
 
(#ccff00)(#ccff33)(#ccff66)(#ccff99)(#ccffcc)(#ccffff)indianred
(#cd5c5c)
 
peru
(#cd853f)
chocolate
(#d2691e)
tan
(#d2b48c)
lightgrey
(#d3d3d3)
thistle
(#d8bfd8)
orchid
(#da70d6)
goldenrod
(#daa520)
 
palevioletred
(#db7093)
crimson
(#dc143c)
gainsboro
(#dcdcdc)
plum
(#dda0dd)
burlywood
(#deb887)
lightcyan
(#e0ffff)
lavender
(#e6e6fa)
 
darksalmon
(#e9967a)
violet
(#ee82ee)
&size(px){Text you want to change};
(#eee8aa)
lightcoral
(#f08080)
khaki
(#khaki)
aliceblue
(#f0f8ff)
honeydew
(#f0fff0)
 
azure
(#f0ffff)
sandybrown
(#f4a460)
wheat
(#f5deb3)
beige
(#f5f5dc)
whitesmoke
(#f5f5f5)
mintcream
(#f5fffa)
ghostwhite
(#f8f8ff)
 
salmon
(#fa8072)
&size(px){Text you want to change};
(#faebd7)
linen
(#faf0e6)
light
goldenrod
yellow
(#fafad2)
oldlace
(#fdf5e6)
red
(#ff0000)
(#ff0033)
 
(#ff0033)(#ff0066)(#ff0099)(#ff00cc)fuchsia
(#ff00ff)
magenta
(#ff00ff)
deeppink
(#ff1493)
 
(#ff3300)(#ff3333)(#ff3366)(#ff3399)(#ff33cc)(#ff33ff)orangered
(#ff4500)
 
tomato
(#ff6347)
(#ff6600)(#ff6633)(#ff6666)(#ff6699)(#ff66cc)(#ff66ff)
 
hotpink
(#ff69b4)
coral
(#ff7f50)
darkorange
(#ff8c00)
(#ff9900)(#ff9933)(#ff9966)(#ff9999)
 
(#ff99cc)(#ff99ff)lightsalmon
(#ffa07a)
orange
(#ffa500)
lightpink
(#ffb6c1)
pink
(#ffc0cb)
(#ffcc00)
 
(#ffcc33)(#ffcc66)(#ffcc99)(#ffcccc)(#ffccff)gold
(#ffd700)
peachpuff
(#ffdab9)
 
navajowhite
(#ffdead)
moccasin
(#ffe4b5)
bisque
(#ffe4c4)
mistyrose
(#ffe4e1)
&size(px){Text you want to change};
(#ffebcd)
papayawhip
(#ffefd5)
&size(px){Text you want to change};
(#fff0f5)
 
seashell
(#fff5ee)
cornsilk
(#fff8dc)
lemonchiffon
(#fffacd)
floralwhite
(#fffaf0)
snow
(#fffafa)
yellow
(#ffff00)
(#ffff33)
 
(#ffff33)(#ffff66)(#ffff99)(#ffffcc)lightyellow
(#ffffe0)
ivory
(#fffff0)
white
(#ffffff)
 

CSS3拡張色

 

aliceblue
(#f0f8ff)
antique
white
(#faebd7)
aqua
marine
(#7fffd4)
azure
(#f0ffff)
beige
(#f5f5dc)
bisque
(#ffe4c4)
blanched
almond
(#ffebcd)
blueviolet
(#8a2be2)
 
brown
(#a52a2a)
burlywood
(#deb887)
cadetblue
(#5f9ea0)
chartreuse
(#7fff00)
chocolate
(#d2691e)
coral
(#ff7f50)
cornflower
blue
(#6495ed)
cornsilk
(#fff8dc)
 
crimson
(#dc143c)
cyan
(#00ffff)
darkblue
(#00008b)
darkcyan
(#008b8b)
dark
goldenrod
(#b8860b)
darkgray
(#a9a9a9)
darkgreen
(#006400)
darkkhaki
(#bdb76b)
 
dark
magenta
(#8b008b)
dark
olivegreen
(#556b2f)
darkorange
(#ff8c00)
darkorchid
(#9932cc)
darkred
(#8b0000)
darksalmon
(#e9967a)
dark
seagreen
(#8fbc8f)
dark
slateblue
(#483d8b)
 
dark
slategrey
(#2f4f4f)
dark
turquoise
(#00ced1)
darkviolet
(#9400d3)
deeppink
(#ff1493)
deep
skyblue
(#00bfff)
dimgray
(#696969)
dodgerblue
(#1e90ff)
firebrick
(#b22222)
 
floralwhite
(#fffaf0)
forest
green
(#228b22)
gainsboro
(#dcdcdc)
ghostwhite
(#f8f8ff)
gold
(#ffd700)
goldenrod
(#daa520)
green
yellow
(#adff2f)
honeydew
(#f0fff0)
 
hotpink
(#ff69b4)
indianred
(#cd5c5c)
indigo
(#4b0082)
ivory
(#fffff0)
khaki
(#f0e68c)
lavender
(#e6e6fa)
lavender
blush
(#fff0f5)
lawngreen
(#7cfc00)
 
lemon
chiffon
(#fffacd)
lightblue
(#add8e6)
lightcoral
(#f08080)
lightcyan
(#e0ffff)
lightgold
enrodyellow
(#fafad2)
lightgray
(#d3d3d3)
lightgreen
(#90ee90)
lightpink
(#ffb6c1)
 
light
salmon
(#ffa07a)
light
seagreen
(#20b2aa)
light
skyblue
(#87cefa)
light
slategray
(#778899)
light
steelblue
(#b0c4de)
light
yellow
(#ffffe0)
limegreen
(#32cd32)
linen
(#faf0e6)
 
magenta
(#ff00ff)
medium
aquamarine
(#66cdaa)
medium
blue
(#0000cd)
medium
orchid
(#ba55d3)
medium
purple
(#9370db)
medium
seagreen
(#3cb371)
medium
slateblue
(#7b68ee)
medium
springgreen
(#00fa9a)
 
medium
turquoise
(#48d1cc)
medium
violetred
(#c71585)
midnight
blue
(#191970)
mintcream
(#f5fffa)
mistyrose
(#ffe4e1)
moccasin
(#ffe4b5)
navajo
white
(#ffdead)
navy
(#000080)
 
oldlace
(#fdf5e6)
olivedrab
(#6b8e23)
orange
(#ffa500)
orangered
(#ff4500)
orchid
(#da70d6)
pale
goldenrod
(#eee8aa)
palegreen
(#98fb98)
pale
turquoise
(#afeeee)
 
pale
violetred
(#db7093)
papaya
whip
(#ffefd5)
peach
puff
(#ffdab9)
peru
(#cd853f)
pink
(#ffc0cb)
plum
(#dda0dd)
powder
blue
(#b0e0e6)
rosy
brown
(#bc8f8f)
 
royalblue
(#4169e1)
saddle
brown
(#8b4513)
salmon
(#fa8072)
sandy
brown
(#f4a460)
seagreen
(#2e8b57)
seashell
(#fff5ee)
sienna
(#a0522d)
skyblue
(#87ceeb)
 
slateblue
(#6a5acd)
slategray
(#708090)
snow
(#fffafa)
spring
green
(#00ff7f)
steelblue
(#4682b4)
tan
(#d2b48c)
thistle
(#d8bfd8)
tomato
(#ff6347)
 
violet
(#ee82ee)
wheat
(#f5deb3)
white
smoke
(#f5f5f5)
yellow
green
(#9acd32)
 

216色セーフカラー基準

 

