道場

Last-modified: 2021-02-01 (月) 21:44:01

道場について

  • メイン探索の1章3節第3話をクリアする事で開放される。
  • 指南書を消費することで、キャラのスキルLv.を上げることのできる施設。
  • スキルには「攻性スキル」「防性スキル」「補性スキル」の3種類があり、指南書の適性が異なる。
    • 指南書の種類は問わないが、タイプの一致した指南書を使うことで獲得スキルExp.が150%となる。
  • 高ランクの指南書であるほど1時間ごとの経験値獲得効率が良くなりスキルLv.を上げやすくなるが、
    指南書は昇格素材でもあるので、[弐]および[参]の指南書の使いすぎには注意しよう。
  • 3枠目開放に必要な神結晶は200個。キャラの追加ペースは中々早いため、石に余裕があるなら開放した方が良いと思われる。
  • 指南書【改】は通常の指南書よりもスキル強化に必要な時間が長いかわりに、得られるスキルExp.が高く設定されている。
    また、指南書改は昇格アイテムとして使用することはできない。
    • 指南書改は同ランク・同種類の指南書と比べて必要時間と獲得スキルExp.の上昇量が全く同じ倍率であり
      実際の経験値獲得効率は同ランク・同種類であれば通常の指南書と全く変わらない。
      通常指南書を1とした場合の改の各倍率は右記の通り。 初:初改→1:6 弐:弐改→1:3 参:参改→1:1.5
      • 時間効率が全く同じなのと昇格素材としては使えない事から、
        頻繁に開かなくても強化が進む事・通常指南書を節約できる事・時間が異なるので微調整にも使える事が改を使うメリットとなる。
      • 余談だが、スキル1つを最大の10まで上げるのに最短でも5日と6時間かかっていた(壱1個・弐1個・参15個)が、
        改実装後の最短は5日と4時間となるため少しだけだが短縮されてはいる(参14個・参改1個、参3個あたり参改2個に変更することも可能)
  • スキルLv.10に到達すると獲得経験値の余剰分が無駄になるため、
    例としてLv.10までに必要な経験値が残り600以下なら[初]と[弐]を併せて使う方が[参]単独を使うよりも経験値獲得効率が良い。
    しかし残り経験値が601以上だと指南書を複数使った際の所要時間が最低でも8時間になるため、[参]単独を使った時と獲得効率が変わらなくなる。
  • 各スキルLv.の効果について詳しくは、スキルの成長傾向を参照。
スキルLvUPに必要な経験値
12345678910累計
01002004008001400220032004400580018500
指南書所要時間獲得経験値獲得経験値
(/1h)
LvMAXまでの要求
(150%使用)
通常150%通常150%数量時間
2:00:001001505075124個10日と8時間
4:00:0030045075112.542個7日
8:00:00800120010015016個5日と8時間
初改12:00:00600900507521個10日と12時間
弐改12:00:00900135075112.514個7日
参改12:00:001200180010015011個5日と12時間
スキルLvMAX到達直前の時間効率と使用例
残り経験値指南書
(全て150%使用)
所要時間
600以下初+弐6:00:00
750以下初+初+弐8:00:00
900以下弐+弐8:00:00
1050以下初+弐+弐10:00:00
1200以下8:00:00
1350以下初+参10:00:00
1500以下初+初+参12:00:00
1650以下弐+参12:00:00
1800以下参改12:00:00
スキルLvMAXまでに使う指南書の内訳例
指南書
(全て150%使用)
所要時間
参×14+参改×15日と4時間
参×11+参改×35日と4時間
参×12+参改×2+弐×1+初×15日と6時間
参×15+弐×1+初×15日と6時間