SandBox

Last-modified: 2020-05-28 (木) 18:36:23

SandBox: お砂場(練習ページ)です。

Edit

↓色々な色があって視認性の確認に丁度いいので拝借↓

属性 Edit

火属性 (Red)水属性 (Blue)
氷属性 (DeepSkyBlue)雷属性 (goldenrod)
龍属性 (Maroon)

毒属性 (Purple)麻痺属性 (Olive)
睡眠属性 (Teal)爆破属性 (Orange)

氷や水は使われる色が逆になったりAquaのときもある
龍はPurpleが使われている場合もあるが毒とかぶるためMaroonの方が無難か
雷属性はよくGoldYellowが使われているが、この通り非常に見にくいのでgoldenrodの使用を推奨。

複属性 Edit

炎属性 (#d60700)
光属性 (darkkhaki)
雷極属性 (#c4b762)
天翔属性 (#4ae7ba)
熾凍属性 (#75668e)
奏属性 (Royalblue)
黒焔属性 (#860e54)
闇属性 (#330688)
紅魔属性 (#b01028)
風属性 (Gray)
響属性 (Darkslateblue)
灼零属性(indigo)
皇鳴属性(darkgoldenrod)

斬れ味 Edit

赤 (Red)橙 (DarkOrange)
黄 (Gold)緑 (Green)
青 (Blue)白 (Gray)
紫 (Fuchsia)空 (Darkturquoise) 空 (Aqua))

緑はLimeGreen、紫はPurpleが使われている場合もあり
白にSilverが使われていることがあるが読みやすさ的にはもう少し色の濃いGrayを推奨
空はシステム/斬れ味ではDarkturquoiseが使われているが各武器ページなどではAquaが多い。

基本16色 Edit

パレット

Black
(#000000)
Maroon
(#800000)
Green
(#008000)
Olive
(#808000)
Navy
(#000080)
Purple
(#800080)
Teal
(#008080)
Gray
(#808080)
        
Silver
(#C0C0C0)
Red
(#FF0000)
Lime
(#00FF00)
Yellow
(#FFFF00)
Blue
(#0000FF)
Fuchsia
(#FF00FF)
Aqua
(#00FFF)
White
(#FFFFFF)
        

カラーコード一覧(完成版) Edit

black
(#000000)
(#000033)(#000066)navy
(#000080)
darkblue
(#00008b)
(#000099)(#0000cc)
 
mediumblue
(#0000cd)
blue
(#0000ff)
(#003300)(#003333)(#003366)(#003399)(#0033cc)
 
(#0033ff)darkgreen
(#006400)
(#006600)(#006633)(#006666)(#006699)(#0066cc)
 
(#0066ff)green
(#008000)
teal
(#008080)
darkcyan
(#008b8b)
(#009900)(#009933)(#009966)
 
(#009999)(#0099cc)(#0099ff)deepskyblue
(#00bfff)
(#00cc00)(#00cc33)(#00cc66)
 
(#00cc99)(#00cccc)(#00ccff)darkturquoise
(#00ced1)
medium
springgreen
(#00fa9a)
lime
(#00ff00)
(#00ff33)
 
(#00ff66)springgreen
(#00ff7f)
(#00ff99)(#00ffcc)cyan
(#00ffff)
aqua
(#00fff)
midnightblue
(#191970)
 
dodgerblue
(#1e90ff)
&size(px){Text you want to change};
(#20b2aa)
forestgreen
(#228b22)
seagreen
(#2e8b57)
darkslategray
(#2f4f4f)
limegreen
(#32cd32)
(#330000)
 
(#330033)(#330066)(#330099)(#3300cc)(#3300ff)(#333300)(#333333)
 
(#333366)(#333399)(#3333cc)(#3333ff)(#336600)(#336633)(#336666)
 
(#336699)(#3366cc)(#3366ff)(#339900)(#339933)(#339966)(#339999)
 
(#3399cc)(#3399ff)(#33cc00)(#33cc33)(#33cc66)(#33cc99)(#33cccc)
 
(#33ccff)(#33ff00)(#33ff33)(#33ff66)(#33ff99)(#33ffcc)(#33ffff)
 
&size(px){Text you want to change};
(#48d1cc)
medium
seagreen
(#3cb371)
turquoise
(#40e0d0)
royalblue
(#4169e1)
steelblue
(#4682b4)
darkslateblue
(#483d8b)
indigo
(#4b0082)
 
dark
olivegreen
(#556b2f)
cadetblue
(#5f9ea0)
&size(px){Text you want to change};
(#6495ed)
(#660000)(#660033)(#660066)(#660099)
 
(#6600cc)(#6600ff)(#663300)(#663333)(#663366)(#663399)(#6633cc)
 
(#6633ff)(#666600)(#666633)(#666666)(#666699)(#6666cc)(#6666ff)
 
(#669900)(#669933)(#669966)(#669999)(#6699cc)(#6699ff)(#66cc00)
 
(#66cc33)(#66cc66)(#66cc99)(#66cccc)(#66ccff)medium
aquamarine

(#66cdaa)
(#66ff00)
 
(#66ff33)(#66ff66)(#66ff99)(#66ffcc)(#66ffff)dimgray
(#696969)
slateblue
(#6a5acd)
 
olivedrab
(#6b8e23)
slategray
(#708090)
&size(px){Text you want to change};
(#778899)
medium
slateblue
(#7b68ee)
lawngreen
(#7cfc00)
chartreuse
(#7fff00)
aquamarine
(#7fffd4)
 
maroon
(#800000)
purple
(#800080)
olive
(#808000)
gray
(#808080)
skyblue
(#87ceeb)
lightskyblue
(#87cefa)
blueviolet
(#8a2be2)
 
darkred
(#8b0000)
darkmagenta
(#8b008b)
saddlebrown
(#8b4513)
darkseagreen
(#8fbc8f)
lightgreen
(#90ee90)
mediumpurple
(#9370db)
darkviolet
(#9400d3)
 
palegreen
(#98fb98)
(#990000)(#990033)(#990066)(#990099)(#9900cc)(#9900ff)
 
darkorchid
(#9932cc)
(#993300)(#993333)(#993366)(#993399)(#9933cc)(#9933ff)
 