R:FF基準R:CC基準R:99基準R:66基準R:33基準R:00基準
#FFFFFF#CCFFFF#99FFFF#66FFFF#33FFFF#00FFFF
      
#FFFFCC#CCFFCC#99FFCC#66FFCC#33FFCC#00FFCC
      
#FFFF99#CCFF99#99FF99#66FF99#33FF99#00FF99
      
#FFFF66#CCFF66#99FF66#66FF66#33FF66#00FF66
      
#FFFF33#CCFF33#99FF33#66FF33#33FF33#00FF33
      
#FFFF00#CCFF00#99FF00#66FF00#33FF00#00FF00
      
#FFCCFF#CCCCFF#99CCFF#66CCFF#33CCFF#00CCFF
      
#FFCCCC#CCCCCC#99CCCC#66CCCC#33CCCC#00CCCC
      
#FFCC99#CC99CC#99CC99#66CC99#33CC99#00CC99
      
#FFCC66#CC66CC#99CC66#66CC66#33CC66#00CC66
      
#FFCC33#CC33CC#99CC33#66CC33#33CC33#00CC33
      
#FFCC00#CC00CC#99CC00#66CC00#33CC00#00CC00
      
#FF99FF#CC99FF#9999FF#6699FF#3399FF#0099FF
      
#FF99CC#CC99CC#9999CC#6699CC#3399CC#0099CC
      
#FF9999#CC9999#999999#669999#339999#009999
      
#FF9966#CC9966#996699#669966#339966#009966
      
#FF9933#CC9933#993399#669933#339933#009933
      
#FF9900#CC9900#990099#669900#339900#009900
      
#FF66FF#CC66FF#9966FF#6666FF#3366FF#0066FF
      
#FF66CC#CC66CC#9966CC#6666CC#3366CC#0066CC
      
#FF6699#CC6699#996699#666699#336699#006699
      
#FF6666#CC6666#996666#666666#336666#006666
      
#FF6633#CC6633#996633#666633#336633#006633
      
#FF6600#CC6600#996600#666600#336600#006600
      
#FF33FF#CC33FF#9933FF#6633FF#3333FF#0033FF
      
#FF33CC#CC33CC#9933CC#6633CC#3333CC#0033CC
      
#FF3399#CC3399#993399#663399#333399#003399
      
#FF3366#CC3366#993366#663366#333366#003366
      
#FF3333#CC3333#993333#663333#333333#003333
      
#FF3300#CC3300#993300#663300#333300#003300
      
#FF00FF#CC00FF#9900FF#6600FF#3300FF#0000FF
      
#FF00CC#CC00CC#9900CC#6600CC#3300CC#0000CC
      
#FF0099#CC0099#990099#660099#330099#000099
      
#FF0066#CC0066#990066#660066#330066#000066
      
#FF0033#CC0033#990033#660033#330033#000033
      
#FF0000#CC0000#990000#660000#330000#000000
      

音色

白 (Gray)紫 (Purple)
青 (Blue)赤(Red)
緑 (Green)黄 (Gold)
空 (DeepSkyBlue)橙 (DarkOrange)

剣晶

  • 属性剣晶
    火炎剣水激剣雷神剣氷結剣龍王剣の5種類がある。
  • 状態異常剣晶
    猛毒剣麻痺剣睡眠剣の3種類。

刃薬

会心の刃薬減気の刃薬重撃の刃薬心眼の刃薬の4種類が確認されている。

アイテムビン

空きビン強撃ビン属性強化ビン
毒ビン麻痺ビン睡眠ビン
接撃ビンペイントビン
減気ビン打撃ビン
爆破ビン爆撃ビン

アックスビン

  • スラッシュアックス
    強撃ビン強属性ビン滅龍ビン麻痺ビン毒ビン減気ビンの6種が確認されている。
  • チャージアックス
榴弾ビン強属性ビン

比較

◆ペイントビン (Fuchsia)
◆属性強化ビン (Hotpink)
◆滅龍ビン (Maroon)
◆龍王剣 (Purple)
◆毒ビン (Purple)
◆毒ビン (龍属性と識別用: Blueviolet)
青緑(元の色味に近くなるように)
◆強属性ビン (可読性悪し: Lime)
◆強属性ビン (睡眠ビンと識別用: Lightseagreen)
◆強属性ビン (Limegreen)
◆強属性ビン (Green)
◆睡眠剣 (Teal)
◆睡眠ビン (氷/強属性ビンと識別用: Cornflowerblue)
◆睡眠ビン (Deepskyblue)
◆氷結剣 (Deepskyblue)
◆空色ゲージ (Darkturquoise)
◆水激剣 (Blue)
◆減気ビン (Blue)
◆減気 ビン (水属性と識別用: Navy)

睡眠ビンをtealから外すと水・氷属性に被ってしまう。
画面上の色として睡眠ビンは薄水色である。
同様に龍剣晶と毒属性は被っている。
しかし、滅龍ビンや龍やられのイメージからか
龍属性はMaroon(#800000)が多用されており問題にはなっていない
一方、減気と水属性は同時に使われる機会があり
配色に配慮する必要があるかも知れない。

標準16色から割り当てたもの
◆強属性ビン (Green)
◆睡眠ビン (Teal)
◆減気ビン (Navy)
◆氷結剣 (Deepskyblue)
◆水激剣 (Blue)

Green(#008000)とTeal(#008080)の判別性が悪くなる

◆雷属性(Gold)
◆雷属性(Goldenrod)
◆雷属性(#e5da0b)
◆雷属性(#c4a500)
◆雷属性(#d6b400)
◆雷属性(#c4c000)
◆麻痺属性(Olive)
◆爆破属性(Orange)

土台(見出し1)

  • 当大辞典Wikiにてよく使われている/活かしやすい表現の土台達

見出し2

  • 基本編:まずは一回試してみよう!
      応用編:慣れてきたら使ってみよう!

見出し3

  • リンク(編集ルールへLet's go!)
      特定の位置に飛ぶ(禁止行為にも目を通そう!)
  • 強調したい!
      大きな文字で
  • 何だか斜めだ
      そう、台詞を呟く様に…
  • 取消線で失礼
      え?失礼なら書くなって?
  • 下線を引こう
      ココ重要ですヨ!
  • 色を付けたい
      例えばこんな注意表示にも
  • 注釈を付ける*1
      隣に出ていた番号を押してみよう

    参考

    -[[リンク(編集ルールへLet's go!)>編集ルール]]
      [[特定の位置に飛ぶ(禁止行為にも目を通そう!)>編集ルール#hb66e91a]]
    -''強調したい!''
      &size(20){''大きな文字で''};
    -'''何だか斜めだ'''
      '''そう、台詞を呟く様に…'''
    -%%取消線で失礼%%
      &color(silver){%%え?失礼なら書くなって?%%};
    -%%%下線を引こう%%%
      %%%''ココ''重要ですヨ!%%%
    -&color(red){色を付けたい};
      &color(yellow,black){例えばこんな注意表示にも};
    -注釈を付ける((表示されていた番号に飛んで行くよ))
      隣に出ていた番号を押してみよう
    //ページに載せずにひっそりと
    //#br または &br;
    //↑強制的に一行空ける
    

その他の表現の皆さん

  • 箇条書き1
    • 箇条書き2
      • 箇条書き3
         
    • 箇条書き2でも下の様に崩れる時があります
  • そんな時は空行を無くすか、直前の行に「-」だけを入れてみましょう*2
  1. 番号1-1
  2. 番号1-2
  3. 番号1-3
    1. 番号2-1
    2. 番号2-2
    3. 番号2-3
      1. 番号3-1
      2. 番号3-2
      3. 番号3-3
定義1
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つれならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
定義2
ABCDEFG
HIJKLMNOP
QRSTUVWXYZ
定義3
因みに下の様に箇条書き関連を組み合わせると崩れます
  • 崩さない為には箇条書き関連を使わないのは勿論、空行を挟まずに改行しましょう*3

引用文1

引用文2

引用文3

 
  • 小さく折り畳む

    ←を押してみよう

    ←を押すともう一度畳めるヨ!
    使い過ぎるとページが重くなるから気を付けよう

 
  • AA(アスキーアート)の表示

    AA

        ○○○                                ______ ______
      ○ ・ω・ ○ つよいぶき よわいぶき そんなのひとのかって \ ∨ /
       ○○○   ほんとうにつよい はんたーなら          <o゚ω゚o>
      .<(,_uuノ   じぶんのすきなぶきで かてるようになるべき   .c(,_uuノ
    
