Top > SandBox
HTML convert time to 0.027 sec.


SandBox

Last-modified: 2018-06-16 (土) 11:27:28

SandBox: お砂場(練習ページ)です

Edit

↓色々な色があって視認性の確認に丁度いいので拝借↓

属性 Edit

火属性 (Red)水属性 (Blue)
氷属性 (DeepSkyBlue)雷属性 (#d6b400)
龍属性 (Maroon)

毒属性 (Purple)麻痺属性 (Olive)
睡眠属性 (Teal)爆破属性 (Orange)

氷や水は使われる色が逆になったりAquaのときもある
龍はPurpleが使われている場合もあるが毒とかぶるためMaroonの方が無難か

複属性 Edit

炎属性 (#d60700)
光属性 (darkkhaki)
雷極属性 (#c4b762)
天翔属性 (#4ae7ba)
熾凍属性 (#75668e)
奏属性 (Royalblue)
黒焔属性 (#860e54)
闇属性 (#330688)
紅魔属性 (#b01028)
風属性 (Gray)
響属性 (Darkslateblue)
灼零属性(indigo)
皇鳴属性(darkgoldenrod)

斬れ味 Edit

赤 (Red)橙 (DarkOrange)
黄 (Gold)緑 (Green)
青 (Blue)白 (Gray)
紫 (Fuchsia)空 (Darkturquoise) 空 (Aqua))

緑はLimeGreen、紫はPurpleが使われている場合もあり
白にSilverが使われていることがあるが読みやすさ的にはもう少し色の濃いGrayを推奨
空はシステム/斬れ味ではDarkturquoiseが使われているが各武器ページなどではAquaが多い。

基本16色 Edit

パレット

Red
(#FF0000)
Maroon
(#800000)
Fuchsia
(#FF00FF)
Purple
(#800080)
 
Lime
(#00FF00)
Green
(#008000)
Yellow
(#FFFF00)
Olive
(#808000)
 
Blue
(#0000FF)
Navy
(#000080)
Aqua
(#00FFF)
Teal
(#008080)
 
White
(#FFFFFF)
Silver
(#C0C0C0)
Gray
(#808080)
Black
(#000000)
 

CSS3拡張色 Edit

aliceblue
(#faebd7)
antique
white
(#7fffd4)
aqua
marine
(#f0ffff)
azure
(#f5f5dc)
beigebisque
(#ffe4c4)
blanched
almond
(#ffebcd)
blueviolet
(#8a2be2)
 
brown
(#a52a2a)
burlywood
(#deb887)
cadetblue
(#5f9ea0)
chartreuse
(#7fff00)
chocolate
(#d2691e)
coral
(#ff7f50)
cornflower
blue
(#6495ed)
cornsilk
(#fff8dc)
 
crimson
(#dc143c)
cyan
(#00ffff)
darkblue
(#00008b)
darkcyan
(#008b8b)
dark
goldenrod
(#b8860b)
darkgray
(#a9a9a9)
darkgreen
(#006400)
darkkhaki
(#bdb76b)
 
dark
magenta
(#8b008b)
dark
olivegreen
(#556b2f)
darkorange
(#ff8c00)
darkorchid
(#9932cc)
darkred
(#8b0000)
darksalmon
(#e9967a)
dark
seagreen
(#8fbc8f)
dark
slateblue
(#483d8b)
 
dark
slategrey
(#2f4f4f)
dark
turquoise
(#00ced1)
darkviolet
(#9400d3)
deeppink
(#ff1493)
deep
skyblue
(#00bfff)
dimgray
(#696969)
dodgerblue
(#1e90ff)
firebrick
(#b22222)
 
floralwhite
(#fffaf0)
forest
green
(#228b22)
gainsboro
(#dcdcdc)
ghostwhite
(#f8f8ff)
gold
(#ffd700)
goldenrod
(#daa520)
green
yellow
(#adff2f)
honeydew
(#f0fff0)
 
hotpink
(#ff69b4)
indianred
(#cd5c5c)
indigo
(#4b0082)
ivory
(#fffff0)
khaki
(#f0e68c)
lavender
(#e6e6fa)
lavender
blush
(#fff0f5)
lawngreen
(#7cfc00)
 