(#996600)(#996633)(#996666)(#996699)(#9966cc)(#9966ff)(#999900)
 
(#999933)(#999966)(#999999)(#9999cc)(#9999ff)(#99cc00)(#99cc33)
 
(#99cc66)(#99cc99)(#99cccc)(#99ccff)(#99ff00)(#99ff33)(#99ff66)
 
(#99ff99)(#99ffcc)(#99ffff)yellowgreen
(#9acd32)
sienna
(#a0522d)
brown
(#a52a2a)
darkgray
(#a9a9a9)
 
lightblue
(#add8e6)
greenyellow
(#adff2f)
&size(px){Text you want to change};
(#afeeee)
&size(px){Text you want to change};
(#b0c4de)
powderblue
(#b0e0e6)
firebrick
(#b22222)
&size(px){Text you want to change};
(#b8860b)
 
&size(px){Text you want to change};
(#ba55d3)
rosybrown
(#40e0d0)
darkkhaki
(#bdb76b)
silver
(#c0c0c0)
medium
violetred
(#c71585)
(#cc0000)(#cc0033)
 
(#cc0066)(#cc0099)(#cc00cc)(#cc00ff)(#cc3300)(#cc3333)(#cc3366)
 
(#cc3399)(#cc33cc)(#cc33ff)(#cc33ff)(#cc33ff)(#cc6666)(#cc6699)
 
(#cc66cc)(#cc66ff)(#cc9900)(#cc9933)(#cc9966)(#cc9999)(#cc99cc)
 
(#cc99ff)(#cccc00)(#cccc33)(#cccc66)(#cccc99)(#cccccc)(#ccccff)
 
(#ccff00)(#ccff33)(#ccff66)(#ccff99)(#ccffcc)(#ccffff)indianred
(#cd5c5c)
 
peru
(#cd853f)
chocolate
(#d2691e)
tan
(#d2b48c)
lightgrey
(#d3d3d3)
thistle
(#d8bfd8)
orchid
(#da70d6)
goldenrod
(#daa520)
 
palevioletred
(#db7093)
crimson
(#dc143c)
gainsboro
(#dcdcdc)
plum
(#dda0dd)
burlywood
(#deb887)
lightcyan
(#e0ffff)
lavender
(#e6e6fa)
 
darksalmon
(#e9967a)
violet
(#ee82ee)
&size(px){Text you want to change};
(#eee8aa)
lightcoral
(#f08080)
khaki
(#khaki)
aliceblue
(#f0f8ff)
honeydew
(#f0fff0)
 
azure
(#f0ffff)
sandybrown
(#f4a460)
wheat
(#f5deb3)
beige
(#f5f5dc)
whitesmoke
(#f5f5f5)
mintcream
(#f5fffa)
ghostwhite
(#f8f8ff)
 
salmon
(#fa8072)
&size(px){Text you want to change};
(#faebd7)
linen
(#faf0e6)
light
goldenrod
yellow
(#fafad2)
oldlace
(#fdf5e6)
red
(#ff0000)
(#ff0033)
 
(#ff0033)(#ff0066)(#ff0099)(#ff00cc)fuchsia
(#ff00ff)
magenta
(#ff00ff)
deeppink
(#ff1493)
 
(#ff3300)(#ff3333)(#ff3366)(#ff3399)(#ff33cc)(#ff33ff)orangered
(#ff4500)
 
tomato
(#ff6347)
(#ff6600)(#ff6633)(#ff6666)(#ff6699)(#ff66cc)(#ff66ff)
 
hotpink
(#ff69b4)
coral
(#ff7f50)
darkorange
(#ff8c00)
(#ff9900)(#ff9933)(#ff9966)(#ff9999)
 
(#ff99cc)(#ff99ff)lightsalmon
(#ffa07a)
orange
(#ffa500)
lightpink
(#ffb6c1)
pink
(#ffc0cb)
(#ffcc00)
 
(#ffcc33)(#ffcc66)(#ffcc99)(#ffcccc)(#ffccff)gold
(#ffd700)
peachpuff
(#ffdab9)
 
navajowhite
(#ffdead)
moccasin
(#ffe4b5)
bisque
(#ffe4c4)
mistyrose
(#ffe4e1)
&size(px){Text you want to change};
(#ffebcd)
papayawhip
(#ffefd5)
&size(px){Text you want to change};
(#fff0f5)
 
seashell
(#fff5ee)
cornsilk
(#fff8dc)
lemonchiffon
(#fffacd)
floralwhite
(#fffaf0)
snow
(#fffafa)
yellow
(#ffff00)
(#ffff33)
 
(#ffff33)(#ffff66)(#ffff99)(#ffffcc)lightyellow
(#ffffe0)
ivory
(#fffff0)
white
(#ffffff)
 