 
  • 表を作りたい時は…
     
     
     
     
 
武器種   
大剣   
太刀   
片手剣   
双剣   
ハンマー   
狩猟笛   
ランス   
ガンランス   
スラッシュアックス   
スラッシュアックスF   
チャージアックス   
アクセルアックス   
操虫棍   
穿龍棍   
マグネットスパイク   
ライトボウガン   
ヘビィボウガン   
   
オトモ武器   
 

参考

#shadowheader(3,その他の表現の皆さん)
-箇条書き1
--箇条書き2
---箇条書き3
#br
-
--&color(silver){箇条書き2でも下の様に崩れる時があります};

--&color(silver){そんな時は空行を無くすか、直前の行に「-」だけを入れてみましょう};((箇条書き3を直す場合は「--」))

+番号1-1
+番号1-2
+番号1-3
++番号2-1
++番号2-2
++番号2-3
+++番号3-1
+++番号3-2
+++番号3-3

:定義1|いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つれならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
::定義2|ABCDEFG
HIJKLMNOP
QRSTUVWXYZ
:::定義3|因みに下の様に箇条書き関連を組み合わせると崩れます
-&color(silver){崩さない為には箇条書き関連を使わないのは勿論、空行を挟まずに改行しましょう};((定義1であれば箇条書き2が、定義2であれば箇条書き3が丁度良い位置に来ます))

>引用文1
>>引用文2
>>>引用文3

#br
-小さく折り畳む
#region(←を押してみよう)
←を押すともう一度畳めるヨ!
使い過ぎるとページが重くなるから気を付けよう
#endregion

#br
-AA(アスキーアート)の表示
#region(AA)
#aa{{
    ○○○                                ______ ______
  ○ ・ω・ ○ つよいぶき よわいぶき そんなのひとのかって \ ∨ /
   ○○○   ほんとうにつよい はんたーなら          <o゚ω゚o>
  .<(,_uuノ   じぶんのすきなぶきで かてるようになるべき   .c(,_uuノ
}}
#endregion

#br
-表を作りたい時は…
#br

|~ |~ |~ |~ |~ |h
||BGCOLOR(white):COLOR(black):|BGCOLOR(white):COLOR(black):|BGCOLOR(white):COLOR(black):|BGCOLOR(white):COLOR(black):|c
|~ |~ |~ |~ |~ |
|~ |~ |~ |~ |~ |
#br

|~武器種|~ |~ |~ |h
||BGCOLOR(white):COLOR(black):|BGCOLOR(white):COLOR(black):|BGCOLOR(white):COLOR(black):|c
|~大剣|~ |~ |~ |
|~太刀|~ |~ |~ |
|~片手剣|~ |~ |~ |
|~双剣|~ |~ |~ |
|~ハンマー|~ |~ |~ |
|~狩猟笛|~ |~ |~ |
|~ランス|~ |~ |~ |
|~ガンランス|~ |~ |~ |
|~スラッシュアックス|~ |~ |~ |
|~スラッシュアックスF|~ |~ |~ |
|~チャージアックス|~ |~ |~ |
|~アクセルアックス|~ |~ |~ |
|~操虫棍|~ |~ |~ |
|~穿龍棍|~ |~ |~ |
|~マグネットスパイク|~ |~ |~ |
|~ライトボウガン|~ |~ |~ |
|~ヘビィボウガン|~ |~ |~ |
|~弓|~ |~ |~ |
|~オトモ武器|~ |~ |~ |
#br

目次に載らない見出し(見出しレベル3)

目次に載らない見出し(にジャンプするように見せかける)








アクション/ジャンプ

溜め・強溜め
ジャンプ斬り

溜め斬り、強溜め斬り

  • なんと大剣の看板である溜め斬り、強溜め斬りの威力が前作より弱体化されてしまっている
    後述のアップデート前はモーション値が2,3割ほど削られていた。高い溜め段階ほど弱体化が激しい。でもやっぱり楽しいよね

ジャンプ斬り

  • 今作の大剣は場所を問わず溜められるようになっている。
    段差や壁からジャンプしながら溜められるようになり、また斬る向きも自由に変えられる。








イベント・メディア展開/モンスターハンター(映画)

注意事項(記事編集前に必ずご一読ください)
当記事に限らず、公開前の作品に関して情報を記載する場合、
公式・書籍等で確定した情報のみを記載してください。
妄想・予想の類の記述は編集ルール違反となり、悪質な場合規制対象になります

概要

モンスターハンター初の実写映画化作品。予算を妥協しない事で知られるハリウッドで制作されている。
日本では2021年3月26日に公開予定。
主演は同じCAPCOM作品から実写化されたバイオハザードシリーズでも主役を務めたミラ・ジョヴォビッチ。
監督は彼女の夫で同じくバイオハザードの実写映画全作品でも監督を努めたポール・W・S・アンダーソン。本作の脚本も努めている。

予告編・インタビュー映像

ストーリー・あらすじ

内容は現代に住む軍人らのグループ一行が何らかの理由でMHの世界に飛ばされてしまう所から始まるようで、
当然ながらゲーム本編では見られない現代兵器も登場する。

キャラクター・登場人物

  • ナタリー・アルテミス
  • ザ・ハンター
  • リンク
  • ミーガン・グッド
  • ディエゴ・ボネータ
  • ハンドラー
  • アドミラル:ロン・パールマン
  • ジョシュ・ヘルマン

登場するモンスター

  • 本家のゲームシリーズの醍醐味であるモンスターはMHW準処で描かれており、
    予告編ではリオレウス,ディアブロス亜種の存在が確認できる。
    最新の予告映像ではMH4出身であるネルスキュラや
    ゴア・マガラも登場しており「狂竜症の影響などが描写されるのか」などの注目を集めている。
    • しかし、海外メディアの監督インタビューにて「6体ほどしか登場させられなかった
      という回答を監督がしている。上述の4体以外にも小型モンスターであるアプケロスが登場するが、
      この発言が本当かつ小型を含めた数なら判明していない登場モンスターは残りわずか1体という事になる。
      後に公開された中国版の予告映像ではほんの一瞬だが「ヒレを持つモンスター」が映っており、
      上記のように「小型を含めた6体」だった場合は登場モンスターはこれで全部ということになる
      ただし本作の続編の製作がすでに始まっている事が示唆されており、
      「出そうだけど出なかったモンスターがいてもそちらで登場する可能性もある」という事は留意されたし。

キャスト・スタッフ

  • ナタリー・アルテミス:ミラ・ジョヴォヴィッチ
  • ザ・ハンター:トニー・ジャー
  • リンク:ティップ・“T.I.”・ハリス
  • ミーガン・グッド
  • ディエゴ・ボネータ
  • ハンドラー(受付嬢):山崎紘菜
  • アドミラル:ロン・パールマン
  • ジョシュ・ヘルマン

余談

  • 本作の監修・制作にはゲーム本編のシリーズでお馴染みの辻本Pの開発者達が関わっている。
  • 本作にはモンスターのグラフィックデザインや登場人物、スリンガーなどを始め、MHWを彷彿とさせる要素が多い。
  • 日本語版に先行して諸外国において公開されたが、映画のレヴューの中にはあまり芳しくないものも少なくない。あまりハードルは上げすぎない方がいいだろう。

