倉刈明(くらがりあきら)

Last-modified: 2020-11-09 (月) 03:56:47

表サクセス

 倉刈仁志の息子で倉刈日出子の弟。父と姉同様眼鏡を掛け目付きが父譲り。『2』『5』では丸刈りだったが、『7』以降髪を生やし父と同じ髪型で天然の髪だった事から顔が父そっくりになる。
 父と同様の上目遣いが特徴。『2』では幼稚園生。『3』-『5』では小学生。『7』では高校生。『8』以降プロ野球選手で登場。
 『2』-『5』では凡田と天敵だったが、『8』以降友人になる。

パワプロクンポケット2ドリルモグラーズ編)

 初登場。この時5歳。眼鏡を掛け丸刈に左に垂れ下がった白シャツ姿。人見知りが激しい性格。
 「おもちゃは遊ぶもの」と考えており、凡田の部屋に訪れては玩具で遊んでゆく。
 しかしその度におもちゃを壊してしまい凡田の天敵とされていた。
 主人公(2)にアイスクリームを買って貰う事もある。

パワプロクンポケット5大神モグラーズ編)

 この時11歳。学生服を着用。
 姉のデートについてきて、お寿司を食べたいと言い出し主人公(5)に奢らせていた。
 玩具は遊んでこそという考えは変わっておらず、相変わらず凡田のプラモを破壊していた。

パワプロクンポケット7(謎の転校生 甲子園ヒーロー編)

 埋立地でのうろつきイベントで姉とともに登場。一人野球の練習をしていた。この時主人公が声をかけると即座に逃げ出してしまう。
 本作では玩具絡みのイベントはない。
 今まで丸刈りだったが、本作から髪を生やし髪型も父譲りで天然の髪型で顔が父そっくりになる。

パワプロクンポケット8(特命ハンター編)

 プロ野球選手になっており、大神ホッパーズに入団している。背番号は61*1で、ドリルモグラーズ時代に父親が着けていた60より1大きい。
 選手能力は『2』の頃の父よりも一回り低く(特に耐エラー)、チャンス×や対左×も持つなどお世辞にも優秀とは言えない。

 

 貧乏な育ちがコンプレックスになっている模様。主人公(8)が部屋に遊びに行くと何故か2人でトランプのババ抜きや7並べで遊ぼうとする。トランプ以外の遊びの知識には疎く、主人公(8)から他の遊びをしようと「ユウゲ王カードゲーム」を紹介されるがルールが分からないため、結局はトランプで遊び続けることになった。
 また、しあわせ島から戻ってこない父親の件で長らく不安を抱えており、父親の話を振られると塞ぎ込んでしまう。

 

 根暗な性分だが、やはり元プロ野球選手として活躍していた父親の事は尊敬しており、パワーアップイベントでは主人公(8)と水木コーチの提言により、行方不明の父親に負けないような日本一の選手になろうと決意する。この頃は『11』と比べて前向きで、ひたむきさもあった。
 凡田とは『5』まで天敵だったが、『7』以降性格が真面になった為に本作では友人になっている。ランダムイベントでは「おもちゃは遊ぶための物」という考えをまだ見せている。

パワプロクンポケット11(新球団ナマーズ編)

 8に引き続き大神ホッパーズの二塁手。
 ナマーズには条件を満たしてると官取とのトレードで入団する。
 ナマーズにトレードすると、登録名を「アキラ」に変更する*2
 主人公(11)よりも先輩であるからか、『8』の頃より態度がでかくなっており少しガラが悪い。

 

 元同級生の女子に騙され借金の保証人になり、その後いろいろあって10億円の借金を抱える事になってしまう。
 結局借金返済のために野球を頑張り、高額年俸選手となるため後ろ向きなパワーアップするも、アルバムでは梅干しを見ながらご飯を食べるひもじい暮らしを送る羽目となった。なお、これは『2』の父親のアルバムのオマージュとなっている。

