職業まとめ

Last-modified: 2020-08-01 (土) 21:36:59

クラスチェンジについて

チェンジスフィアを5個使うことにより、ステータスを大幅強化できる『クラスチェンジ』が出来る。
輝剣以外の全てのキャラが対象で通常攻撃のコンボにも変化がある。
黒の後継者など一部例外もいるが、
「フォームチェンジ」や「通常攻撃コンボ変化」よりも優先度が高い。
基本的には前述した二つよりも強力なことが多い。*1

剣士

剣を使うオーソドックスなバランスタイプの職業。
攻撃範囲が広い通常攻撃が特徴である。

  • CC後の名前は『ソードマスター』。
    最初期からある基本職で、主人公も剣士であるため、プレイヤーにとってはお馴染みだろう。

  • CC前にあったチャージスラッシュという遠距離への壁貫通攻撃がなくなったが、
    通常攻撃コンボの1コンボ目が強力で、遠距離の敵まで巻き込んで一気にSP回収できる。
    全体的に攻撃速度も上がっており、剣士の魅力出会った攻撃範囲まで向上している。
    新たに、ランサーにあったガードも追加され、ジャストガードこそ出来ないものの、
    ランサー同様の性能を誇り、デンジャラスアタックまで防ぐ事が出来る。
    やはりというか、ダメージを受け続けると割れる。
    フリック回避から薙ぎ払い攻撃も出来る。
    長押しから離すと出来るのが新技、『チャージフォース』。ダメージもでる。
    効果は攻撃アップ(30秒/30%)とステータスダウン回復。
    サポートキャラのスキルのような通常の攻撃アップと重複もできる。
    バーストゲージを最大まで溜めて長押しすると、『バーストドライヴ』を発動できる。
    効果も高く、
    攻撃+150%、会心+200%、移動速度、属性ダメージ+50、チャージ時スキル強力+50%と強力。
    ただし、強化延長の効果を受けずガード不可能になってしまう。
    さらに、比較的剣士はバースト前提火力であり、バーストしないとあまり火力がでないのが短所ではある。

武闘家

パンチやキックで攻撃する手数の多さが特徴的な職業。
速い攻撃速度と高い会心で総合火力はかなり高いが防御はやや低め。

  • CC後の名前は『拳聖』。
    CC実装後コンボチャージがアクションスキルのhit数でも溜まるようになり、コンボチャージが3段階に緩和(最大強化値は以前と変わらず)、バーストによる強化が撤廃されその分の強化はコンボチャージに自動的に追加されるように。バーストがチャージでしか発動せずda無効の攻撃に、さらに掴み抜けも追加されdaや掴みへの対応力は上がった。
    ただし最大強化にコンボチャージをあげないといけないのは変わらないので以前と変わらず「開幕から最大火力を出す」ことに関しては苦手なキャラが多い。
    この職の最大の武器はhp吸収を付与できる「茶熊ルビィ餅」があるということ。
    新しいキャラや武器は火力インフレに伴い、hp吸収効果に上限をつけられる中、この武器は未だ1%かつ上限の制裁もなく現環境でもそこそこの火力強化もある武器のため、火力も出しつつ即死回避やファンネルがある拳キャラはどのキャラでもほぼ不死身という耐久を手に入れることができる。

ウォリアー

攻撃力が非常に高い斧やハンマーを使う職業。
武器が巨大なので攻撃が大振りになりがちである。

  • CC後の名前は『ウォーロード』。
    CC実装後も2度の職調整が入ったがそれでも敗北職の名は取れず、ついにCC実装後3回目2020/5/15に大幅な調整が入った。
    内容は主にチャージ後さらに10段回のチャージを貯めるオーバーチャージにバーストのDA無効化など。オーバーチャージは「チャージごとにspが回復し物理火力が上がりスキルを撃たない限りチャージ状態がストックされる」というもの。
    しかし元々の課題の無敵モーションの少なさは改善されず、オーバーチャージをいちいち貯めるよりもスキル連発の方が火力が出る上にそもそも他職には何もせずともこれ以上の継続火力を叩き出すキャラが蠢いているため敗北職の汚名挽回にはならず。
    これには運営側も焦ったのかさらに調整。オーバーチャージの短縮や物理ダメ倍率増加に通常攻撃upも追加、バースト後はチャージバニッシュ掴み以外無敵になり明記されていないがバースト前はチャージ1段回目でチャージバニッシュを撃つのも無敵判定となっている。

