【ふしぎな鍛冶】

Last-modified: 2020-08-05 (水) 05:34:04

DQ11

今作の【アイテム】合成システム。
2~5種類の素材アイテムを材料として鍛冶を行い、装備品を生み出すことができる。また、既存の装備品をうちなおして強化する役割もある。
DQ10にある鍛冶ミニゲームと同一のもの。とはいえ、難易度には大きな差があり、DQ11でこれをやってからDQ10の鍛冶をやればDQ10の鍛冶の難しさに驚くことだろう。逆もまた然り。
BGMもDQ10と同じ【トンテンカン】。レベルアップ後に鍛冶を始めると聞けるレベルアップ音も職人用のものである。
 
あくまで鍛冶なので、DQ8・DQ9の【錬金釜】のようにやくそう2個から上やくそうを作る、等をはじめとする消耗品の作成はできない。
また特定の装飾品から新たなアイテムの作成、特定の武器・防具から上位の武器や防具を作る鍛冶がほとんど無くなっており、基本的に錬金素材から作り出す形になっているのも本作の特徴。
例えば【きんのゆびわ】【りゅうのうろこ】などはDQ8やDQ9では錬金の素材にする事により他のアイテムを作り出す手段がかなり多かったが、本作では一装飾品としての扱いだけで他のアイテムに錬金させることはできない。
ここもDQ10と共通する点だったりする。ただし実質的に装備品の強化を行う英雄戦記シリーズや【ときのおうしゃく】【勇者のつるぎ・改】、欧米版のArtisanal Trodainシリーズは既存の装備品を材料とする。
 
カミュも作中で最初に言うとおり、金属ですらない木や布製品、果ては【エッチな本】まで全く同じ方法で叩いて鍛えるびっくり技術。これが「ふしぎな」鍛冶たる由縁である。ハンマーで服や杖を叩く姿はなかなかシュール。
これは【みちくさ冒険ガイド】でもネタにされており、明らかに布製品の部類に入る【神竜のぶとうぎ】を、ハサミや針も使わずに仕立て上げられることに疑問を持つイラストが掲載された。
温度管理も4000℃以上まで上げたり常温で叩いたりと現実の冶金学からしてみればあまりにも頓珍漢である。

仕様

【カミュ】が仲間になった後、【ナプガーナ密林】【キャンプ】のイベントで彼から【ふしぎな鍛冶セット】を貰うと利用可能になる。
ただし無印版ではこれを使ってもその場で鍛冶を行うことはできず、主にキャンプ地にて鍛冶台を調べるか、キャンプメニューから行う。
また【試練の里】にも鍛冶台が設置されており、ここは【うちなおしの宝珠】も売っているので利便性が高い。
 
ふしぎな鍛冶でできることは大きく2つ。

  • 「新しい装備品の作成」
    【レシピブック】に基づき、指定された素材アイテムを決められた数消費して装備品を生み出す。結果によって装備品の「できのよさ」が決まる。
    作成にはレシピブックを手に入れることが必須であり、錬金釜のようにレシピを聞く前に先取りしてアイテムを作ったりはできない。普段から探索や【クエスト】を着実に行っているか否かによって、作れる装備品の数は大きく変わる。
  • 「うちなおし」
    既に持っていたり装備したりしている装備品の「できのよさ」を高める。装備品によって決まった量の【うちなおしの宝珠】を消費する。

どちらもミニゲームを行い、その結果によって「できのよさ」が決められる。当然、「できのよさ」が高いほど装備した時の効果と売却額が上がる。
「できのよさ」は通常と「+1」「+2」「+3」の4段階。+1以上になるとアイテム名の後に「+数値」が付加され、他の段階の個体とは別アイテムとして扱われる。
「できのよさ」による上昇幅は【こうげき力】【しゅび力】を元に決められているが、最終盤に入手できる一部の専用防具や【勇者のつるぎ・改】は上昇幅が倍に設定されている。
 
ミニゲームは、縦4マス横2マスの8マスから装備カテゴリごとに異なる形の地金に合わせた2~8マスを、「集中力」を消費して【たたく】コマンドや各種特技によりハンマーで叩き、マスごとに設置されたゲージを理想の値(目標ライン)に近くなるように伸ばしていく。
【主人公(DQ11)】のレベルアップにより集中力の上限が上昇し、鍛冶特技も覚えていく。
 