関連項目








ゲーム用語/プリレンダムービー

  • 予め「レンダリング(描画)」された映像のこと。
    ゲーム機やPCが持つGPU(グラフィック描画を司るプロセッサ)がリアルタイムで描画するのではなく、
    事前に「開発機に使われるような、高性能コンピューター」を用いてレンダリングを行い、
    それをゲーム内で「動画」として再生する技術の事を呼ぶ。
  • 主に「美麗な映像を流したいが、GPUのパワー不足でリアルタイムで描画出来ない」時に用いられる。
    美麗な映像は「鑑賞する側にも迫力ある一面として冴える」モノであるが、
    用いているGPUの能力によっては、それをリアルタイムで実現するのが困難または不可能である事がある。
    こういった場合や、ハードウェア側のスペック問わずに「美麗な映像を流したい」時に本手法が用いられる。
    • ここまで読んで想像に難くないと思うが、
      対として存在するのは「リアルタイムレンダリングムービー」である。
      こちらは、文字通り「GPUがリアルタイムで描画を行い、1つの映像として形成する」モノである。
      2000年代までのゲーム機はGPUのパワーが足りなかったために「プリレンダリング」が多かった一方、
      十二分なパワーを備えた、2010年代以降のGPUを備えたPC及びゲーム機では、
      ゲームのグラフィックそのもののクオリティが向上、
      かつて「プリレンダリング」として流していたムービーと遜色ない映像を、
      実際のゲームプレイの映像として描画できる事が増えてきたため、
      今日ではプリレンダリングムービーの採用は減り、
      リアルタイムレンダリングムービーとして、
      リアルタイムゲーム演出の1つにそのまま組み込まれている事が増えている。*4
  • 高性能コンピューターによって作成、描画された映像なだけあって、
    その映像はゲームプレイ中の画質と比較して、非常に美麗である事が多い。
    モンハンシリーズに於いても、MHW以前は「モンスターの生態ムービー」を始めとして、
    様々な所でプリレンダリングムービーが用いられてきた。
    しかし、上述した通り技術の革新によってGPUの性能が進化、
    リアルタイムでもプリレンダリングムービーと遜色ない映像を、
    リアルタイム描画できるようになったため、
    特にMHW以降でプリレンダリングムービーが採用されるケースは減っている。
    • 逆に言えば、プリレンダリングムービーをを用いれば
      「実際のゲームプレイ映像以上に美麗な映像を魅せる事ができる」事でもあるため、
      2010年代までのゲームソフトのCMやPV、OPやED等ではよく用いられていた。
      このため、これら映像と実際のゲームプレイ映像の乖離に不満を覚えた人が、
      「プリレンダ詐欺」と揶揄される事が多々あった。
      また、その逆にごく一部のゲームソフトは、
      リアルタイムレンダリングでの映像を魅せてCMやPV等を打っていたケースも有り、
      こちらは、その美麗さをゲームプレイでも実感できることから大きな話題になることが多かった。
  • 概要は以上として、当記事ではストーリームービーと併せて紹介する。
    登場ムービー生態ムービーオープニングムービーの詳細にについては各記事を参照。
    基本的にモンハンシリーズではオープニングムービー、ストーリームービー、生態ムービーに使用される。
    モンスターの登場ムービーは基本的にリアルタイムの画質とほぼ一緒で使われていなかったがMHWorldではよく見ると使用されているようだ。
    MHWorld以降になってからはグラフィックと画質が従来のシリーズから飛躍的に向上した為あまり区別されていない。
    ストーリームービー、登場ムービーでは使用されているが、驚く程相違点が無い。
    これ以降は各シリーズのストーリームービーの内容について解説する。

MH(G)

MH2・MHP

MHP2(G)

MH3(G)

MHP3

MH4(G)

MHX(XX)

ミラボレアスもまた参戦している、、、、が、シュレイド城の画質が良くなりすぎて少し浮いてる雰囲気あり。

MHWorld(W:I)








シリーズ/モンスターハンターストーリーズ2 ~破滅の翼~

注意事項(記事編集前に必ずご一読ください)
当記事に限らず、発売前の作品に関して情報を記載する場合、
公式・書籍等で確定した情報のみを記載してください。
妄想・予想の類の記述は編集ルール違反となり、悪質な場合規制対象になります
 

その絆が世界を破滅させる。

 

2020年9月17日に発表された、モンスターハンターシリーズの派生作品。
モンスターハンターストーリーズの直接の続編に当たる作品で、公式による略称は「MHST2」。
2021年夏に発売予定。対応機種はNintendo Switch
公式サイトはこちら

概要

  • 2020年9月17日に行われたニンテンドーダイレクトminiにて、
    モンスターハンターライズと併せて電撃発表された作品。
    前作同様ゲームジャンルはRPGとなっており、
    初公開時には公式で「モンスターハンターシリーズのRPG最新作」と銘打って紹介された。
  • 前作の4年後の世界を舞台にしており、
    モンスターライダー」や「絆石」、「オトモン」と言った独自の用語や、リリアやリヴェルトなどの前作に登場したキャラクターも登場する。
  • グラフィックも前作とほぼ同じタッチのアニメ寄りな描写だが、登場人物の頭身は上がっているのが確認できる。
    これは、より幅広い層に受け入れられることを目的に検証を重ねた結果とのこと。
    また、対応ハードが3DSやスマホからSwitchに移ったことで、画質は大きく向上している。
  • タイトルロゴは大きく変更され、MHWorldのものに近くなっている。
    また、タイトルに副題が付けられたのも本作からということになる。
  • 前作の大きな特徴として「モンハン語音声に日本語字幕が付けられたストーリームービー」があったが、
    本作ではこの点が見直されており、
    PVを見る限りではムービー内の言語も完全に日本語音声(つまりMH:Worldの初期設定と同様)に変更されている。
    前作のムービーのようにモンハン語音声が収録されているかは現時点では不明。
  • PVを見る限り、アンジャナフなどの一部のモンスターは明らかに普通ではない状態の個体が登場している。
    具体的には、全身に赤紫~ピンクがかったオーラを身にまとい、
    眼が激昂状態の怒り喰らうイビルジョーのような赤い円球のような形になっている。
    PVを視聴する限りでは、前作の黒の凶気とはまた別の要素による異常個体のようにも見えるが…?
  • 主人公が装備できる武器は6種類あることが発表されている。
    このうち4種類は前作でも使えた大剣・片手剣・ハンマー・狩猟笛。
    残り2種類のうち1種類はガンランスであり、
    残りの1種類に関しては今後発表されるとのこと。
  • MHWorldにあった導蟲も登場するようだが、
    開発者インタビューによるとどうやらWorldとは別の使い方がされる存在として続投するようだ。
  • 武器には前作の4武器種に加えて、弓とガンランスが追加された。
  • 戦闘システムは前作を踏襲しつつ、三すくみのタイプがついた技の増加や、
    前作ではボスモンスターにしか存在しなかった部位破壊ギミックをフィールドの大型モンスターに搭載したりと、
    本編のように立ち回りによっては相手モンスターを制御し、より戦略的な「モンハンらしさ」を実現したバトルが楽しめるように進化している。
  • 今作から共闘パートナーと一緒にバトルすることが可能になり、最大2人2匹でバトルすることが可能になった。
    ダブルアクションは共闘パートナーとの間でも発生するので、ダブルアクションを発生させやすくなる。
  • 通信プレイでは、協力してダンジョンを攻略してレアな卵を手に入れることができる「共同探索クエスト」や、
    指定されたモンスターの討伐を目指す「共闘討伐クエスト」、指定された様々な条件の達成を目指す「共闘トライアルクエスト」など、
    協力して目標の達成を目指すコンテンツが登場した。前作のように育てたオトモンとキャラクターで戦う「対戦バトル」も可能。
  • 辻本プロデューサーによると本作は、
    「モンスターハンターシリーズ経験者はもちろん、全てのRPGファンに楽しんで頂ける作品」となることを念頭に
    開発が行われているとのこと。
    また、前作経験者だけでなく本作から新たに始めると言う人にも楽しんでもらえる設計を目指しているようだ。
    • RPGでの続編と言うと、途中から入るとストーリーが分かりにくくなるという問題が起こることがあるが、
      本作は前作を経験していなくてもストーリーが分からないなどと言うことはない、と辻本Pが明言している。
  • 先に発売される「モンスターハンター ライズ」とは、相互に連動要素が登場することが予告されている。