ランサー

高い防御力を誇る槍を使う職業。
攻撃が直線的なものが多く、シールドを使う事ができ、防御面ではトップクラス。

  • CC後の名前は『ガーディアン』。
    アップデートでガードが解放され、タイミングよくガードするとダメージを一切受けない『ジャストガード』になる。
    クラスチェンジすると、ジャストガードなどでゲージをためカウンター攻撃『リベンジバースト』を放つことができる。
    CC実装後も全体的に通常攻撃モーションが遅いが、ジャストガードがかなり強力で、タイミングもそこまで厳しくない為、SP回収はガードでした方がいい。

アーチャー

遠距離攻撃を得意とする弓を使う職業。
回避しながら、弓を放つローリングショットがかなりの手数を持ち強力。

  • CC後の名前は『グランアーチャー』。
    ちなみにクラスチェンジ後は射程や威力が大幅強化され、
    敵との距離が離れるほど威力アップする。
    バーストゲージをためるとバーストアローを打てる。
    発動後はすぐに行動可能になり、重ねてスキルを発動することもできる
    バーストアローは通常攻撃扱いで、ヒット毎にSPが回復する。
    職業挙動変更時にはチャージを三段階した場合、以前は三段階チャージアローが一回打てるだけだったが、コロリンしない限りは連発ができるようになった。しかしバーストアローを打つには三段階+キャラの周りが赤く表示される、それから一旦離してもう一回打たないといけないので面倒臭い。

魔道士

魔法による中~遠距離攻撃を駆使する杖を使う職業。
初期は回復スキルが基本的には魔道士しか使えなく、貴重な存在であった。

  • CC後の名前は『大魔道士』
    「スペルバースト」は通常攻撃でゲージを貯めると発動できる大魔道士固有のアクションで、様々な効果がある。
    発動時にHP5000とSP500回復する
    発動時と発動中にダメージを与える
    発動中は範囲内の味方を強化し一定時間消費SP0になる
    こう書くと強そうに見えるが、実際にはかなり速くなったとはいえ遅めの通常攻撃やDAまみれの敵環境などを合わせて使いづらい。

クロスセイバー

2本の剣による手数の多い連撃ができる職業。初の追加職でもある。
武闘家同様防御が低めだが、アサルトロックによる連撃と回避からのカウンターが強み。

  • CC後の名前は『エクスセイバー』。
    クラスチェンジ後は全員が順手持ちになる。
    ぷにコン長押しで「アサルトロック」を使い、瞬時に相手の懐に潜ることができる。
    このモーションは無敵状態が有り、
    攻撃速度が一定以上あればアサルトチェイン中完全無敵も実現できる。
    さらに、双剣にはダッシュがあり、普通の職業より元の移動速度が速い。
    クラスチェンジ後の初撃は相手の懐に瞬間移動する。
    バーストゲージをマックスまで貯めると「エクスバースト」が使える。
    無敵じゃないため扱う場所は気を付けたいが暴発には注意。