地金には温度が設定されており、最初は一律1000℃になっている。地金にチカラを加えるかひっさつ(後述)を使うごとに50℃ずつ冷えていき、0℃になると打てなくなる。100℃以上冷やすとくぎでも0℃未満にする操作はできない。
温度によってゲージの伸びは異なり、1000℃の状態と比較して2000℃で1.5倍、0℃で0.5倍になる(2050℃以上にしても伸びは変わらない)。温度調節は【火力上げ】【冷やし込み】のとくぎで行うことができる。
 
叩いた際には【会心の一撃】ならぬ「かいしんのてごたえ」が一定確率で発生する。これが出るとゲージの伸びが2倍に増加するほか、理想の値を越えてしまう場合は理想の値ピッタリで止まる。
装備品によっては、200℃毎に「次のひと打ち威力が半減!」「次のひと打ち威力が2倍!」「消費集中力1.5倍で会心率アップ!」「ひとつのマスの威力と会心率アップ!」「鍛えた地金が元に戻った!」などの現象が発生することもある。
これらは一見有利に見えるが、会心発生も含めて時には作成プランを大きく狂わせることすらある。やり過ごしたい場合は火力上げなどを使うといいだろう。
「ひっさつチャージ」が発生すると、「ひっさつ」コマンドから【ヘパイトスの炎】を一度だけ使用できる。
 
「しあげる」を選択すると装備品が完成。各ゲージが理想の値に近いほど評価が良くなり、それにより装備品の「できのよさ」が決まる。
「くわしくみる」コマンドを使うと、今仕上げればどの評価になるかがわかる。「とてもいい」が出ればそれ以上叩く意味はないので止める目安もわかる。
新規装備品の作成の場合は「ふつう」以上の評価でうちなおしの宝珠が得られるが、「悪い」評価では得られない。
うちなおしの場合は新たに宝珠が得られることは無いが、結果によって「できのよさ」が上がることはあっても下がることは無い。
なお鍛冶を途中でキャンセルすることはできない。
 
材料を放り込んで即「しあげる」をしても宝珠が手に入らないだけで装備品そのものは手に入る。
終盤に入手できる一部の武器(上位武器の製造材料になっているもの)は、一応「とてもいい」などの評価は出るものの「できのよさ」は付けられないためこの方法で即刻完成させても構わないが、一応叩いて成功はさせた方が、うちなおしの宝珠を稼げるという点で得である。
 
評価とできのよさの関係は以下。

評価成否判定できのよさうちなおしの宝珠売却額
とてもいいだいせいこう+3得られる+60%
なかなかいいせいこう+2+20%
ちょっといい+1+10%
ふつうなし±0%
悪いしっぱい得られない

 
なお、鍛冶が終わった後セーブせずにリセットしてやり直そうとすると、5分間鍛冶ができなくなるというペナルティが発生する。この5分間というのは「冒険をしている状態での5分間」であり、ゲームを起動していないとカウントされない。
 
アイテムごとに固有の難易度(作成・打ちなおし共通)が設定されており、PS4版では星マーク0.5個~5個の十段階で表現される。
基本的に難易度が低いほど地金の数値設定が低く、うちなおしに必要な宝珠も少量で済む。
難易度の高いものは地金の数値設定が高く、たまにゲージが戻ったり、上述の200℃毎の変化が起きたりして成功させにくくなる。
一方で、レベルが上がると難易度の低い装備程会心が出やすくなるので、低難易度の+3装備を作成しやすくなる。
 
ゲージの伸びは温度に応じて変化するが、どうしても±20%程のランダム要素が絡むため、通常では線ぴったりにするには至難の業。
装備の+3を作るには如何に会心を出して線に揃えるかが重要となる。ただし、ゲージが目標ラインより先に進んだ状態で会心が出るとはみ出してしまうため注意。
うちなおしは失敗しても前の性能が維持され、成功すれば+は加算されていくので一発で+3を出せずとも問題ない。気長に打ち直していこう。
逆に言えば+値を得られないと強化が進まないため、無理して高+値を狙って失敗するよりは妥協して+値を積み重ねたほうが楽な事も多い。
 
今作の素材の多くは拾い物で集められ、最終盤でもない限りは高額で素材を買う必要もないため、レシピブックをこまめに集めるプレイヤーであれば素材集めもさほど苦労することはない。
なので僅かな攻撃力・守備力アップ目的、あるいはリスト埋めのためだけにガンガン鍛冶をしても問題ないのが利点。
過去作の錬金釜のように安い素材から高額品を作って売却するといった【錬金術】には向かないものの、鍛冶で作れるものには店売りされるより早く作れたり、あるいは時期的にトップクラスの装備も多いため、鍛冶を多用するプレイヤーであれば店で装備を買い揃えることが必然と少なくなる。
その気になれば船を入手するあたりで数千G~1万G、異変後だと気が付けば数万単位の預金ができるようになる。
そのうえ基本的に装備品を素材に使わないため、鍛冶をこまめにやっていると【ふくろ】にあれよあれよと中古装備が溜まっていき、これらを売っぱらうことでますます資金に余裕ができるため、今作においてはふしぎな鍛冶の利用率が、そのままプレイヤーの所持金や【ゴールド銀行】の預金額に直結してると言えるだろう。
 