lemon
chiffon
(#fffacd)
lightblue
(#add8e6)
lightcoral
(#f08080)
lightcyan
(#e0ffff)
lightgold
enrodyellow
(#fafad2)
lightgray
(#d3d3d3)
lightgreen
(#90ee90)
lightpink
(#ffb6c1)
 
light
salmon
(#ffa07a)
light
seagreen
(#20b2aa)
light
skyblue
(#87cefa)
light
slategray
(#778899)
light
steelblue
(#b0c4de)
light
yellow
(#ffffe0)
limegreen
(#32cd32)
linen
(#faf0e6)
 
magenta
(#ff00ff)
medium
aquamarine
(#66cdaa)
medium
blue
(#0000cd)
medium
orchid
(#ba55d3)
medium
purple
(#9370db)
medium
seagreen
(#3cb371)
medium
slateblue
(#7b68ee)
medium
springgreen
(#00fa9a)
 
medium
turquoise
(#48d1cc)
medium
violetred
(#c71585)
midnight
blue
(#191970)
mintcream
(#f5fffa)
mistyrose
(#ffe4e1)
moccasin
(#ffe4b5)
navajo
white
(#ffdead)
navy
(#000080)
 
oldlace
(#fdf5e6)
olivedrab
(#6b8e23)
orange
(#ffa500)
orangered
(#ff4500)
orchid
(#da70d6)
pale
goldenrod
(#eee8aa)
palegreen
(#98fb98)
pale
turquoise
(#afeeee)
 
pale
violetred
(#db7093)
papaya
whip
(#ffefd5)
peach
puff
(#ffdab9)
peru
(#cd853f)
pink
(#ffc0cb)
plum
(#dda0dd)
powder
blue
(#b0e0e6)
rosy
brown
(#bc8f8f)
 
royalblue
(#4169e1)
saddle
brown
(#8b4513)
salmon
(#fa8072)
sandy
brown
(#f4a460)
seagreen
(#2e8b57)
seashell
(#fff5ee)
sienna
(#a0522d)
skyblue
(#87ceeb)
 
slateblue
(#6a5acd)
slategray
(#708090)
snow
(#fffafa)
spring
green
(#00ff7f)
steelblue
(#4682b4)
tan
(#d2b48c)
thistle
(#d8bfd8)
tomato
(#ff6347)
 
violet
(#ee82ee)
wheat
(#f5deb3)
white
smoke
(#f5f5f5)
yellow
green
(#9acd32)
 

音色 Edit

白 (Gray)紫 (Purple)
青 (Blue)赤(Red)
緑 (Green)黄 (Gold)
空 (DeepSkyBlue)橙 (DarkOrange)

剣晶 Edit

  • 属性剣晶
    火炎剣水激剣雷神剣氷結剣龍王剣の5種類がある。
  • 状態異常剣晶
    猛毒剣麻痺剣睡眠剣の3種類。

刃薬 Edit

会心の刃薬減気の刃薬重撃の刃薬心眼の刃薬の4種類が確認されている。

アイテムビン Edit

空きビン強撃ビン属性強化ビン
毒ビン麻痺ビン睡眠ビン
接撃ビンペイントビン
減気ビン打撃ビン
爆破ビン爆撃ビン

アックスビン Edit

  • スラッシュアックス
    強撃ビン強属性ビン滅龍ビン麻痺ビン毒ビン減気ビンの6種が確認されている。
  • チャージアックス
榴弾ビン強属性ビン

比較 Edit

◆ペイントビン (Fuchsia)
◆属性強化ビン (Hotpink)
◆滅龍ビン (Maroon)
◆龍王剣 (Purple)
◆毒ビン (Purple)
◆毒ビン (龍属性と識別用: Blueviolet)
青緑(元の色味に近くなるように)
◆強属性ビン (可読性悪し: Lime)
◆強属性ビン (睡眠ビンと識別用: Lightseagreen)
◆強属性ビン (Limegreen)
◆強属性ビン (Green)
◆睡眠剣 (Teal)
◆睡眠ビン (氷/強属性ビンと識別用: Cornflowerblue)
◆睡眠ビン (Deepskyblue)
◆氷結剣 (Deepskyblue)
◆空色ゲージ (Darkturquoise)
◆水激剣 (Blue)
◆減気ビン (Blue)
◆減気 ビン (水属性と識別用: Navy)