裏サクセス

パワプロクンポケット10装甲車バトルディッガー編

 ホワイトベア所属の「アキラ」二等兵で登場。14歳。故郷には父クラガリと姉ヒデコがいる。『8』の顔で登場。
 元々はムーングロウ帝国が敗戦直前に13-59歳の男性を根こそぎ動員しており、その中の一人として徴兵された。伝令任務をこなしていたが、敗戦時にちょうど独立576中隊への伝令任務中だったことから、そのまま独立576中隊に合流した。ただ、同行を決めた理由には「徴兵に応じる際に、徴兵逃れをさせようとした父親と喧嘩して家に帰りづらかった」という裏事情がある。

 

 性質上、ゴンダやヘルガと共にホワイトベアでしか加入させられない仲間でレッドドラゴンのソムシー、ブラックタイガーのたかゆきと同様各勢力固有の乗車の人物枠。
 しかし本作では全勢力で加入させられるとある乗車の人物のせいで影がかなり薄くプレイヤー次第ではスキル選別用の生贄にされることも…。

 

 当初は典型的な「軍国少国民」といえる有様で、帝国内のプロパガンダの数々を完全に信じきっており、その影響で「名誉の戦死」を求めていた。主人公(10裏)へ同行したいと申し出た際には「死に場所」が欲しいと堂々と発言した為に主人公(10裏)から殴り飛ばされ同行拒否された。その様子は主人公(10裏)には「死にたがり」と評され、ヘルガすら「つまらないことで命を落としかねない」と心配するほどの有様だった。
 だが遺跡に潜り主人公(10裏)に教育を受けるうちに考えが変化して行きアルバムでは家に帰り家族と再会を果たした。

 

 なお、ヘルガの「つまらないことで命を落としかねない」という不安はレッドドラゴンルートでは現実のものとなり、レッドドラゴンとの戦闘で負傷した後に、救護に来たレッドドラゴン構成員を殺してしまい、ヤシャの反撃で殺されるか、子供であるため見逃そうとしたラセツに「自分は子供ではなく兵士だ」と答えてラセツに切り殺され死亡するという末路を辿ることになる。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 倉持明? -- 2013-12-18 (水) 17:16:10
  • ↑なんでやねんw 倉刈明だよww -- 2014-08-03 (日) 09:06:05
  • 元ネタの話だろ -- 2015-08-11 (火) 20:39:57
  • 父親の失敗と生活環境から何も学ばなかった愚か者 -- 2015-11-24 (火) 11:08:49
  • 倉刈さんの成功と失敗 そして日出子ちゃんの涙ぐましい努力を何一つ学ばない 凡愚 -- 2016-04-04 (月) 15:56:38
    ;
  • 父親の悪いところだけ似た男 -- 2016-09-02 (金) 17:34:39
  • 父親のいいとこ(エラー回避の高さ)は全く似なかったけどね。 -- 2017-12-17 (日) 21:31:16
  • ってかこいつ一族はそうなる宿命だろ -- 2017-12-31 (日) 17:27:56
  • 年代的に妥当とは言え11で先輩扱いで態度のデカいキャラとして出た時はイラッとした -- 2018-06-06 (水) 03:43:13
  • お父さんと違って攻撃型セカンドになるのは印象深い -- 2018-06-10 (日) 17:34:32
  • 若さ故の過ちってやつですね... -- 2019-09-27 (金) 07:20:57
  • 叩きコメはダメでしょう -- 2019-11-20 (水) 09:13:22
  • 8で一向にパワーアップイベ来ないのウザ過ぎ -- 2020-01-29 (水) 02:07:33
  • 記事にもある通り7では埋め立て地で練習しているが主人公が声を掛けただけで走って逃げ出す等社交的な性格とは言えない。モグラーズ関係者以外との貴重な会話シーンなのだが普段からこういう性格なのだろうか… -- 2020-03-15 (日) 03:53:38

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 『10』以降アレンジチーム「大神ホッパーズ」より
*2 音声は「くらがり」のままだが、後の作品の野球モードでは音声が「アキラ」に修正されている