DQ11の各システムの例に漏れず、このふしぎな鍛冶でもいくつかの仕様についてPS4版と3DS版で異なるものがある。下記で列挙する。

PS4版

キャンプ地にはすべて【ルーラ】で飛んでいけるため、ルーラして焚き火を調べさえすればあとはキャンプメニューで鍛冶を選ぶだけで簡単に開始できる。
BGM【トンテンカン】は叩いている間のみ流れ、その間は背景に主人公が叩いている様子が映される。終了後も主人公が結果に応じてポーズをとる。
それ以外の特徴は以下。

  • 装備品ごとの難易度が★マークによる5段階評価で表示される。
  • ゲージは水色で、理想の値の上部に針がある。成功ゾーンは色がやや明るくなっており、その範囲内に止まると枠が明るくなる。さらに理想の値に止まるとゲージの色がオレンジ一色になる
  • ゲージが理想の値で止まるとゲージと理想の差の値が0ではなくマイナスになる(装備によって数値は異なる)
  • ゲージが既に理想の値以上の場合かいしんのてごたえが出たら必ずミスになる
  • みだれ打ちは全てのマスからランダムに対象が決まるが同じマスになるのは3発まで
  • ヘパイトスの炎発動後、火力上げや冷やし込みを選択しても効果が切れてしまう
  • 「しあげる」を選択すると終わるかどうかの確認メッセージが表示される。
  • 主人公のレベルに応じた鍛冶においての会心率の上がり方が3DS版よりも細かく設定されている

リセットによる5分間のペナルティは、鍛冶前のデータを別の【冒険の書】にコピーし、納得のいく結果が得られなかったらそのコピーしたデータからやり直すことで回避できる。やり直すときそのデータを元の場所に上書きしておけば何度でも挑戦可能。
 
できのよさを表す「+◯」は全角文字で表される。

3DS版

キャンプ地へのルーラは【始祖の森】を除いてできないが、ルーラで行ける【ヨッチ村】に鍛冶台があるため、始祖の森がルーラに登録されていない時はヨッチ村が便利。
BGM『トンテンカン』は鍛冶の画面を表示している間ずっと流れ続ける。
それ以外の特徴は以下。

  • 装備品ごとの難易度を確認できない(レア度やうちなおしに必要な宝珠の数でおよその難易度の見当はつく)
  • ゲージはオレンジ色で、成功ゾーンは黄緑で表されている。理想の値は赤線で表示。成功ゾーンをオーバーするとゲージが真っ赤になる。
  • ゲージが理想の値で止まるとゲージと理想の差の値が0になる
  • ゲージが既に理想の値以上の場合かいしんのてごたえが出てもミスにならない
  • みだれ打ちは2発目以降叩いていないマスが優先される(地金が3マス以下でないと同じマスは叩かない)
  • ヘパイトスの炎発動後、火力上げや冷やし込みを選択した場合は効果が切れない
  • 「くわしくみる」を選んだ際のメッセージが簡略化されている。また「しあげる」を選択すると確認メッセージは無く即座に終了する。
  • 【あみタイツ】【イメチェンリング】がその他アクセに分類されている(地金はPS4版と同じ)

こうして列挙すると分かると思うが、基本的にはPS4版より難易度が高いといえる。
ゲージが理想の値で止まった際のマイナス補正が無く、「くわしくみる」を選択しても理想の値になっているかわかりにくく、既に理想の値以上の時にかいしんのてごたえが出ても普通にゲージが伸びる。
例えば地金が4マスの場合、ゲージを調節してヘパイトスの炎→超4連打ちで一気に揃えようとするつもりが、その前にどこか1マスでも理想の値に止まってしまうと超4連打ちが出来なくなってしまう。
おまけに理想の値に引かれているラインが無駄に太く(2ドット分もある)、理想の値付近になるとゲージの先端がラインに隠れてしまい見えなくなってしまう。
ただし、みだれ打ちは3DS版の方が使い勝手がいい。特に地金が2マスや4マスだと均等に叩いてくれるため集中力の大幅な節約が可能。
 
