Top > 【てつのおうぎ】


【てつのおうぎ】

Last-modified: 2018-10-30 (火) 12:59:18

概要 Edit

DQ4、9、10に登場する武器。いわゆる鉄扇。
そんなものを鉄にしてどうするのかと思われるやもしれないが、実は実在した武器。
帯刀が許されていない場所で護身用に持つ隠し武器等の用途に用いられた。
ちなみに現実には閉じた状態で固定・開いた状態で固定・開閉可能の三種類の鉄扇が存在したが、
今のところDQに登場するのは三つ目の開閉できるタイプのみ。
ただしコレが形状としては二つ目のタイプに近い。
 
DQでは閉じて殴れば鈍器、開いて薙げば刃として利用できるという設定になっている。
扱いにはかなりの器用さと身のこなしが必要になってくるだろう。
 
本編シリーズで【踊り子】という職業が存在するシリーズには必ず系の武器が登場する。
DQ6、7では【つきのおうぎ】【たいようのおうぎ】が登場し、
DQ9、10では一つの武器系統として立派に独立し、多くの武器が存在するようになった。
この武器は、そんな扇系武器の先がけ的存在とも言えるだろう。
 
トルネコの大冒険シリーズに出てきそうな武器だが出演しなかった。
その代わり、不思議のダンジョンシリーズでは外伝「女剣士アスカ見参!」に、
「鉄扇」という姉妹品の武器が登場する。
護身用にもなる、という設定を反映してか守備力が少し上がる印を持った武器で、
印が空いているなら合成して印を付けておくと割と重宝した。

漫画ロトの紋章の登場人物であるジパングの女王イヨも、武器として扇を用いている。ブーメランのように投げつけて一度に複数の敵を同切りにする程の強度があるので普通に考えれば鉄の扇っぽいのだが、ジパング人の特殊能力・神仙術なら普通の紙と木でできた扇でもそれ位の事は出来るというセンも捨てきれない

DQ4 Edit

4章の【ハバリア】と5章の【アネイル】で650Gで市販。攻撃力22。
【マーニャ】専用武器で、ゲーム発売前からその詳細が公開されている事もあって、
いかにもマーニャが装備しておくべき武器のように思えるが…。
残念な事にこれが買えるハバリアの武器屋には、攻撃力がわずかに高い【どくがのナイフ】も一緒に売られている。
よっぽど特殊な事情がない限りは使われない不遇の武器。攻撃力の差は2なので安上がりに済ますこともできるが、どくがのナイフはメタル狩りに使える将来性もある。
装備しておけば踊り子という事で一応気分は出るかも知れない。
 
一応連射パッドを利用して【合体スライム】を無限に狩りまくる【オートレベルアップ】を狙うのであれば、毒蛾のナイフで1匹麻痺させた後に持ち替える武器として使うことになるだろう。ただ相当時間がかかるので、それ自体あんまり効率的でない。
 
小説版にも登場する。護身用として寄贈されるも、最初は重くて扱えやしないと愚痴っていたマーニャだが、
【お告げのほこら】での不可解なレベルアップを経ていつの間にか軽々扱えるようになっていた。

DQ8(3DS版) Edit

攻撃力47。【オークニス】で1600Gで販売されているが、
唯一の装備可能キャラである【ゲルダ】が初期装備として持っているので購入する必要はない。
【吹雪の魔女】(1/64)と【グリゴンダンス】】(1/32)が通常枠のドロップアイテムとしても入手可能。 
 
これと【風のぼうし】を錬金釜に入れると【くじゃくのおうぎ】を作ることが出来る。

DQ9 Edit

攻撃力14。セントシュタインとベクセリアで300Gで市販。
【扇スキル】を育てる際、基本的な武器になるであろう武器。
他の鉄シリーズと同じく、【てっこうせき】【ようがんのカケラ】を錬金することで【はがねのおうぎ】へと強化される。

DQ10 Edit

Lv14で装備可能。基本攻撃力は14。
詳しくはこちら を参照。

DQH Edit

【マーニャ】専用装備で攻撃力は15、防御力は4。価格は880。
マーニャ加入後から購入可能。