Top > 攻撃値・防御値のダメージへの影響量


攻撃値・防御値のダメージへの影響量

Last-modified: 2014-09-05 (金) 14:20:24

大雑把な検証結果から得たデータなので、あくまで参考程度に。

攻撃値の検証 その2 Edit

ユンロンで攻撃値を様々な値に変更しながら
「LV3 星たぬき」を攻撃し、ダメージの幅を検証した結果を記載する。

攻撃値最小最大平均値平均/攻撃会心時最小会心時最大会心時平均
50192019.50.39262827
100525754.50.545586461
2001181301240.62126136131
3001842021930.643189208198.5
400250273261.50.653255278266.5
5003143463300.66324352338

「星たぬき」の防御力が不明なことと、敵のレベルによって
同じ攻撃力でも与ダメージが変化するので、あくまで「LV3 星たぬき」の場合に限定するが
攻撃値が上昇するごとに与ダメージが攻撃値の2/3に収束していくことがわかる。

また、平常時のダメージとクリティカルが発生した場合のダメージの差が
攻撃値の比率の影響を全く受けていないと言ってもいい結果となっている。

このことから、クリティカルが発生した際の計算式において
攻撃値に修正は加えられず、敵の防御値に修正が加わっていると推測される。
会心及び会心値についてのページにおいてもこの説を後押しする考察あり)


上記のユンロンの例では攻撃値50以降の範囲では攻撃値1.44ごとに与ダメージが1増加している。
しかし下記の表にある通り、剣士では攻撃2.5ごとに与ダメージが1増加しており、大きく異なる。
これに関しては下記の「攻撃値の検証 その3」を参照。

攻撃値の検証 その3 Edit

スズネで攻撃値を様々な値に変更しながら
「LV3 星たぬき」を100回程度攻撃し、ダメージの幅を検証した結果を記載する。

攻撃値最小最大平均値平均/攻撃会心時最少会心時最大会心時平均
50131413.50.27192019.5
100374038.50.385424644
2008593890.445899893.5
300132145138.50.461666667137151144
400179198188.50.47125185203194
500227250238.50.477232256244
6002753032890.481666667279308293.5
7003233553390.484285714
8003694073880.485
900417460438.50.487222222
1000465512488.50.4885

※攻撃値700以降のクリティカルのダメージ検証は省略

与ダメージの収束が攻撃値の1/2に向かっているように見える。
(ユンロンの場合の収束が2/3に向かっていたのはLS「精霊降ろし」の影響と思われる)

LSの補正が無ければ、先の検証で剣士でのダメージ上昇が「攻撃値2.5ごとに1」という結果と近似している。
個人的には、攻撃値と相手の守備値が近い状態では与ダメの補正が大きくなるが
攻撃値が大きくなる(守備値との差が広がる)につれてその補正が小さくなる計算式になっているのではないかと考える。


攻撃値50~の範囲では攻撃値2ごとに与ダメージ1増加している。

守備値の検証 その2 Edit

ユンロンで守備値を様々な値に変更しながら
「LV70 マッスルウッホ」の攻撃を受けた際のダメージを検証した結果を記載する。

ふりかぶりタックル
守備値最大最小平均C最大C最小C平均最大最小平均C最大C最小C平均
0948388.5948388.5183168175.5183168175.5
100696366797577137129133154147150.5
200544951.573677010598101.5141141
300454143676465.5908386.5129129
400363334.5625960.5736669.5127127
500282426585657565053117117
600181617555052.5373335108108
70010895046481818189393
800111454243.5111888687

この表から見て取れることとして、
守備値の上昇とダメージの減少が正比例していない。
守備200までのダメージ軽減幅は大きくなっているが、
300以降の軽減幅はほぼ定数となっており、800になった時点でダメージが実質0となっている。

クリティカル発生時のダメージは、守備値が1/3になった付近の通常ダメージが算出されているように見える。
守備値800で通常ダメージが1になっているのに振りかぶりとタックルで
ダメージが大きく変化していることからも、攻撃値は変化せずに守備値を減算させていると考えられる。
また、守備値が0の時のクリティカルダメージは通常ダメージと変化がなかった。


「ふりかぶり」のダメージが敵でいうところの通常攻撃にあたるものだとすると、
防御値0~100の範囲では防御値4.5ごとに被ダメージ1減少
防御値100~200の範囲では防御値7ごとに被ダメージ1減少
防御値200以降の範囲では防御値12ごとに被ダメージ1減少となる。
具体的に閾値のようなものがあるわけではないと思われるため、あくまで目安

なお上記の表から見て取れる通り、タックルのような最終的なダメージ計算に係数がかかるダメージに関してはその分防御値による被ダメージ減少量も大きくなる。

以下は過去の検証結果 Edit

過去の検証結果

  • ユンロンの検証を書かれた方、本当にお疲れ様です。剣士での検証に比べて、攻撃値の増加に対するダメージの増加が極めて大きいですね。職種によって通常攻撃1段目の性能も大きく違うんでしょうか -- 2014-08-28 (木) 23:19:30
  • てか、防御値800とかどうやってしらべたの? -- 2014-08-29 (金) 00:15:48
  • 守備値か -- 2014-08-29 (金) 00:16:18
  • ほんと乙。強いて言うなら何回試行しての平均なのか知りたいな -- 2014-08-29 (金) 00:57:03
  • 試行回数は各パラメータ100回以上、のはず。後半はちょっと疲れもあって数字が曖昧。 -- ユンロン書いた人? 2014-08-29 (金) 06:31:04
  • スズネでの検証結果も・・・乙です -- 2014-08-29 (金) 22:01:06
  • 凄いね、学生の論文みたい -- 2014-09-02 (火) 17:45:53
  • ここに書くべき事ではないのかもしれませんが。スキルのHP80%以上で15%アップとは何が上がっているのでしょうか??他のページもみましたが詳しく書かれていなかったのでわかる方がいたら教えていただきたいです。(スキル専用ページがあったらうれしい) -- ならく? 2014-09-04 (木) 12:59:15
  • なるほど、わからん -- 2014-09-05 (金) 14:20:24

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White