CSS3拡張色 Edit

 

aliceblue
(#f0f8ff)
antique
white
(#faebd7)
aqua
marine
(#7fffd4)
azure
(#f0ffff)
beige
(#f5f5dc)
bisque
(#ffe4c4)
blanched
almond
(#ffebcd)
blueviolet
(#8a2be2)
 
brown
(#a52a2a)
burlywood
(#deb887)
cadetblue
(#5f9ea0)
chartreuse
(#7fff00)
chocolate
(#d2691e)
coral
(#ff7f50)
cornflower
blue
(#6495ed)
cornsilk
(#fff8dc)
 
crimson
(#dc143c)
cyan
(#00ffff)
darkblue
(#00008b)
darkcyan
(#008b8b)
dark
goldenrod
(#b8860b)
darkgray
(#a9a9a9)
darkgreen
(#006400)
darkkhaki
(#bdb76b)
 
dark
magenta
(#8b008b)
dark
olivegreen
(#556b2f)
darkorange
(#ff8c00)
darkorchid
(#9932cc)
darkred
(#8b0000)
darksalmon
(#e9967a)
dark
seagreen
(#8fbc8f)
dark
slateblue
(#483d8b)
 
dark
slategrey
(#2f4f4f)
dark
turquoise
(#00ced1)
darkviolet
(#9400d3)
deeppink
(#ff1493)
deep
skyblue
(#00bfff)
dimgray
(#696969)
dodgerblue
(#1e90ff)
firebrick
(#b22222)
 
floralwhite
(#fffaf0)
forest
green
(#228b22)
gainsboro
(#dcdcdc)
ghostwhite
(#f8f8ff)
gold
(#ffd700)
goldenrod
(#daa520)
green
yellow
(#adff2f)
honeydew
(#f0fff0)
 
hotpink
(#ff69b4)
indianred
(#cd5c5c)
indigo
(#4b0082)
ivory
(#fffff0)
khaki
(#f0e68c)
lavender
(#e6e6fa)
lavender
blush
(#fff0f5)
lawngreen
(#7cfc00)
 
lemon
chiffon
(#fffacd)
lightblue
(#add8e6)
lightcoral
(#f08080)
lightcyan
(#e0ffff)
lightgold
enrodyellow
(#fafad2)
lightgray
(#d3d3d3)
lightgreen
(#90ee90)
lightpink
(#ffb6c1)
 
light
salmon
(#ffa07a)
light
seagreen
(#20b2aa)
light
skyblue
(#87cefa)
light
slategray
(#778899)
light
steelblue
(#b0c4de)
light
yellow
(#ffffe0)
limegreen
(#32cd32)
linen
(#faf0e6)
 
magenta
(#ff00ff)
medium
aquamarine
(#66cdaa)
medium
blue
(#0000cd)
medium
orchid
(#ba55d3)
medium
purple
(#9370db)
medium
seagreen
(#3cb371)
medium
slateblue
(#7b68ee)
medium
springgreen
(#00fa9a)
 
medium
turquoise
(#48d1cc)
medium
violetred
(#c71585)
midnight
blue
(#191970)
mintcream
(#f5fffa)
mistyrose
(#ffe4e1)
moccasin
(#ffe4b5)
navajo
white
(#ffdead)
navy
(#000080)
 
oldlace
(#fdf5e6)
olivedrab
(#6b8e23)
orange
(#ffa500)
orangered
(#ff4500)
orchid
(#da70d6)
pale
goldenrod
(#eee8aa)
palegreen
(#98fb98)
pale
turquoise
(#afeeee)
 
pale
violetred
(#db7093)
papaya
whip
(#ffefd5)
peach
puff
(#ffdab9)
peru
(#cd853f)
pink
(#ffc0cb)
plum
(#dda0dd)
powder
blue
(#b0e0e6)
rosy
brown
(#bc8f8f)
 
royalblue
(#4169e1)
saddle
brown
(#8b4513)
salmon
(#fa8072)
sandy
brown
(#f4a460)
seagreen
(#2e8b57)
seashell
(#fff5ee)
sienna
(#a0522d)
skyblue
(#87ceeb)
 
slateblue
(#6a5acd)
slategray
(#708090)
snow
(#fffafa)
spring
green
(#00ff7f)
steelblue
(#4682b4)
tan
(#d2b48c)
thistle
(#d8bfd8)
tomato
(#ff6347)
 
violet
(#ee82ee)
wheat
(#f5deb3)
white
smoke
(#f5f5f5)
yellow
green
(#9acd32)
 

216色セーフカラー基準 Edit

 

