Top > 【グリゴンダンス】


【グリゴンダンス】

Last-modified: 2018-12-16 (日) 17:29:27

概要 Edit

ドラクエ8などに登場するモンスター。体色は青色。
下位種に【びっくりサタン】【タップデビル】、上位種に【ディアブラダ】がいる。

DQ8 Edit

【暗黒魔城都市】在住のダンサーで、【暗黒神ラプソーン】を祭る儀式の踊り手を務めているという。
暗黒魔城都市にはこういう設定のモンスターが多く、ほかに【チキンドラゴ】【デスプリースト】【キングミミック】【だいまじん】【デュラハーン】【ヘルクラッシャー】【ギガンテス】【リザードファッツ】が該当する。
 
魔城では外観の屋外と外観の屋内・東の塔によく現れる他、城内2~5Fにも僅かながら姿を見せる。
現住所が崩壊した後は、トラペッタ地方(西部の平地[夜間])、アスカンタ国領(東部と南部の平地[両方とも昼間])、トロデーン国領(西部全域)、ベルガラック地方(北部の森)と世界各地に散らばって踊り続ける。
トラペッタでは夜のみだが特に出現率が高めで、びっくりサタンと同時に出ることもある。
 
レパートリーの多さでは下位種のタップデビルに及ばないものの、やはりダンスが得意な悪魔である。
【ステテコダンス】【さそうおどり】等の行動不能系のダンスと、タップデビルには不可能な【ハッスルダンス】を習得している。
他にも強化打撃のジャンプ攻撃と、やたらトロいモーションの通常攻撃で攻撃してくる。トップクラスの素早さに加えてステテコダンスやさそうおどりで動きを封じつつ、長ったらしい動きでダメージを与えるのでイラつかされたプレイヤーも多い。
7体ぐらいでラインダンスしながら出て来る時も多く、ハメ殺されるとは行かずも戦闘が終わらなくなったプレイヤーもいただろう。
 
とはいえ、下位種のセールスポイントだった【死のおどり】は使わないので、その点では安心。
能力もスピード以外は暗黒魔城都市の敵の中では最弱レベルであり、強敵と一緒のときはともかく、同種だけのときは倒すのに時間がかかるだけの敵である。
面倒なら耐性の低いラリホー系で眠らせるかペスカトレで踊りを封じてしまおう…先手を取られてステテコダンスをされたらどうしようもないが。
 
儀式の踊り手をしているという割にステテコダンスが引っかかる。実はこの踊り、魔城では最も踊り手が多いのである。そんなに需要があったのだろうか?教えてラプソ-ン。
まあ、前作の【神さま】もステテコダンスを得意としていたし、ドラクエ界の神々の間では重要な役割を担っている…のかもしれない。
そういや闇の遺跡1F部分にはこの種族を象った石像があったような…
 
落とすアイテムは通常枠が【ステテコパンツ】(1/16)、レア枠が【あくまのしっぽ】(1/64)。タップデビルはステテコを落とさなかったが、ここで原点回帰したらしい。

3DS版 Edit

通常枠のドロップ品が【鉄のおうぎ】(1/32)に変更された。

DQ10 Edit

踊りのレパートリーが減ってしまい、中盤のレベル上げにもってこいの雑魚と化してしまった。
詳しくはこちらを参照。
スーパースターの職業クエストには【ダンスデビル】【スターデビル】といった色違いボスが登場する。

DQ11 Edit

8同様ラストダンジョンとなる【天空魔城】や、メダチャットの西の高台に出現。3DS版では【トロデーン城】にも出現する。
今回は【ふしぎなおどり】【呪いのおどり】とハッスルダンスを踊る。ドロップアイテムは通常が【壁画のレプリカ】、レアがあくまのしっぽ。

邪ver Edit

【ハッスルじじい】邪に感化され【壁画世界】に登場。行動パターンとドロップアイテムは通常版と同じ。

少年ヤンガス Edit

全モンスターの中でもかなり高い実力。野生の個体は【魔導の宝物庫】の深層にランダムで出現する。
無耐性だと80ダメージにもなる【メラゾーマ】をぶっ放してくる。もちろん誘う踊りも健在。
【メダパニ】が嫌らしいタップデビルと比べると正統派の強敵である。
 
成長限界はレベル36。デフォルトネームは♂が「グリゴス」、♀が「グリーガ」。
レベルアップで【バシルーラ】を覚える。【闇の司祭】【テンツク】系or【ダンスキャロット】+踊り草で早めに作成することもできる。
【スーパーテンツク】との配合で【ラストテンツク】【コロマージ】【プチマージ】との配合で【ベビーサタン】が生まれる。
♂の方は相変わらず闇の神が云々と言うが、この作品にはラプソーンは出ない。