睡眠ビンをtealから外すと水・氷属性に被ってしまう。
画面上の色として睡眠ビンは薄水色である。
同様に龍剣晶と毒属性は被っている。
しかし、滅龍ビンや龍やられのイメージからか
龍属性はMaroon(#800000)が多用されており問題にはなっていない
一方、減気と水属性は同時に使われる機会があり
配色に配慮する必要があるかも知れない。

標準16色から割り当てたもの
◆強属性ビン (Green)
◆睡眠ビン (Teal)
◆減気ビン (Navy)
◆氷結剣 (Deepskyblue)
◆水激剣 (Blue)

Green(#008000)とTeal(#008080)の判別性が悪くなる。
現在のモニター事情で16色やセーフカラーにこだわる必要は無いが
編集の際に色名を手打ちする手間が生じる。

◆雷属性(Gold)
◆雷属性(Goldenrod)
◆雷属性(#e5da0b)
◆雷属性(#c4a500)
◆雷属性(#d6b400)
◆雷属性(#c4c000)
◆麻痺属性(Olive)
◆爆破属性(Orange)

クエスト/ハンター×ハンター・最終試験(保存) Edit

内容が薄い事から、zawazawa議論板で削除を提案し、特に反対が無かったため記事は削除。
ただし「防具/ゴンシリーズ」に書き換えた方がいいということで、念のため記事内容をこちらに保存しました。


MHXXにて配信された、一応ジャンプで連載されている*1漫画「ハンター×ハンター」とのコラボイベントクエスト。

作品レベル種別目的地報酬金契約金条件配信日
MHXX集会酒場G★3狩猟クエスト原生林メイン:22500z
サブ:5400z
2300z受注・参加:
HR9以上
2017年5月26日

概要 Edit

ちょんまげの老人
ふーむ。原生林に虫が出たよう
じゃな。お前さん、ちょいと狩っ
てきてくれんか?難易度はBと
いったところじゃろ。もしこの
クエストを達成できたらハンター
の資格をやろう。血沸くじゃろ?
  • メインターゲットはネルスキュラ1匹とゲネル・セルタスの狩猟、
    サブターゲットがアルセルタス1匹の狩猟という特に変わったところのないクエスト。
    ゲネル・セルタスはアルセルタスがいないと実力を発揮できないためか、
    ネルスキュラを倒した後に残りの2匹が出現する大連続狩猟形式。
  • この3種が選ばれたのは、原作のキメラ=アントと呼ばれる蟻が由来であると思われる。
    キメラ=アントは「捕食した生物の特徴を子孫に反映させる」という性質があり、作中では偶然にも人間サイズの個体が誕生。
    あろうことか人間の捕食を始めてしまい、ハンターによって討伐作戦が展開されることとなった。
    前ネルスキュラは捕食対象であるゲリョスの皮を纏う事でゲリョスの特徴である雷属性への耐性を獲得する点、
    セルタス達はハンター(人間)奴隷旦那に対して捕食攻撃を行うなどの共通点がある。
  • クエスト名にある最終試験とは、作中でハンターになるための資格「ハンターライセンス」を獲得するための試験。
    参加者がトーナメント形式で戦闘するのだが、負けた方がトーナメントを進むというルールがあり、
    トーナメントの最上位(事実上の最下位)に立った者のみが失格、残った者が合格となる風変わりな物。
  • クエストの依頼主である「ちょんまげの老人」とはハンター協会のアイザック=ネテロ会長のことである。
    心源流拳法の師範でもあり、自身を鍛えてくれた武道に恩を返すために「感謝の正拳突き1万回」を日課としていたら
    いつの間にか最強の武道家になっていたというとんでも爺さん。
    更に「百式観音」と呼ばれる千手観音像を顕現させて攻撃する能力も有する。
    しかしそんな実力とは裏腹にノリが軽く茶目っ気のある性格をしている。