R:FF基準R:CC基準R:99基準R:66基準R:33基準R:00基準
#FFFFFF#CCFFFF#99FFFF#66FFFF#33FFFF#00FFFF
      
#FFFFCC#CCFFCC#99FFCC#66FFCC#33FFCC#00FFCC
      
#FFFF99#CCFF99#99FF99#66FF99#33FF99#00FF99
      
#FFFF66#CCFF66#99FF66#66FF66#33FF66#00FF66
      
#FFFF33#CCFF33#99FF33#66FF33#33FF33#00FF33
      
#FFFF00#CCFF00#99FF00#66FF00#33FF00#00FF00
      
#FFCCFF#CCCCFF#99CCFF#66CCFF#33CCFF#00CCFF
      
#FFCCCC#CCCCCC#99CCCC#66CCCC#33CCCC#00CCCC
      
#FFCC99#CC99CC#99CC99#66CC99#33CC99#00CC99
      
#FFCC66#CC66CC#99CC66#66CC66#33CC66#00CC66
      
#FFCC33#CC33CC#99CC33#66CC33#33CC33#00CC33
      
#FFCC00#CC00CC#99CC00#66CC00#33CC00#00CC00
      
#FF99FF#CC99FF#9999FF#6699FF#3399FF#0099FF
      
#FF99CC#CC99CC#9999CC#6699CC#3399CC#0099CC
      
#FF9999#CC9999#999999#669999#339999#009999
      
#FF9966#CC9966#996699#669966#339966#009966
      
#FF9933#CC9933#993399#669933#339933#009933
      
#FF9900#CC9900#990099#669900#339900#009900
      
#FF66FF#CC66FF#9966FF#6666FF#3366FF#0066FF
      
#FF66CC#CC66CC#9966CC#6666CC#3366CC#0066CC
      
#FF6699#CC6699#996699#666699#336699#006699
      
#FF6666#CC6666#996666#666666#336666#006666
      
#FF6633#CC6633#996633#666633#336633#006633
      
#FF6600#CC6600#996600#666600#336600#006600
      
#FF33FF#CC33FF#9933FF#6633FF#3333FF#0033FF
      
#FF33CC#CC33CC#9933CC#6633CC#3333CC#0033CC
      
#FF3399#CC3399#993399#663399#333399#003399
      
#FF3366#CC3366#993366#663366#333366#003366
      
#FF3333#CC3333#993333#663333#333333#003333
      
#FF3300#CC3300#993300#663300#333300#003300
      
#FF00FF#CC00FF#9900FF#6600FF#3300FF#0000FF
      
#FF00CC#CC00CC#9900CC#6600CC#3300CC#0000CC
      
#FF0099#CC0099#990099#660099#330099#000099
      
#FF0066#CC0066#990066#660066#330066#000066
      
#FF0033#CC0033#990033#660033#330033#000033
      
#FF0000#CC0000#990000#660000#330000#000000
      

音色 Edit

白 (Gray)紫 (Purple)
青 (Blue)赤(Red)
緑 (Green)黄 (Gold)
空 (DeepSkyBlue)橙 (DarkOrange)

剣晶 Edit

  • 属性剣晶
    火炎剣水激剣雷神剣氷結剣龍王剣の5種類がある。
  • 状態異常剣晶
    猛毒剣麻痺剣睡眠剣の3種類。

刃薬 Edit

会心の刃薬減気の刃薬重撃の刃薬心眼の刃薬の4種類が確認されている。

アイテムビン Edit

空きビン強撃ビン属性強化ビン
毒ビン麻痺ビン睡眠ビン
接撃ビンペイントビン
減気ビン打撃ビン
爆破ビン爆撃ビン

アックスビン Edit

  • スラッシュアックス
    強撃ビン強属性ビン滅龍ビン麻痺ビン毒ビン減気ビンの6種が確認されている。
  • チャージアックス
榴弾ビン強属性ビン

比較 Edit

◆ペイントビン (Fuchsia)
◆属性強化ビン (Hotpink)
◆滅龍ビン (Maroon)
◆龍王剣 (Purple)
◆毒ビン (Purple)
◆毒ビン (龍属性と識別用: Blueviolet)
青緑(元の色味に近くなるように)
◆強属性ビン (可読性悪し: Lime)
◆強属性ビン (睡眠ビンと識別用: Lightseagreen)
◆強属性ビン (Limegreen)
◆強属性ビン (Green)
◆睡眠剣 (Teal)
◆睡眠ビン (氷/強属性ビンと識別用: Cornflowerblue)
◆睡眠ビン (Deepskyblue)
◆氷結剣 (Deepskyblue)
◆空色ゲージ (Darkturquoise)
◆水激剣 (Blue)
◆減気ビン (Blue)
◆減気 ビン (水属性と識別用: Navy)

睡眠ビンをtealから外すと水・氷属性に被ってしまう。
画面上の色として睡眠ビンは薄水色である。
同様に龍剣晶と毒属性は被っている。
しかし、滅龍ビンや龍やられのイメージからか
龍属性はMaroon(#800000)が多用されており問題にはなっていない
一方、減気と水属性は同時に使われる機会があり
配色に配慮する必要があるかも知れない。

標準16色から割り当てたもの
◆強属性ビン (Green)
◆睡眠ビン (Teal)
◆減気ビン (Navy)
◆氷結剣 (Deepskyblue)
◆水激剣 (Blue)

Green(#008000)とTeal(#008080)の判別性が悪くなる

◆雷属性(Gold)
◆雷属性(Goldenrod)
◆雷属性(#e5da0b)
◆雷属性(#c4a500)
◆雷属性(#d6b400)
◆雷属性(#c4c000)
◆麻痺属性(Olive)
◆爆破属性(Orange)

土台(見出し1) Edit

  • 当大辞典Wikiにてよく使われている/活かしやすい表現の土台達

見出し2 Edit

  • 基本編:まずは一回試してみよう!
      応用編:慣れてきたら使ってみよう!

見出し3 Edit

その他の表現の皆さん

  • 箇条書き1
    • 箇条書き2
      • 箇条書き3
         
    • 箇条書き2でも下の様に崩れる時があります
  • そんな時は空行を無くすか、直前の行に「-」だけを入れてみましょう*2
  1. 番号1-1
  2. 番号1-2
  3. 番号1-3
    1. 番号2-1
    2. 番号2-2
    3. 番号2-3
      1. 番号3-1
      2. 番号3-2
      3. 番号3-3
定義1
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つれならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
定義2
ABCDEFG
HIJKLMNOP
QRSTUVWXYZ
定義3
因みに下の様に箇条書き関連を組み合わせると崩れます
  • 崩さない為には箇条書き関連を使わないのは勿論、空行を挟まずに改行しましょう*3

引用文1

引用文2

引用文3

 
  • 小さく折り畳む

    ←を押してみよう

    ←を押すともう一度畳めるヨ!
    使い過ぎるとページが重くなるから気を付けよう

 
  • AA(アスキーアート)の表示

    AA

        ○○○                                ______ ______
      ○ ・ω・ ○ つよいぶき よわいぶき そんなのひとのかって \ ∨ /
       ○○○   ほんとうにつよい はんたーなら          <o゚ω゚o>
      .<(,_uuノ   じぶんのすきなぶきで かてるようになるべき   .c(,_uuノ
    
 
  • 表を作りたい時は…
     
     
     
     
 
武器種   
大剣   
太刀   
片手剣   
双剣   
ハンマー   
狩猟笛   
ランス   
ガンランス   
スラッシュアックス   
スラッシュアックスF   
チャージアックス   
アクセルアックス   
操虫棍   
穿龍棍   
マグネットスパイク   
ライトボウガン   
ヘビィボウガン   
   
オトモ武器   
 

アクション/ジャンプ Edit

溜め・強溜め
ジャンプ斬り
目次に載らない見出し(にジャンプするように見せかける)