キャラクター

主人公

  • 常夏の島にある、マハナ村で育った新米のライダー。
    島の神と称される、護りレウスと絆を結んでいたライダー・「レド」の孫にあたる人物。
    各地で発生する奇妙な現象、そしてレドの旅路を辿るため、竜人の少女・「エナ」と共に島を出る。
    左腕に装着している絆石は、前作主人公含むハクム村のライダーたちが身に着けていたものと酷似している。
  • 前作同様、男女の選択をはじめとするキャラクタークリエイトが可能。

エナ

  • 主人公の祖父・レドを知る竜人の少女。
    異常現象の“真実”を知るため、「伝説のレウス」と危惧されるタマゴを主人公に託し、共に旅立つ。
    自分の気持ちに正直な性格。
  • 彼女はライダーではないようだが、なぜか彼女も左腕に絆石を身に付けている。
    形状は主人公のものと微妙に異なっているが、なぜライダーでもない彼女が絆石を身に付けているかは謎。
    • ちなみに彼女の絆石の見た目は、本作のタイトルロゴの後ろに描かれた物体によく似ている。

ナビルー

  • 各地を旅する不思議な顔のアイルー。さすらいの旅の途中、主人公と出会う。
    冒険好きで常にポジティブ。食いしん坊でドーナツが好き。
    駆け出しの主人公をナビゲートする。
  • 前作に続いての登場となるキャラクター。
    黒の凶気」に関わる一連の事件解決後、前作主人公の元を離れ、旅に出る事を決めたようだ。
    詳しい経緯は不明だが、双方共に納得した上での平和的な別れであるとのこと。

レド

  • 主人公の祖父に当たる人物で、「伝説のライダー」と称される人物。
    各地で発生する異常現象の真実を知るべく、オトモンの護りレウスと共に旅を続けてきた。
  • 過去回想で登場する青年の頃のレドはシルバーソルシリーズと思われる防具を着て、
    オトモンの護りレウスと共に様々なモンスターと激戦を繰り広げていたようだ。

ケイナ

  • マハナ村のライダー。主人公の先輩ライダーに当たる。オトモンはドスランポスの“アフマル”。
    気風が良く、自由奔放な性格で、口癖は「ウキウキワクワクですっ!」
    ライダーとしての基本を教え、冒険に出る主人公の背中を押す。

アルマ

  • ルトゥ村のライダー。オトモンはレイギエナの“シハク”。
    眉目秀麗で寡黙な青年で、振舞いや言葉遣いが素っ気ないようにも見えるが、
    初めてできた人間の友人・レドの孫である主人公を気にかける。

ツキノ

  • カイルのオトモアイルー。
    頭の上のフワフワクイナは飛ぶことができる特殊な個体。
    落ち着いた穏やかな性格で、カイルを信頼して支えながら、伝説のレウスを取り巻くとある異様な状況を気にかけている。
    • PVでは「ツキが来てる…」と意味深なセリフをつぶやいていた。

破滅レウス

  • エナに託されたタマゴからふ化し、主人公のオトモンとなる、翼の小さなレウス。
    『翼羽ばたくとき、世界は消滅するー…』
    その翼は伝説の通り、空を飛ぶことができないものだった。
  • 本来ならば大きく開くはずの翼は青黒く変色し、固く閉じられたままと言う異質な個体のリオレウス。
    前作に登場した「隻眼のリオレウス」と同じく、物語で極めて重要な存在となることが予想される。

カイル

  • 破滅レウスの行方を追う、若きハンター。モンスターと共存するライダーを信用せず、レウスの捕獲を試みる。
    破滅の力を持つレウスを匿う主人公を敵視している。
    何事にもまっすぐで、正義感が強い性格。 オトモはツキノ。武器は弓を扱う。
  • PVでは暴走したレウスにを止めるため、弓を引き絞って狙いを定める場面も。

リリア

  • ハンターが集う大都市・ルルシオンの王立書士隊支部にて、部隊長を務める少女。
    伝説のレウスの調査を遂行し、主人公からレウスを捕獲する。
    ライダーへの理解はあるものの、部隊長として破滅の翼を持つレウスをどうするべきか、自分がどうあるべきかを葛藤する。
  • 前作から4年が経って、立派な書士隊の部隊長にまで成長した。あまりの変貌にすぐにはリリアだと見抜けなかった人も多かった模様。

リヴェルト

  • 優れた狩猟技術を備えたハンター。リリアの側近として、王立書士隊と行動を共にする。
    モンスターと絆を結ぶライダーの存在について理解し、主人公をサポートする。
  • 前作から4年が経ってもほとんど変わらない外見で登場。前作では太刀を振るうのはムービーシーンだけだったが、今作では共闘パートナーとして一緒に戦うこともできるようだ。

謎のライダーたち

  • 正体不明のライダーたち。 レウスの強奪を指示され、主人公たちの行く先を阻む。 その姿は謎に包まれている…。
  • それぞれ同じ装備を身に着け、ティガレックス、ナルガクルガ、イャンガルルガに乗っている。

登場モンスター

獣人種
アイルー
草食種
アプトノス
ケルビ
アプケロス
ポポ
リモセトス
甲虫種
ブナハブラ
クンチュウ
鳥竜種
ランポス
ドスランポス
イャンクック
ゲリョス亜種
イャンガルルガ
ジャギィ
ジャギィノス
ドスジャギィ
ドスバギィ
ガーグァ
クルルヤック
プケプケ
甲殻種
ヤオザミ
牙獣種
アオアシラ
ウルクスス
ガムート
飛竜種
リオレウス
フルフル
モノブロス
ティガレックス
ナルガクルガ
パオウルムー
レイギエナ
バゼルギウス
魚竜種
ガノトトス
獣竜種
ドボルベルク
ディノバルド
アンジャナフ
海竜種
ルドロス
ロアルドロス
タマミツネ
牙竜種
トビカガチ
古龍種
ネルギガンテ








旧古龍級生物一覧表(一部抜粋)