防具 Edit

  • 報酬の「ハンター認定書」を加工屋に持っていくことで、主人公であるゴン=フリークスのなりきり防具である「ゴンシリーズ」の作成が可能。可能なのだが…
  • 発売前から話題になっていた通り、筋骨隆々の肉体にぴっちりとした子供用のシャツ半ズボン
    加えてその特徴的すぎる縦長ロン毛のヘアスタイルといういかにもなネタ装備。
    原作ファンの間でもヴォルガノスのように半ばネタ的な扱いをされている。
    • この姿は主人公であるゴンが宿敵であるネフェルピトーを倒すために変化した姿である。
      作中に登場する「念」という能力には「制約と契約を己に課すほどその能力が向上する」という性質があり、
      ゴンの場合は自らが持つ非常に稀有な才能と資質を全て投げ打ち、
      将来に渡って二度と念能力を使えなくなってもいいという制約のもとで自身を強化している、非常に危険な状態である
    • 余りにも印象的な変化に一部のファンからは『ゴンさん』と呼ばれている。
  • 腰を除く4部位の構成。
    その性能は、ゴンが自身に課した「制約と契約」の再現からか「逆鱗」「痛恨会心」「不運」が発動し、スロットが一切ない。
    また、ゴンの念能力である「ジャジャン拳*2」からか溜め短縮が6ポイント付いてくる。
    • 痛恨会心が発動する貴重な装備で、かつ溜め短縮のポイントも持つところから、少し風化した弓に最適。
      さすがに外見的にアレだというなら、腕だけでも作成しておいて損はない。

余談 Edit

  • ハンター×ハンターの作者である冨樫義博氏の妻は、
    今回同じくコラボ防具が実装された美少女戦士セーラームーンの作者である武内直子氏である。
    ゴンシリーズを身に付け、なりきりルナ装備のオトモを連れて行くのもまた一興だろう。凄まじくシュールな光景になるが…