溜め斬り、強溜め斬り Edit

  • なんと大剣の看板である溜め斬り、強溜め斬りの威力が前作より弱体化されてしまっている
    後述のアップデート前はモーション値が2,3割ほど削られていた。高い溜め段階ほど弱体化が激しい。でもやっぱり楽しいよね

ジャンプ斬り

  • 今作の大剣は場所を問わず溜められるようになっている。
    段差や壁からジャンプしながら溜められるようになり、また斬る向きも自由に変えられる。

目次に載らない見出し(見出しレベル3)


イベント・メディア展開/ほねほねザウルス Edit

ゲーム用語/プリレンダムービー Edit

当記事ではストーリームービーと併せて紹介する。
登場ムービー生態ムービーオープニングムービーの詳細にについては各記事を参照。
基本的にモンハンシリーズではオープニングムービー、ストーリームービー、生態ムービーに使用される。
モンスターの登場ムービーは基本的にリアルタイムの画質とほぼ一緒で使われていなかったがMHWorldではよく見ると使用されているようだ。
MHWorld以降になってからはグラフィックと画質が従来のシリーズから飛躍的に向上した為あまり区別されていない。
ストーリームービー、登場ムービーでは使用されているが、驚く程相違点が無い。
これ以降は各シリーズのストーリームービーの内容について解説する。

MH(G) Edit

MH2・MHP Edit

MHP2(G) Edit

MH3(G) Edit

MHP3 Edit

MH4(G) Edit

MHX(XX) Edit

ミラボレアスもまた参戦している、、、、が、シュレイド城の画質が良くなりすぎて少し浮いてる雰囲気あり。

MHWorld(W:I) Edit

BGM/マム・タロト戦闘用BGM Edit

迫る地母神を好機に Edit

使用作品
MHWorld、MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

龍脈を治する眩耀/マムタロト ~対峙 Edit

使用作品
MHWorld、MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

龍脈を治する眩耀/マムタロト ~変容 Edit

使用作品
MHWorld、MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

龍脈を治する眩耀/マムタロト ~激震 Edit

使用作品
MHWorld、MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

関連項目 Edit

モンスター/マム・タロト

BGM/ボワボワ戦闘用BGM Edit

荒ぶるボワボワ Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック
  • 獣纏族ボワボワのテーマ。
    ボワボワに発見されると流れ始める。
  • ガジャブーと同様に特定の小型モンスターに与えられている専用BGMという、珍しい曲。
    妙にリズミカルなあちらと比べると、ボワボワのものは
    不穏さを感じさせる戦闘曲を有する。

ボワボワの住処にて Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック
  • 厳密には戦闘用BGMでは無いが便宜上この記事に記載。
  • ボワボワの棲み処で流れる民族的なBGM。

関連項目 Edit

モンスター/ボワボワ
モンスター/ガジャブー

BGM/導きの地戦闘用BGM Edit

導かれ集いし猛者たち Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

導かれ集いし猛者たち:The Chase Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

導きの地:中型モンスター Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

導きの地:小型モンスター Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

未だ見ぬ地への越境 Edit

使用作品
MHW:I
収録
モンスターハンターワールド:アイスボーン オリジナル・サウンドトラック

関連項目 Edit

フィールド/導きの地

クエスト/ゾラ・マグダラオス捕獲作戦 Edit

MHW(:I)ストーリー序盤の任務クエストの一つ。
前代未聞古龍の「捕獲」を目的としたクエストである。

目次

概要 Edit

クエストレベルクエスト種別目的地制限時間報酬金成功条件
任務★4特殊クエスト大峡谷50分4,320zゾラ・マグダラオスの
捕獲作戦を遂行
依頼人:総司令
これより大峡谷にて、ゾラ・マグダラオスの捕獲作戦を実行する。
作戦開始は夜明けと同時。ハンター達は各自、クエストを受注し、現地に向かえ。
我々に、導きの青い星が輝かんことを。
  • 超大型古龍(それもシリーズ最大級の)である熔山龍ゾラ・マグダラオスを捕獲するという、
    従来のシリーズにおける常識では考えられないクエスト内容。
    後述する通り、世界観上においても「古龍を捕獲する」こと自体が非常識な発想である。
  • 発案者は新大陸古龍調査団1期団の「総司令」。
    40年間に渡り行われてきた新大陸での「古龍渡り」調査だが、
    渡りの古龍の捕獲に関しては、新大陸を訪れた当時からずっと考えていたのだという。
    しかし、作戦会議にて捕獲決行の提案をした際には大多数のメンバーから驚愕されていた。
    • 後に古龍の捕獲について独自見解を示し賛同する研究班リーダーですら驚いており、
      「天才と変人と問題児の集まり」とされる調査団においても寝耳に水の話だったらしい。
      とはいえ、古龍に精通している研究者たちの中に反対意見を示すものは見られず、
      古龍調査団の、今までの常識に囚われない考え方を象徴しているクエストといえる。
    • 作戦会議の直後、アステラでは古龍の捕獲に関わる見解を聞いて回ることができる。
      それによると、古龍種の捕獲が行われなかった理由について
      「麻酔が効くのか、眠るのか、体力の源は一体何か。そんなことすら逐一未知」という、
      古龍種を生物として捉えた際に従来の生物の定義から外れすぎることが指摘されている。
  • 発想こそ常識外であるものの、作戦内容自体はある種手堅いもの。
    ゾラ・マグダラオスの進行ルート上に立ち塞がるように位置する「大峡谷」が鍵であり、
    高い山に囲まれ天然の要害といえる大峡谷の地形を利用し、マグダラオスの移動を制限。
    そこでありったけの拘束弾で物理的にマグダラオスを拘束し、調査することが目的である。
    脳筋強引な手法ではあるものの、これであれば従来においても古龍の一時的拘束は可能であり、
    調査についても今後の追跡調査を前提としたもので、永続的に捕らえるものではない。
    • 生態研究所の所長は「マグダラオスに特化して準備を進めれば捕獲できるはず」と話す。
      モンスターの専門家でもこの認識であり、無理筋ではなかったようである。
      旧作プレイヤー目線でも古龍に拘束弾が有効なのは周知の事実である
      なので決して総司令が常識知らずの地雷というわけではない…はず
  • 捕獲決行の理由として、総司令は「渡りの成否、発見し易い古龍、我々の戦力、そして運」を挙げる。
    • 渡りの成否:5期団が追ってきた溶山龍は消息を絶たず、現在位置が特定されている
    • 発見しやすい古龍:溶山龍は巨大かつ鈍重で、追跡調査が行いやすい
    • 戦力:5期団は調査完了を期するため過去最大規模となっている
    • :上述の条件が整っている、溶山龍の捕獲に有利な土地、etc...
    精鋭揃いとされた1期団は上陸時のトラブルもあり調査活動を断念するほど余裕がなかった
    2期団、3期団はハンターがあまり増員されず、拠点機能こそ向上したものの十分とは言い難い。
    4期団ではバランスの取れた人員が送り込まれたものの、肝心の渡りの古龍が消息不明となった。
    また、古龍渡りについても「10年後の次がある」という確証すらないものである。
    このような状況を踏まえると、増派された5期団の豊富な戦力と、
    かつてない程順調に追跡を行えているゾラ・マグダラオスの到来は二度とない好機と言えた。
    • この乾坤一擲の作戦のため、調査団は人員や物資などあらゆるリソースをつぎ込むことを決定。
      また、手薄になるアステラを守るために付近に現れる暴れん坊を予め狩猟するなど、
      作戦以外の面でも入念な準備が行われている。
    • 一方、調査団における強力な戦力の一人であるソードマスターについては、
      大蟻塚の荒地で謎めいた「棘の痕跡」が発見されるなどの不穏な現象が同時期に発生しており、
      作戦には参加せず独自調査を行うよう総司令より指示されている。
  • アステラの守護、特殊装具の配布、捕獲に向けた物資の製造や輸送、
    各参加人員の割り当てなどなどが突貫で行われるなか、いよいよ熔山龍が大峡谷に接近する。
    アステラでの作戦会議が終わると、拠点が緊迫した空気に包まれ、BGMも変化する。
    普段と異なるアステラにて、受付嬢と話すことで本クエストが受注できるようになる。