リセットによる5分のペナルティは、鍛冶前のデータのコピーでペナルティを受けたデータを上書きすればペナルティを回避できる。
 
できのよさを表す「+◯」は半角文字で表示される。

DQ11S

3DモードではPS4版、2Dモードでは3DS版の仕様となり、グラフィックも各機種に準拠したものになる。
 
変更点がいくつかあるが、まず大きな変更点は、【ふしぎな鍛冶セット】を道具として【つかう】ことで、後述の例外を除けばどこでも鍛冶を始められるようになったこと。3Dモードは+ボタンの便利メニューにも登録される。
魔物が歩いている中や、緊迫したイベントの最中でもお構いなしでレシピや素材が手に入り次第鍛冶しだす勇者はややシュールかもしれない。3Dモードで道中で使った場合は謎の空間に移動しているようで、モンスターに鍛冶を邪魔されることはないようだ。
例外として【ケトス】に乗っている間、【ヨッチ村】及び【冒険の書の世界】と、そもそもふしぎな鍛冶セット自体が手元にない世界に異変が起きた直後の個別シナリオ中では鍛冶できない。
 
2つ目は、鍛冶メニューの中に「新しく覚えた装備をつくる」が追加され、これを選ぶと直前に入手したレシピブックの装備品がリストアップされること。
3Dモードでは一度この項目を選ぶと作る作らないにかかわらず次からは表示されなくなる一方、2Dモードでは未作成の装備品がずっとリストに残される。
 
3つ目は、素材が足りなければその場で素材を購入できるようになったこと。
しかも、まだ入手したことのない素材でも、行ったことのない場所で販売されている素材でも、世界のどこかで販売されていればその場調達ができる。
ただし、さすがに非売品の素材は調達できない。また、「買い物できない」のしばりを設定している場合も調達できず、自力で集める必要がある。
素材はどうせ買えるからと思っていたら【魔法武具のレシピ】入手時に【まほうの樹木】が非売品で焦ったり、【続ドラゴン装備図鑑】でいきなり8000G前後の経費を要求されたりすることもある(これでも店売り品を買うよりは安いが)。いくらその場調達ができるからと言っても、素材収集をおろそかにすると肝心な時に素材や金銭が枯渇するので、収集はマメにやっておいて損はない。
また無印版と違い、すぐ材料を調達できるということで金策もとい【錬金術】に使えなくもないが、だいたいの装備品において+3を作らないとそこまで利益にならず、市販品で装備が賄えるものは安め、高く売れると思ったら実は非売品素材を使っているから量産できない、場合によって素材品のほうが高額…等と、労力に見合う成果が帰ってくるものはほとんどないので注意。せいぜいうちなおしの宝珠が量産しやすくなったぐらいが利点だろうか。
この辺りは無印版同様に、余裕があれば余った素材でほどほどに作って売り捌く程度で十分。
 
そのほか、リセットした際の5分ペナルティは廃止された。気軽に鍛冶に臨むことができる。3Dモードではマップを切り替えて【オートセーブ】が行われた直後に鍛冶セットを開いて行えばやり直しが容易だ。
素材集めといい、いつでも行える仕様といい、全体的に鍛冶の際のストレスが軽減され、かなり便利になったと言えるだろう。

特技一覧

たたくコマンドと必殺技も便宜上ここに掲載。

習得Lv特技名集中力効果
初期【たたく】51マスを標準の力で叩く
10【上下打ち】8上下に隣接した2マスを叩く
12【てかげん打ち】101マスを半分の力で叩く
17【2倍打ち】81マスを2倍の力で叩く
23【火力上げ】10温度を300上げる
26【4連打ち】12正方形の4マスを叩く
31【みだれ打ち】7マスを選ばずランダムに4回叩く
35【3倍打ち】111マスを3倍の力で叩く
38【ねらい打ち】161マスを高い会心率で叩く
44【超4連打ち】18正方形の4マスを2倍の力で叩く
46【冷やし込み】12温度を300下げる
50【ななめ打ち】7右側とその左下のマスを同時に叩く
55【ヘパイトスの炎】0ひっさつチャージ後に使用可能
次のアクションが必ず会心になる
60【熱風おろし】6温度を150下げ2.5倍の力で叩く

地金の形状

片手剣 両手剣短剣 
  
   
    
ブーメランヤリ スティック 
   
   
     
ムチ両手杖 ツメ
 
   
     
オノ大盾
   
     
ぼうしかぶと
      
      
よろいローブ顔アクセ
  
  
    
首アクセ腕アクセ 手アクセ 
  
    
      
指アクセ足アクセ