関連項目 Edit

モンスター/ネルスキュラ
モンスター/ゲネル・セルタス
モンスター/アルセルタス
ゲーム用語/コラボレーション

武器>ランス>余談の改稿私案 Edit

  • MH世界でのランスはハンターが使用する槍型の武器全般だが、現実世界ではその認識は明らかな間違いである。
    日本語で「槍」と総称されている武器は世界各地の多数の武器種をひっくるめた総称であり
    その中に「ランス」と呼ばれる武器があるのが現実である。
    またMH世界の「ランス」は現実世界の「ランス」とは見た目こそ似ているものの運用の点で全く異なり
    現実世界においてこれに似たものは事実上存在していない。
    まあ操虫棍が現実世界にないのと同じようなことである。
  • 歩兵用の一般的な槍は「スピア」と呼ばれ、投擲武器としての槍は「ジャベリン」
    これらのスピアやジャベリンの名前が付けられている物も存在するが、
    対モンスター大槍であるゆえか、MH世界では「ランス」の一種として扱われる。
    また操虫棍の英語訳「Insect Glaive(虫グレイヴ)」として使用されるグレイヴも広義の槍の一種である。
  • 現実の「ランス」は「槍」として総称される多くの武器種の中でもかなり限定されたものを指す名称であり
    一般的には騎兵が騎兵突撃に使用する槍のことを指している。
    これは馬の速度重量そしてそれによる巨大な運動量を最大限活用するためのものであった。
    要はバイクで全速力を出して群衆に突っ込んだらどうなるかということであり
    その破壊力を増幅させるためにバイクの正面に装着されたデカい棘がランスだったのである
  • この戦術は騎乗技術を編み出した遊牧民族に由来し、ペルシャ帝国がこれを取り入れて
    馬諸共鎧を着せたカタフラクトと呼ばれる重装槍騎兵を開発
    これに手こずったローマ帝国が自軍にもカタフラクトを導入したことでランスはヨーロッパに導入された。
    ヨーロッパに持ち込まれたランスを持った重装槍騎兵は文字通りの大暴れをすることになる。
    事実世界史上最高練度のローマ軍団兵ですら重装槍騎兵には敵わなかったのである
    突撃を受けた歩兵は陣形をズタズタにされ、部隊としての統制も危うくなるのは勿論
    小回りが効かないというランスの弱点も、時に馬まで鎧を着込んだ重装槍騎兵を倒すのは容易なことではなかった。
    当時の歩兵にはその突撃を止めることすらおろか、突撃を受けて敗走せずに済むことすら稀だったのである。
    これは中世ヨーロッパで馬に乗って戦う騎士(Knight)階級が勃興する原因ともなる。
    ただし、馬の巨大な運動量を活用する以上、ランスにもその反動に耐えられる強度が必要である。
    乗馬する関係上、多少の重量は無視できるため、重装槍騎兵同士の戦いで相手の鎧を貫く必要もあったことから
    次第にランスは歩兵が到底扱えないほど太く、重くなっていった。
  • 無論歩兵も一方的に蹂躙されるばかりではなかった。
    次第に重装槍騎兵の突撃に耐えるためには歩兵が密集して槍衾を築くことが有効であると理解され始める。
    こうなると必然的に歩兵と騎兵の間で槍のリーチの長さ競争が始まり、騎兵のランスは更に長く、重くなっていく
    最終的には歩兵が4~7mの長大な「パイク」と呼ばれる槍で槍衾を築くところまで競争は加熱していった。
  • MHの「ランス」の突進を行える能力は本来の重装槍騎兵の「ランス」の突撃と共通する特徴であるといえる
    ただし重装槍騎兵の突撃力が馬の機動力に全面的に依存しているものである一方
    ハンターはその身一つで猛スピードでの突撃をやってのけている
    一方MHの「ランス」が持つ高い防御性能は、むしろ歩兵用の槍である「パイク」などのそれに近い
    しかしパイクの高い防御性能は多数の兵士が密集して運用するからこそであり
    ハンターは盾こそあるとは言えたった一人でモンスターの攻撃をガードできている
    つまりMHの「ランス」とは騎兵の突撃と槍衾の防御をハンター一人でやってのけている武器なのである。
    とりわけハンターの人外っぷりがあらわれている武器だと言えよう。
  • 「長い武器」というイメージからか、ランスはモンスターの尻尾が作成・強化時に多数要求されやすい。
    ランスで尻尾を狙うのはやや慣れが必要だが、ランス使いの人は頑張って集めておきたい所。
  • 名前などから、ランスはガンランスの劣化だと勘違いしてしまう初心者もいるようだ。
    実際ガンランスは砲撃の出来るランスという説明がされていることが多い。
    しかし、ランスはガンランスより連続攻撃性能が高く、弱点をピンポイントに狙えるメリットがある
    (ランスは上段突きのほうが強く、対してガンランスは水平突きのほうが強いという明らかな違いがある)。
    そのため、相性を無視した場合どちらもDPSはあまり変わらない。
    相手に合わせた、もしくは気に入った方を使うといいだろう。
  • 機動力の低さや、良く言えば堅実・悪く言えば地味な各種アクションの見た目が災いしてか、
    ランスの使用率は決して高くはない。
    マルチプレイでは味方からの攻撃でこかされてしまうことが多いのも影響しているだろう。
    しかし極めれば片手剣や双剣並の手数で圧倒しつつ、モンスターの攻撃は完璧に受け止める
    または、全て受け流す攻防兼ね備えた無敵の要塞として君臨できる。
    質実剛健を地で行く武器種である。
  • 武器の参照画像を見ると片手剣の盾と違ってランス(とガンランス)の盾の裏面には
    手に持つための取っ手や腕に絡めるためのベルトが付いていないのがわかるが、
    これでどうやって盾を腕に固定し、敵の攻撃を捌いているのか不明である。