クエストの特色 Edit

  • このクエストはMHWより初登場した任務クエストの一つである。
    任務クエストは基本的に一度クリアすると再受注できない代わりに、
    任務内で発生するイベントなどを除いた同内容のフリークエストが追加されることが多い。
    しかし、「ゾラ・マグダラオス捕獲作戦」は代替となるフリークエストなどが存在しない
    このため、ストーリー上で一度クリアしてしまうと二度とこのクエストを自力では受けられない
    • 例外として他プレイヤーが受注した本クエストに途中参加することは可能であり、
      その場合のみ「大峡谷を舞台とするマグダラオスのクエスト」を再体験できる。
      とはいえ、原則的にストーリー上でたった一度しかクリアできないと考えて問題はないだろう。
    • 言い換えると「大峡谷に赴けるただ一つのクエスト」でもある。
      マグダラオスのクエストは幾つか存在するが、いずれも舞台は地脈回廊となる。
      上述の方法にしても滅多に行ける場所ではないため、フィールドを見たい場合は注意したいところ。
  • 「古龍の捕獲」というかつてない規模のクエストであるが、
    クエスト種別は「捕獲クエスト」ではなく「特殊クエスト」に分類されている。
    達成条件も通常であれば「ゾラ・マグダラオスの捕獲」と記されるべきところだが、
    任務の達成*4ゾラ・マグダラオスの捕獲作戦の遂行*5と特殊なものになっている。
  • 本クエストがストーリー上で出現するタイミングは下位序盤から中盤に差し掛かる頃。
    下位クエストで解禁される4つの通常フィールドのうち半分しか到達していない状況であり、
    これは「超大型モンスターのクエスト」としては異常に早いタイミングと断言できる。
    • 一般的に超大型モンスターは村、街、集会所などのラスボス・裏ボスとして登場したり、
      下位から上位に昇級する前後で遭遇する存在として扱われるケースが殆どである。
      イベントクエストなどでゲーム開始早々に挑むことは不可能ではないとはいえ、
      ストーリーに組み込まれる形でここまで早く超大型モンスターのクエストを受けるのは前例がない。
    • なお、MH4(G)やMHWでは冒頭から超大型モンスターと直接相対する機会があるが、
      これらはチュートリアルを兼ねたものであり、クエストとしては扱われていない。
      MH4の豪山龍にしろMHWの溶山龍にしろ「突然のトラブル」という趣が強く、
      能動的にクエストを受注することになる本クエストとは印象が異なる。
    ストーリー上大きな転機となるタイミングであり、いわゆる「門番」的な側面がある。
    作戦終了後、新たな拠点下位で行ける残り二つの狩猟地が次々解禁される。
    このクエスト以降ドラグライト鉱石が入手できるようになるなど、
    装備面でも無視できないターニングポイントとなっている。
  • クエスト開始直後にムービーが流れ、調査団メンバーが準備する様子が描かれる。
    また、ゾラ・マグダラオスは夜明け頃に大峡谷へと差し掛かると推測されており、
    実際にムービー内でも夜明けとほぼ同時に地中から姿を見せている。
    • このムービーの都合上、クエストの時間は昼で完全に固定されている
      また、受注者はゾラ・マグダラオスが見える位置から狩猟開始となるためBCには居ない。
      ただ、クエスト開始時点でBCには支給品が届いている。
      支給品秘薬や支給品モドリ玉などもBOX内に入っているため、寄り道してみるのも手か。
  • 本作における大砲・バリスタ・翼竜の止まり木などのチュートリアルを兼ねたクエストでもあり、
    大砲の使い方や単発式拘束弾の存在示唆など各種説明がセリフで行われる。
    序盤は指示に従い、これら迎撃設備を用いて対抗することとなる。
  • 後に受けることとなるマグダラオスの地脈回廊におけるクエストの場合、
    最初にマグダラオスの背中に乗った状態で狩猟が開始され、
    一定段階まで進むことで最終防衛ラインとなる障壁上での迎撃戦が展開される。
    一方、本クエストでは二つある障壁の一つでの迎撃戦が行われた後、
    マグダラオスの背中へ翼竜で乗り込む……と順序が逆転している特徴がある。
    • また、地脈回廊のマグダラオスは背中に乗り込むとクーラードリンクが必要な灼熱なのだが、
      本クエストに登場する個体はそこまでの熱は有しておらず、クーラードリンクも不要である。
      この性質はある種のであり、本クエストで乗り込んでも熱ダメージがないことに油断していたら、
      後のクエストにて急にクーラードリンクを求められ驚いたハンターが多いとか。