ラージャン
「超攻撃的生物」と呼ばれ、牙獣種でありながら伝承に名を残す存在。
初登場であるMH2及びハンター大全において「その力は唯一古龍に匹敵する
遂に幕を打って出た黄金の獅子は、古の龍でさえも畏怖する」との記述があり、
実際に黄金の獅子と化して強大な大型古龍と互角に渡り合うという驚くべき縄張り争いが実装されている。
MHW:Iにおいてキリンを襲い、角をへし折って食べる姿が公開された。
激昂したラージャン
超攻撃的生物たるラージャンの特殊個体。
常時興奮状態となったラージャンであり、底なしの凶暴性と溢れ出るエネルギーを本能のまま解放する。
外敵から反撃を受けると怒り状態をも超えた「激昂状態」に突入し、
黄金の獅子をも遥かに上回る戦闘力でもって周囲を破壊しつくさんと暴走する。
言ってみれば「常から黄金の獅子と化しているラージャン」であり、
寿命と引き換えにラージャンの上位互換に近い戦闘能力を獲得した存在と言える。
ディアブロス亜種
繁殖期を迎え、通常種よりも遥かに凶暴化した角竜ディアブロスの雌のうち、
長年に渡って古龍種の生体エネルギーの影響を受け強大化した個体。
MHW公式設定資料集では、数々の死線を潜り抜けた歴戦の個体ともなれば、
その実力は古龍種にも匹敵するほどであると紹介されている。
シェンガオレン
ラオシャンロンの頭骨を背負う超大型の甲殻種。
自分の縄張りに邪魔な物を見つけると排除を試みる習性から、
移動ルートに建造物があると積極的に破壊しようとするため、町や拠点に甚大な被害を及ぼす。
このことから、出現するとラオシャンロン出現時と同規模の厳重な厳戒態勢が敷かれることとなる。
アカムトルム
"獄炎の覇王"と呼ばれる原初の超大型飛竜。「黒き神」の異名を持つ。
公式において古龍に匹敵する圧倒的な力を持つと明言された数少ないモンスターで、
かつて天敵が存在しないとさえ考えられていた鎧竜グラビモスすら単なる食料に過ぎない。
その出現が把握された場合はハンターズギルドから非常事態宣言が発令され、国家レベルでの対応が取られることもある。
ウカムルバス
アカムトルムと対を成す「白き神」と呼ばれる存在。
ハンターズギルドによる分析では覇竜アカムトルム以上に危険なモンスターと結論付けられており、
実際にフラヒヤ山脈の最奥部で発見されたある個体は、出現とほぼ同時期に近隣の小村を襲撃、
詳しい被害報告を出す事さえもできないほどの壊滅的な被害をもたらしている。
アカムトルムと双璧を成した時、世界は崩壊するという伝承さえあり、実際に作中で強大な大型古龍種と同等の危険度に定められている。
イビルジョー
暴食の権化たる特級の危険生物。
極めて高い環境適応能力、各地域の頂点捕食者を易々と捩じ伏せるほどの戦闘力を併せ持ち、
出現した地域一帯のモンスターを食らい尽くして生態系を崩壊させてしまう恐るべき存在である。
MHW公式設定資料集においてその危険性は古龍種と肩を並べるとされており、
公式ムービーなどでは前述のラージャンと同格の存在として扱われている。
また、作品によっては古龍種であるキリンやラージャンに対して捕食行動を行う。
怒り喰らうイビルジョー
生態系の破壊者たるイビルジョーの特殊個体。
本来あり得ない程の年月を生きたことで空腹を司るリミッターが外れ、
常時猛烈な飢餓感に苛まれた結果、捕食本能が強くなり過ぎてしまったイビルジョーであり、
喰らえば喰らうほど、戦えば戦うほど強大化するという異常な性質を獲得している。
その危険度は通常個体を遥かに上回るとされ、ハンターズギルドにおいては
狩猟中に遭遇した場合は即撤退が徹底されるほどの脅威として扱われている。
他種のみならず同種をも貪り続けたことで自身の命をも蝕むほどの膨大な龍属性エネルギーを獲得しており、
戦闘時はそれを撒き散らしながら暴れ回り、時にはオーラのように噴出させる。
作中では強大な大型古龍種の出現地域に乱入、鉢合わせた古龍と直接縄張り争いを繰り広げる姿が確認されており、
前述のラージャンと共に「大型古龍と渡り合える力を持つ」ことが明確に示された希少な例の一つである。
ゴア・マガラ
現時点でどの種族に属するか一切不明。
成熟すると古龍種になることや、ゴア・マガラ単体でも他の大型モンスターが一切乱入しないことから、
設定上では純粋な古龍に次ぐ力を備えている可能性が高い。
渾沌に呻くゴア・マガラ
黒蝕竜ゴア・マガラの特殊個体。
天廻龍シャガルマガラの放出する成長阻害の性質を持った狂竜物質によって天廻龍への転生を阻害され、
古龍としての力を宿すほどに成熟しながらも脱皮不全に陥ってしまった状態のゴア・マガラを指す。
ゴア・マガラ同様に他の大型モンスターによる乱入が一切発生しないのは勿論、
作品によっては出現したエリアの小型モンスターが姿を消すという古龍然とした演出が存在しており、
通常個体よりも更に古龍種に近い存在として扱われている。
極限個体
狂竜ウイルスを克服し、その力を己のものとしたモンスターたち。
極限個体となったモンスターは自らが狂竜ウイルスの感染源となって周りのモンスターを狂竜化させるため、
本来狂竜ウイルスを散布するシャガルマガラ同様、周囲の生態系に大きな影響を与えることになる。
また、大長老からは「生物としての域を凌駕する」とまで評される凄まじい戦闘力を誇り、
実際に極限状態となったセルレギオスは狂竜化したイビルジョーをも上回る脅威''とされ、
その個体は地域一帯の同種を駆逐してしまうほどの猛威を振るっていた。
モンスターの強さランクにおいても極限化した個体は全て最強ランクに定められており
設定上でも古龍種であるキリンを上回る戦闘力を有する*5ことがほぼ明確である。
稀に古龍のように街を襲撃することもあるが、その際は古龍種と同等レベルの大規模な掃討作戦が展開される。
なお、上記の通り既に古龍級生物であるラージャンやイビルジョーにも極限個体が存在する。
そのため、極限状態のラージャン及びイビルジョーは謂わば同位の古龍級生物を超えた古龍級生物である。
アトラル・カ
凄まじい規模の巣を作るのみならず、それを自らの手で操り動かす甲虫種。
本体のみのスペックとヒエラルキーは一般的な大型モンスター程しかないのだが、
様々な物体と放出する糸を用いて巣となる『アトラル・ネセト』を構築、これを自在に操る生態を持つ。
『アトラル・ネセト』は超大型古龍にも匹敵するサイズを誇っており、
ラオシャンロンやシェンガオレンの撃退などに使用される堅牢な砦を踏み崩すほどの破壊力を持つ。
また非常に優れた知能も有し、特に人工物が自らにとって有益なものだと理解しており、
建造物を意図的に破壊するなどして得た残骸を『アトラル・ネセト』の強化に使用、
更には撃龍槍その他の人工物を『武器』として操るなど、強大な戦闘力を発揮する。
「人工物を利用する」という危険な生態、そして際限なく巨大化していくアトラル・ネセトの存在は
人間にとって恐るべき脅威であり、作中においては
極めて強大な超巨大古龍にも匹敵する危険度に定められている。
バゼルギウス
新大陸に生息する飛竜種。
獰猛な性格に高い戦闘力と飛行能力を併せ持ち、新大陸の各地に飛来しては誰彼構わず攻撃を加える。
狩りの際は爆発性の鱗を撒き散らし爆発の嵐を巻き起こすという、
他人の迷惑と周囲を一切省みない恐ろしい戦闘方法を駆使する。
各地の主に圧勝するイビルジョーと互角の縄張り争いを繰り広げることや、
公式インタビューにおいて「イビルジョーとほぼ同格のモンスター」と称されている事実から、
恐暴竜同様、一般的な大型モンスターを明確に上回る実力者であることは間違いない。
紅蓮滾るバゼルギウス
通常よりも遥かに強力な爆鱗を有するバゼルギウスの特殊個体。
イビルジョーとほぼ同格とされる通常個体に比してもその危険度は段違いであり、
出現そのものが「大災難」と称されるほどの脅威と認識されている。
現時点で古龍種と直接交戦した例はないが、縄張り争いで前述した
怒り喰らうイビルジョー互角に渡り合う実力を持つ。
エスピナス
樹海に生息する飛竜種。
実装前にゲーム情報サイトに掲載されたリリース文において、
「太古の昔に樹海に君臨した古龍と縄張り争いをしていた(と思われる)」と紹介されていた。
ベルキュロス
峡谷の環境に徹底的に合わせた進化を遂げた飛竜。
凄まじい飛行能力、特に高い知能からなる多彩な戦法に裏付けられた実力は特筆に値するもので、
大老殿が依頼するクエスト「雷臨、ベルキュロス」の依頼文では「その実力は古龍級」と称されていた。
ラヴィエンテ
雲にも届こうかというほどの超巨大生物。
既存の種とは大きく異なる性質と骨格を持ち、現在のところ明確な分類はできていない。
テリトリーとした絶島の生態系が崩壊するほどの大規模な捕食行動を行うほか、
過去には周辺の海域の島々に棲息していた生物たちを食らい尽くしたとされており、
その影響力は超大型古龍種にも匹敵する。
オディバトラス
砂上の楼閣と呼ばれる超大型モンスター。
アカムトルムやウカムルバスに類似する骨格構造、それらと同等クラスの巨体を持つ。
獲物を周辺の岩や建造物もろとも捕食するという性質を持ち、
一挙手一投足の度に大量の砂を巻き上げるため大規模な砂嵐が発生することも多い。
そのためオディバトラスが生息する地域の生態系や環境は大きく乱れ、場合によっては深刻な事態も招く。
またMHFにおけるオリジナル設定では、セクメーア砂漠の一帯が現在のような環境になったのは、
過去にオディバトラスが暴れまわった影響もその一因であるともされている*6
至天UNKNOWN
正体不明の飛竜種モンスター。
様々な飛竜種を思わせる戦法と、膨大な龍属性エネルギーを有する。
至天クエストに登場する個体に関しては、依頼文に「周囲の生態系に影響を及ぼしかねない」との記述が存在し、
他の多くの古龍級生物同様、生態系への影響が懸念されるだけの力を持つ可能性が示されている。
一方、上級至天クエスト「久遠の果て」の依頼文には、
彼の竜が放つ圧倒的な力により古龍達が多く住まう塔、及びその周囲に生態系はおろか生物一切が寄り付けなくなってしまったとされた内容が確認できた。
  • サイレンサーやロングバレルを取り付けると、銃口であるガルクの口に竹筒のような見た目の機構が付く。
    サイレンサーにすると分かりやすいが、竹筒の両端に黒く小さい部分が見え、
    中心辺りには赤い紐のようなものが巻かれている。ガルクの猟犬具には巻物が多いため、恐らく竹筒は巻物を模していると思われる。
    • ロングバレルの場合は縦向き、サイレンサーなら横向きに竹筒が咥えられる。設定を鑑みるに、竹筒めいた巻物の中にロングバレルやサイレンサーが入っているのだろう。