モンスター/ベヒーモスの草案 Edit

種族
(現状不明)*3
別名
魔獣(まじゅう)
英語表記
Behemoth
登場作品
MHWorld
狩猟地
龍結晶の地

概要 Edit

  • 『モンスターハンター:ワールド(以下MHWorld)』と『ファイナルファンタジーXIV(以下FF14)』
    とのコラボレーション企画により、FF14側からゲスト出演したモンスター。
    別名はど直球に「魔獣(まじゅう)」。
    茶褐色の体色に筋骨隆々の四足歩行の獣型の巨体、前方に突き出た立派な角、
    そして刺々しい鬣と尻尾が特徴である。
  • 尚、コラボレーションでモンハン以外の他タイトルから、
    ゲスト(及びそれらを模した)モンスターが出演するのはメインシリーズでは初である。
    (外伝ではMHF、MHST、MHXR等、前例が存在する。)
    しかも、それらの作品の様に側替え+αでは無いのは異例である。
  • 参戦が判明したのは、2018年のE3における「ソニーカンファレンス」であり、
    第4弾アップデートでの目玉モンスターとして、FF14から電撃参戦した。
  • ティザーPV(兼、第4弾アップデート予告)は、初めに龍結晶の地にて、ハンターが
    地揺れと空が黒雲に染まるという異変に出くわすところから始まる。
    そして、場面が上空に切り替わると、なんと隕石が龍結晶を破壊しながら降ってくるという、
    衝撃的な瞬間に出くわした。
    当然驚き、ハンターはすぐさま身を躱す。そして、隕石の墜落した辺りを見ると、
    そこにはベヒーモスがドドガマルを加えて佇んでいた。
    そして、彼はハンターの存在に気付いたのであった…。
    • その後、改めてベヒーモスが無料アップデート第4弾であると告知され、
      謎の青いオーラを纏いながら咆哮し、メテオを落とす場面で一旦ムービーの〆となる。
    • このムービーの後にも、特等マイハウスに謎のクリスタルが登場したり、
      大蟻塚の荒地にてサボテンダーがハンターに気付き逃げ出すムービーが流れる。
      クリスタル、及びサボテンダーの役割は現時点では不明。続報を期待しよう。
  • インタビューによれば、MHWorldにおける役割は世界観にある程度即しており、
    FF14との世界のつながりもある程度存在しているという。
    又、少なくとも彼は古龍種では無いと明言されているほか、
    部位破壊や、縄張り争いなど、様々な要素をふんだんに詰め込んでいるらしい。
    こちらも期待して続報を待とう。
  • 重ね重ねになるが、上述したティザーPVをよく見ると、
    模様からしてドドガマルを咥えている様子が見て取れる。
    捕食か牽制かは不明であるが、もしもこの生物の正体がドドガマルであった場合、
    彼にとってはイビルジョーの二の舞である。

戦闘能力 Edit

  • 現時点では多くの詳細は不明であるが、
    彼の最大の武器はやはり「メテオ(本種の場合は、隕石を落とす攻撃魔法)」であろう。
    実際、ハンターがベヒーモスと遭遇すると思わしきムービーでは、
    それを用いて龍結晶をいとも容易く破壊している。
    さらに、その時に隕石が落ちた際、龍結晶の地のエリア8と思わしき場所を、
    テスカト種にも匹敵する爆発や残り火を起こしている。
    さらに、咆哮を放っただけでもメテオが飛んできており、
    防音のスキルがあっても吠えている彼に近づくのは容易ではない事が想像できる。
    • 尚、(コラボモンスターとはいえ)当然というべきか、メインシリーズで以外がメテオを使うのは、
      このベヒーモスが初である。
  • その他、ムービー内のみであるかは不明ではあるが、
    爆破属性使いのドドガマルを一方的にねじ伏せる事は容易いようだ。
  • 現時点では情報が少ないため、詳しい情報は然程無いが、
    ビジュアルから見てもさらなる攻撃手段を持つことは想像に難くないので、
    心構えを忘れずに。

武具 Edit

余談 Edit

  • ベヒーモスが登場するティザーPVは、E3で公式に発表される以前に、
    ネット上にリークされ、ちょっと物議を醸したことがある。
  • FF14では、ベヒーモスの近縁種として、
    「キングベヒーモス」が登場しているが、こちらが亜種や特殊個体といった形で実装されるかは不明である。

素材 Edit

関連項目 Edit

シリーズ/モンスターハンター:ワールド
クエスト/幻譚
ゲーム用語/コラボレーション

「今日の10件」修正テスト Edit

現在のMenuBarで用いられている書式 Edit

#popular(10,FrontPage|MenuBar,false)

WIKIWIKI.jp Sample Wikiを参考に修正したもの Edit

#popular(10,FrontPage|MenuBar,true)

上記より表示件数を増やしたもの Edit

#popular(19,FrontPage|MenuBar,false)
#popular(20,FrontPage|MenuBar,true)

確認できる異常 Edit

  • 閲覧数のカウントが正常に行われない。ただし各記事におけるアクセスカウンタは正常。
  • 「cmd=read&page=〇〇&word=△△」という存在しないページが表示される。
  • プラグインのtrue(今日参照のあった回数)とfalse(通算の参照回数)がどちらも同じになる。
  • 表示数を20以上に設定すると、通算の参照回数が正常に表示される。
    プラグインのページのカウント条件をtrueに設定しても、表示は通算の参照回数になる。





*1 年単位での長期休載と再開を度々繰り返しているため
*2 「じゃんけん」をモチーフとしたゴンオリジナルの戦闘法。「最初はグー」の掛け声と共に力を溜め、「グー」「チョキ」「パー」に応じて攻撃する。
*3 インサイドでのインタビューにおいて、古龍種では無いと明言されている。