黒き乱れ矢、乱入 Edit

  • 本クエストにおける最たる特徴と言える要素。
    マグダラオスの進行を第一障壁で食い止められず、総司令はハンターによる直接攻撃を指示。
    排熱器官を破壊し、マグダラオスを鈍らせたところで第二障壁前での拘束を目指した。
    この第二障壁前での拘束でマグダラオスの動きを止められた、と思いきや事件が起こる。
  • 突如空から飛来する黒い影、それは未知なるモンスターであった。
    身動きの取れないマグダラオスの上に降り立つ姿は、プレイヤーにとっては見覚えのある存在。
    そう、MHWのメインモンスターである滅尽龍ネルギガンテが初登場するクエストなのである。
    メインシリーズ史上初となる別種の古龍種が同時にクエストに出現する事態であり*6
    ましてや「超大型モンスターの上で大型モンスターと戦う」全シリーズ初のシチュエーションである。
    ただでさえ異例だというのに、ここまでイレギュラーが重なるクエストも珍しい。
    • ネルギガンテの存在自体はジュラトドスの任務クエスト「不穏の沼影」頃から示唆されており、
      遠からず登場することを予測することは可能だった。
      また、ネルギガンテが最初に公開されたPVでもマグダラオスの背中に居るような描写があり、
      発売前に各PVをチェックしていた人ならば乱入は予測できたかもしれない。
  • ネルギガンテ乱入だが、出現条件は「マグダラオスが特定位置まで進んで拘束されること」。
    マグダラオスはハンターがいくら妨害しても進行し続けるが、妨害しなくても進行する。
    そう、実はマグダラオス自体には一切ダメージを与えなくともネルギガンテは出現する
    それどころかクエスト開始から棒立ちしていてもネルギガンテは出現するのである。
    一方、本クエストをクリアするためにはネルギガンテにダメージを与え撃退する必要性がある
    • 言ってしまえばクエストの仕様上もはやマグダラオスの方がオマケ
      マグダラオスに関わる一切のことは「翼竜の止まり木への移動」すら必要ないのだが、
      ネルギガンテに関してはどうしても対処する必要性が出てくる。
      強制的にマグダラオス上に移動するため、BC待機勢すら無理矢理戦線に引っ張り出される
    • 後に出現する任務クエスト「ゾラ・マグダラオス誘導作戦」の場合、
      ネルギガンテは乱入してくるものの一切ダメージを与えなくても撤収する
      あちらでは紛れもなくネルギガンテの方がオマケと言えるだろう。

関連項目 Edit

モンスター/ゾラ・マグダラオス
モンスター/ネルギガンテ
モンスター/バルノス
フィールド/大峡谷

MHFの記事の登場モンスター欄の変更案 Edit

  • 下記に挙げるMHFオリジナルモンスターのほか、MHP2までに登場したモンスター*7が登場する。
    また、2015年からはMH3以降作品のモンスターが随時導入されていた。
    具体的には、亜種や希少種なども含めた総計は150種となる
    (外見が異なる特異個体、辿異種や特殊個体、覇種を加算した場合は253種)。
    アップデートによる対応(メインシリーズにおける「G級追加」を幾度も重ねているようなもの)という形式、
    またMH2からそのまま据え置かれたモンスターもカウントされていることを考えれば、
    参戦モンスターが膨大になるのはある種の必然ではあったが、それを考慮しても凄まじいボリュームであった。
    • 総計については実際にモンスターとしてフィールドに登場することを考慮し、ココモアも含めている。
      ポカラ(幼体)については、モンスターであるがシステム的には人物扱いのため除外。