武器/ヨツミワドウ武器

MHRiseの両生種モンスターであるヨツミワドウの素材を使用した武器群。

概要

  • ヨツミワドウの甲羅の硬質部分と、皮の色味をベースにしている。
    苔色の体毛もふんだんに用いられており、湿原でのカムフラージュ効果が期待できそうなデザイン。
    • フレーバーテキストでは水タンクを備えたり、何故か刃がいつも濡れていたりと
      常に金属の天敵のはずの水分を帯びるかのような文言が散見される。
      河童の皿よろしく水気を失うと武器性能が落ちるのだろうか…。
  • 武器銘は操虫棍を除き全て相撲の決まり手から取られており、*7
    武器を象徴する一文字のみ漢字を当て、残りはカタカナで表記される。
    漢字を当てているだけなので実際の決まり手の名前と漢字が異なるものも多い。
    最終強化には全て「蛙式」が頭につく。
    • 相撲の決まり手に「河津掛け(かわづがけ)」というものがあり、
      蛙(かわず)であるヨツミワドウとかけて決まり手から採用されているのかもしれない。
  • 名前こそ相撲がモチーフになっているが、武器の外見に和の要素は薄く、
    ややミリタリーらしい雰囲気が感じられる。
    ギリースーツに合わせ、湿原用の迷彩を施したミリタリー亜種といったところか。
    水属性を持つことといいこれとの共通項が多い。

性能

  • 剣士武器はヨツミワドウの色をイメージしているのか全て長大な緑ゲージを持ち、
    鈍器運用に適した性能になっている。
    チャージアックス以外はLv2スロットが一つついているのでここに鈍器珠を入れて
    レックスSアームを装備すれば鈍器使いLv3の完成である。
    また水ブレスを反映した水属性、甲羅を反映した防御ボーナスを備える。
    • 攻撃性能はというと、片手剣と大剣はヨツミワドウの素材のみで済み完成時期が早いためかなり控えめ。
      残りの武器はタマミツネの上滑液やオロミドロの粘泥土が合わせて要求される都合もあり
      いずれも攻撃力200超えと鈍器運用を加味すれば指折りの物理攻撃力を誇る。
      特に上滑液で作れるランスとチャージアックスは★6昇格時点では一歩抜きんでた物理性能を持つ。
      ラスボスまでこれ一本で駆け抜けることもそう難しくはない。
  • ヘビィボウガンは放散弾、散弾の扱いに長け貫通弾には対応していないという近距離~中距離向きの一丁。
    もちろん水冷弾にも対応している。ただしリロード、反動はかなり重い。
    ほとんどの弾が移動リロードに対応しているため、改善するならリロードより反動を優先したいところ。

一覧

武器種名称最終強化銘銘の由来
大剣ヨリ斬リ蛙式・ヨリ斬リ寄り切り
片手剣斬リカエシ蛙式・斬リカエシ切り返し
狩猟笛ヒキ音シ蛙式・ヒキ音シ引き落とし
ランス突キダシ蛙式・突キダシ突き出し
チャージアックス合ショウヒネリ蛙式・合ショウヒネリ合掌捻り
操虫棍ハッソウ飛ビ蛙式・ハッソウ飛ビ八艘飛び
ヘビィボウガン撃ッチャリ蛙式・撃ッチャリ打っ棄り








お守りループバグ

MHRiseに存在した、マカ練金に関する不具合。現在は修正されている。

概要

  • 一部のユーザーから報告された、「錬金して出てくるお守りが何個かのセットで完全にループする」という現象。
    全く同じお守りしか出なくなるのは明らかに偶然とは言えず、この点に関しては公式の見解待ちとなっていた。
  • MHRiseでは発売当初の時点で超会心や弱点特効といった強力な火力スキルの発動手段に乏しく、
    加えて護石の排出がマカ錬金のみとなったため、炭鉱夫達が日夜ラスボスや百竜の
    討伐に明け暮れていたことでこのバグの発見に至った。
  • 「特定のお守りが出ない」という現象はMH3Gお守りテーブルバグを彷彿とさせる。
    また、これらのループには固有の構成を持つ護石が発見されており、それぞれと結びつける形で「痛風テーブル*8」と「サスケテーブル*9」「壁面テーブル(後述)」などとユーザー間で呼称された。
    現在は概ねどの初期値であっても上記の3つのテーブルのループのどれかに収束すると言われている。
  • 特に痛風テーブルは「弱点特効Lv2スロットLv2」などの優良お守りが絶対に出ないループとして悪名高く、動画投稿サイトやSNSで爆発的に拡散され多くのハンター達の目に留まることとなった。
    • なお壁面テーブルに関してはループ部分も含めて「壁面」と呼ばれるが、
      名前の由来となっている「壁面移動2弱点特効2スロット1」はループ前に存在しており
      初期値が違うと手に入らない可能性が高い。ややこしい。
      そのせいもあってか、ループ部分に特有な「弱点特効2スロット2」の護石が万恶之源*10と表記された
      海外産の詳細なフローチャートで出回ってからは「万悪テーブル(ループ)」と区別して呼ばれることも。
      「万悪之源」の字面的なインパクトの強さも多分に影響しているだろう。
      • 「万恶之源」とは、中国語で字面の通り「諸悪の根源」のこと。
        元々この護石の有無こそがバグの広まった切っ掛けであり、実に的確な表現である。
        国を跨いでもやっぱり弱点特効2スロット2は欲しかったらしい
  • なお、本項の事象は「錬金術・幽玄」で確認されており、
    「錬金術・輪廻」では正常にお守りが出現する模様。

バグの修正

  • その後発売から2週間弱が経過した4/8、ついに公式からのアナウンスとして
    ループバグの存在が認められ、調査されることが決定した
    その後、4月28日に配信されたタイトルアップデートVer.2.0で修正されたことが表明されている
  • 修正後の仕様に関しては、護石を受け取った後にセーブしてリセットすると護石の内容が変わる
    というものになっていることが検証されている。
    護石の数は何でもよく、例えば幽玄で50個錬金して内容を確認した後に
    セーブしないでリセットし、今度は1個だけ錬金して受け取ってセーブ&リセットをすると、
    次回の2個目以降は全く別のものに変わっている。
    恐らく、この手順を踏むとSeed値が変更されるようになったのではないかと推測されている。
    • Seed値とは乱数を生成する際に「種」となる数値のことで、
      ここでは錬金に用いられる乱数の基となる数値といった意味合いである。
      乱数は一種の漸化式によって算出されており、ある値からその後導かれる値は一義的に決まってしまう。
      これがゲーム上どう影響するかと言うと、例えば錬金で最後に用いられた乱数が保存などされているとして、
      次回の錬金時にそれを基に乱数が生成されればリセットしてもその後排出される護石の内容は変わらないという
      正にアップデート前の状況が起こり得るということである。
      それでは困るので最後に用いられた乱数以外を参照するような処理が追加されたのではないか、
      というのが「Seed値が変更されるようになったのではないか」の意味するところである。
  • 仮に、もしこの手順以外でSeed値が変更されないのであれば、
    リセットしないで錬金し続けると疑似乱数の性質上長期的にはループが発生し得る。
    ただ、1つのループから抜け出せないということは無くなった。
  • Switchはハード仕様上スリープモードが非常に扱いやすいので、
    長期的にリセットしないままプレイし続けるということが現実的に起こりうる。
    たまには気分転換も兼ねてリセットを掛けると良いだろう。