ドラゴンライダー

竜に乗って槍を振るう職業。一周年で追加。
他の職業と比べて素の移動速度が速いのが特徴である。

  • CC後の名前は『ドラゴンマスター』。
    鳥に乗ったり乗り物に乗ったりとドラゴンライダーなのかおかしいが、
    シズクいわくなにかに乗って戦う職業は基本的にドラゴンライダーとして登録されるんだとか。
    他の職業と比較してデフォルトの移動速度が速く、
    明確にギミックを受けるか受けないかは竜や乗り物などと、馬の二つのカテゴリに分けられる。
    中でもローリングアタックのドラゴンアサルトは、デンジャラス以外を無効にしながら攻撃できるのが強み。
    CCすると使えるようになる、バーストゲージMaxで発動できるドラゴンバーストは短射程なものの
    乗り物が巨大化し、高火力の攻撃ができる。
    無敵のローリングアタックをしながらSP回収をし、バーストゲージをため、
    通常攻撃しか通用しないべリアルやテオくんに、効率よくバーストを放てる。

ヴァリアント

オーブを使う職業で、そのキャラ固有の変身ができる。
〈例〉

  • CC後の名前は『ヴァリアントG』。周年に関わらない追加職はこれと双剣のみ。
    • 変身後のタイプは4種類あり、ビースト、バード、ドラゴン、ストライカーの4種類。
      職属性も特殊で、通常時は魔だが、変身すると、
      ストライカーのみ打属性に、それ以外の3種類は斬属性へ変わる。
      変身前はやや扱いにくいが、魔属性の攻撃をしたいときは有効。
      フリック回避から出せるローリングアタックは無敵だ。
      変身後は職属性が変わり、通常攻撃がSPを使う代わりに、
      デンジャラスアタック以外を無効にし、高い火力で攻撃できる。
      長押しで、うねうね動くオーブによる自動追尾攻撃ができ、
      普通に攻撃するよりも、SP回収がしやすい。
      バーストでは、SP回復や付与効果解除無効などの、効果+ダメージを与える。
      人間時に使えば魔属性ダメージ+変身。
      ただし、ネロのように、HP/SP変換が出来るキャラではないと、
      変身時を維持しにくく、火力があまり出ない。
      SP回収が面倒で、SPが無くなるたびに、
      人間に戻らないといけないため、手間がかかる。
      ビースト(エイジなど)、バード(パルメなど)では、
      変身後に長押しでチャージハウリングを発動できる。気絶状態にさせることがある。
      ストライカー(レクト、シェリルなど)では、
      双剣同様アサルトロックが使えるため、間合いを詰めながら無敵状態での攻撃ができる。
      ドラゴン(バール、帝国2ジュダなど)では、
      ブレスを吐き、チャージを溜めた後に再度ブレスを発射するとブレスが強化される。

バーサーカー

非常に大きい剣を使う職業。三周年で追加。
全職業トップクラスの通常攻撃火力を持ち、
あまりの重さに攻撃が大振りになってしまっている。

  • CC後の名前は『ヘレティックバーサーカー』。
    • 通常攻撃の威力と攻撃範囲は全武器の中でも最高峰。
      しかし、あまりにも剣が大きいため、攻撃速度アップの効果を受けないというデメリットがある。
      最近追加されたジャストカウンターは、大剣の弱点であるSP回収面が大幅に改善され、
      確定クリティカルで高火力の追撃を手にいれたことによりかなり強力な職業になった。
      バーストゲージをMAXまで溜めると、アクセルバーストを放ち、体力を吸収できる。
      さらにその状態でチャージをマックスまで溜めると、ヘレティックブレイクを発動でき、
      不死身の暴走状態になることができる。

ルーンセイバー

ルーンにより光輝く剣を使い、近距離から中距離で戦う職業。四周年で追加。
ルーンドライブという専用の強化技や、回避時間が長いのが特徴。

  • 元からCC扱いであるため、CCする必要がない。
    デフォルトで移動攻撃ができ、無敵モーションも多く長押し初段はda無効判定なのでsp回収もしやすく職として全体で見ても初心者でも扱いやすく使いやすい強力な職業。

コメント


*1 ジャストカウンターが使える双剣フォームチェンジのソアラ式や、槍ながらも手数が多いフォームチェンジの槍メイリン式など、フォームチェンジの中にも実用性が高い物もある。