MHFオリジナルモンスター

獣人種
ウルキー
草食種
エルペ
ブルック
甲虫種
紫光虫*8
甲殻種
尾晶蠍アクラ・ヴァシム
  • 辿異種アクラ・ヴァシム
灰晶蠍アクラ・ジェビア
多殻蟹タイクンザムザ
クスバミ
牙獣種
響狼カム・オルガロン
雌響狼ノノ・オルガロン
跳緋獣ゴゴモア
ココモア
爆狼ミドガロン
  • 辿異種ミドガロン
赤闘獣ロロ・ゴウガルフ
青闘獣レイ・ゴウガルフ
ギウコンガ(仮称)*10
紅蓮獅子ヴォージャン
辿異種ドドブランゴ
鳥竜種
眠鳥ヒプノック*11
傾雷鳥ファルノック
華鳳鳥フォロクルル
照雷鳥トリドクレス
  • 辿異種トリドレクス
魚竜種
溶岩竜ヴォルガノス*12
白銀魚竜アルガノス
黄金魚竜ゴルガノス
魚人型邪鬼*13
辿異種ガノトトス
飛竜種
棘竜エスピナス
舞雷竜ベルキュロス
冥雷竜ドラギュロス
  • 辿異種ドラギュロス
呑竜パリアプリア
氷狐竜デュラガウア
蛮竜グレンゼブル
弩岩竜オディバトラス
針纏竜ヒュジキキ
  • 辿異種ヒュジキキ
暴鋸竜アノルパティス
  • 辿異種アノルパティス
輝界竜ゼルレウス
  • 極み耀くゼルレウス
  • 辿異種ゼルレウス
黒穿竜メラギナス
雷轟竜ディオレックス
創音竜ポボルバルム
炎角竜ヴァルサブロス
水砦竜グレアドモス
衛蛇竜エギュラス
裂水竜ゼナセリス
辿異種フルフル
辿異種リオレウス
辿異種ティガレックス
極み駆けるナルガクルガ
爆霧竜ボガバドルム
  • 辿異種ボガバドルム
  • 極み襲うボガバドルム
辿異種グラビモス
飛竜UNKNOWN
海竜種
晶竜クアルセプス
ポカラ
凍海獣ポカラドン
喰血竜バルラガル
  • 辿異種バルラガル
獣竜種
獰竜アビオルグ
  • 辿異種アビオルグ
氷獰竜ギアオルグ
怒貌竜ガスラバズラ
  • 辿異種ガズラバズラ
極み喰らうイビルジョー
フレイムタイラント*14
牙竜種
極み吼えるジンオウガ
古龍種
極龍ルコディオラ
  • 辿異種ルコディオラ
天翔龍シャンティエン
雷極龍レビディオラ
熾凍龍ディスフィロア
雅翁龍イナガミ
  • 辿異種イナガミ
金塵龍ガルバダオラ
司銀龍ハルドメルグ
  • 辿異種ハルドメルグ
浮峰龍ヤマクライ
凍王龍トア・テスカトラ
帝征龍グァンゾルム
  • 極み統べるグァンゾルム
焔嶽龍ケオアルボル
灼零龍エルゼリオン
  • 極み灼き凍るエルゼリオン
種族不明
大巌竜ラヴィエンテ
  • 大巌竜ラヴィエンテ狂暴期
  • 大巌竜ラヴィエンテ猛狂期
黒狐竜ミ・ル
  • 妖し化ける?????
【天廊の番人】ドゥレムディラ
  • ドゥレムディラ(第二区)
  • 極み傲る???

イベント・メディア展開/モンハン飯 Edit

※ルール守って体裁整えられてから記事化してください

  • 料理監修はモンハン酒場のパセラリゾーツ、発行は株式会社ワニブックスのシリーズ初のレシピ本。

概要 Edit

  • シリーズを一作でもプレイした方なら誰でも思ったことがあるだろう。食べるだけで狩人のあらゆるステータスに影響を及ぼす料理の数々は
    一体どんな味がするのだろう、と。
    15年の歴史のあるモンスターハンターはこれまで数多くの商品とコラボを行っており、こんがり肉味やら回復薬味、変わり種でクーラードリンクといった携行食のコラボ商品や、
    本編の料理をガッツリ再現した新宿歌舞伎町にあるモンハン酒場と言うように見つけたら食べられる程度には機会があった。
    しかしやはりコラボというのは一時的なものでいつでも気が向いたときに食べられるわけではないのもまた事実である。
    しかしこの一冊と材料と多少の料理の技術があればいつでも現実世界で回復薬が作れるのだ。

収録レシピ一覧 Edit

 
ドリンク野菜料理肉料理飯料理デザート
回復薬
回復薬グレート
完熟シナトマトのワイン煮こんがり肉
こんがり肉G
受付嬢のおすすめ定食
(パエリア)
ザザミソのバニラプリン
クーラードリンクベルナスのウォッカ蒸しサイプロシュートの肉団子受付嬢のおすすめ定食
(シュラスコ)
熱帯イチゴのタルト
ホットドリンクハップルアップルの生ハム巻きリノホロロースカツコダイオウイカのイカメシシナト風アップルトマトタルト
強走薬
強走薬グレート
酒のジュレと生ハムの龍サラダモガ二たっぷりリノプロ焼売砂丘チャーハンフルベビアイス
キノコジュース特産キノコキムチ龍の合挽きハンバーグチココーンバターご飯串団子
ほろ酔いワインワイン茶漬け
肉盛りマグマ丼
 

余談 Edit

  • 味はG級だが材料費もG級だと評判である。具体的には生ハムが頻出する
    • それから家庭にもよるだろうがまず聞いたことないような調味料も出てくる。お住まいの地域にもよるが揃えにくかったりする。
      最近料理がマンネリかも...という方もいかがだろうか。
      -因みに害悪ロケット生肉からも評判のお肉がとれる

関連項目 Edit


*1 表示されていた番号に飛んで行くよ
*2 箇条書き3を直す場合は「--」
*3 定義1であれば箇条書き2が、定義2であれば箇条書き3が丁度良い位置に来ます
*4 クエスト受注時。
*5 攻略本などに記載。
*6 この段階ではネルギガンテは古龍に認定されていない。また、キリン(亜種)などは二体同時出現例がある。
*7 ドスギアノスのみ未実装
*8 外伝のメゼポルタ開拓記で「紫光虫」と呼ばれている
*9 ゲーム内クエスト「よろしくハンターさん!」に登場した、ゴゴモアの着ぐるみを着た宮下輝樹氏である。
*10 ゲーム内イベント『MHF最後の宴』のクエスト「祭りの夜のご挨拶【密林】」に登場した、ババコンガの着ぐるみを着た杉浦一徳氏である。
*11 メインシリーズとの共同開発モンスターであり、厳密には本作オリジナルモンスターではない。
*12 メインシリーズとの共同開発モンスターであり、厳密には本作オリジナルモンスターではない。
*13 週刊ヤングマガジンの連載漫画『彼岸島』とのコラボレーションにてゲスト出演したモンスター。
*14 スクウェア・エニックス社のオンラインゲーム『インペリアル・サガ』とのコラボクエストに登場する特殊なイビルジョー。