余談

  • 前述の公式からのアナウンスは「一定の順序で同じ護石が排出される事象」であり、
    こちらの「テーブル」のことも指している*11という解釈も可能ではあるのだが、
    当時は具体的な説明が為されておらず、対象に含まれているかは不明瞭であった。
    しかしその後追加のアナウンス*12が発され、マカ錬金に不具合があることが明言された。
    同時に「その不具合を除いてセーブデータによって特定の護石しか出現しなくなる仕様は存在しない」と発表。
    やや回りくどいが、要するに「特定の護石しか出現しなくなる不具合が存在する」という声明である。
    またVer.2.0で修正されることが明言された。
    • ややこしい言い回しが災いして「テーブルはデマだ」という宣言だと誤認する人もいるが、
      存在しないのは仕様であって不具合ではない。
      「特定の護石しか出現しないのは仕様ではない」と言い換えると理解しやすいだろう。
      数千単位の大きなループがテーブルになっているように見えているだけであり、
      本来想定していた動作では初めから3Gのようなテーブルは発生しなかったはずで、
      テーブルが存在していること自体が不具合であるという意味である。
    • 「セーブデータによって特定の護石しか出現しなくなる仕様は存在しない」の部分は、かつてセーブデータを作成した時点でテーブルが固定されていたMH3Gと同様の仕様であることを否定する文言とも取れる。

関連項目

回避性能

MHST

  • 外伝作品であるモンスターハンターストーリーズにも同名のスキルとして登場。
    従来のように回避性能±◯として書かれておらず、それぞれ回避性能【大・中・小】と表記され
    所謂マイナススキルは存在しない。
  • MHSTには敵の攻撃を能動的に回避する手段が存在しないため、本作では一定確率で
    真っ向勝負以外の攻撃を回避出来るになる。つまり回避率を上げる効果になっている。
    その性質上、三すくみに影響しない特技をメインにしているオトモンや逆に通常攻撃を殆ど行わないような
    敵モンスターと相性が良いだろう。








アクション/バッセン

MHRiseにて生まれた、片手剣のコンボの一つ。

概要

盾攻撃→バックナックル→ハードバッシュ→旋刈り

  • という一連の流れの通称。旋刈りの後にガード→斬り上げを含む場合もある*13
    ハードバッシュ連携→刈りから「バッ(セン)」。
    このコンボがメインの戦法を、剣での攻撃が少ないことを揶揄して「片手盾」とも呼ぶ。
    • なお、旋刈りの正式な振り仮名は「つむじがり」である。
  • 最高斬れ味が長くない物理偏重片手剣などで好んで使用される。
    本来は業物剛刃研磨などで斬れ味を維持すべきなのだが、バッセンをメインとすることで大胆にもそれらのスキルを削り、その枠で更に火力スキルを盛る運用方法が一般的である。

バッセンの長所

斬れ味消費が少ない
「盾攻撃→バックナックル→ハードバッシュ→旋刈り」という4撃であれば斬れ味消費はたったの1である。定点攻撃の際は旋刈り直後にガード→斬り上げを挟むことが多いが、それでも斬れ味を大きく消費するということはない。
モンスターのスタンを狙える
盾での攻撃がコンボの大半を占めるため、頭を狙うならスタンも現実的になる。スタンすればモンスターは大きな隙を晒すため、更にラッシュを仕掛けることができる。鉄蟲糸技の滅・昇竜撃と合わせれば、1回の狩猟で2~3回のスタンも夢ではない。
弾かれずに旋刈りへ繋がる
盾での攻撃には心眼効果があるため、万が一固い部位を殴ってしまっても隙を晒すことがない。一度コンボを始めれば、吹っ飛ばしなどを受けない限り確実に旋刈りまで繋げることが可能。
  • なお、旋刈りおよびガード斬り上げにはもちろん心眼効果は無い。

バッセンの短所

攻撃速度が遅い
各攻撃がやや大振りで、旋刈りまで出し切る事が出来ないタイミングも多い。
水平斬り連携のほうが攻撃が速いため、素直にそちらで攻めたほうが良い場合も。
ダメージが少ない
コンボを全て繋げたとして、水平斬り連携よりもダメージが出ることは稀であり、入れ替え技である穿ち斬り連携には遠く及ばない。あくまで「斬れ味消費が少ないことが魅力の連携」であることは留意しておきたい。
盾の攻撃に属性が乗らない
ある意味最大の弱点とも言える。片手剣は元来手数重視の武器であり、手数武器は各技の威力に依存しない属性ダメージとの相性が良いということは今も昔も変わらない。そのため属性偏重武器とバッセンの相性は絶望的に悪い*14

余談

  • 先にも書いたが、旋刈りの正式な振り仮名は「つむじがり」であり、「せんがり」ではない
    過去には旋回(せんかい)斬りというアクションも存在し、ハンターノートの武器操作指南にも振り仮名が無かったために起こった誤読であると思われる。とはいえ「バッツムジ」はかっこよくないので既に定着しつつある名称なので今後変わることはないだろう。
  • 元を辿ればMHRiseの体験版時点でこれを用いた戦闘方法は考案されていた。
    自由に装備が組めない体験版環境で、斬れ味を消費せずに高威力の旋刈りを出せるハードバッシュ連携の継戦能力の高さが脚光を浴びたのだ。
    体験版は全武器種一律で無属性であることも追い風だったであろう。
  • バッセンを主にして戦うことを指す「片手盾」という言葉が広く周知された結果、「Riseの片手剣は盾が強い」という極端な解釈をしている人も少なからず見受けられる。
    上記の通り強みと弱みが明確なコンボ(戦法)であるため、初めからこれ一辺倒で戦うか、ここぞという瞬間にあえて使用するかは自分の得物と相談して決めよう。

関連項目

シリーズ/モンスターハンターライズ
武器/片手剣
アクション/シールドバッシュ
武器/テッセン - 名前が似ている。
ゲーム用語/ホームラン - バッセン違い。









*1 表示されていた番号に飛んで行くよ
*2 箇条書き3を直す場合は「--」
*3 定義1であれば箇条書き2が、定義2であれば箇条書き3が丁度良い位置に来ます
*4 例えば、MHWに於いて「モンスター登場ムービーが流れ、その後暗転無しに戦闘に突入」するのはリアルタイムレンダリングムービーだからこそできる演出である。プリレンダリングムービーの場合、映像再生を終える処理を挟む関係上、一旦暗転等を挟まないといけなくなる。
*5 キリンは「強さランク」において「強い」に定められている。
*6 「モンスターハンター フロンティア オンライン」インタビュー(前編) 来年春の「MHF-G」実装の狙いは? 直近の「フォワード.5」の情報も
*7 操虫棍は決まり手ではなく戦法から取られている
*8 「弱点特効2風圧耐性2スロット無し」。弱点特効の旧名「撃」と「圧耐性」から。
*9 「壁面移動3体術3スロット3-1」。命名は人気アスレチック番組のSASUKEから。またスキル内容が忍者を彷彿とさせる事から、某忍者漫画のキャラクターにもなぞらえてこう呼ばれている。
*10 「恶」は「悪」の簡体字表記
*11 痛風テーブルとサスケテーブルにおいて、その存在する4桁単位の護石は順番も含めて完全にループしていると報告されている
*12 前述の初報と同ページに追記された
*13 定点で盾攻撃を繰り返す場合、棒立ちからよりも移行が若干早いため。
*14 サポート片手剣でスタンを狙う場合には積極的に用いられることもある。