Top > 【アンチみかわしアップ】


【アンチみかわしアップ】

Last-modified: 2019-10-19 (土) 23:24:33

DQMJ2~ Edit

DQMJ2以降のモンスターズシリーズに登場する特性。
DQMJの【フライハンター】と効果は同じだが、その名前からは効果が分かりにくかったため改名されたものだと思われる。
要するに【みかわしアップ】の効果を受けない特性なのだが、詳細はフライハンターの項目を参照。
所持モンスターは【ゲモン】【ナイトキング】など。
 
DQMJ2Pでは効果が変更され、特殊な条件以外では攻撃が必中するように強化されている。
特殊な条件とは、自分が【まじん斬り】を使っている場合や相手が【みかわしきゃく】の効果を受けている場合。
つまりそれ以外ならみかわしアップ持ちでも必ず当たるのだ。加えて今作では素早さによるみかわし率が上がっているためメタル系など素早さが高い相手にも効果的。
 
テリワン3Dではスモボが内包するみかわしアップの効果には適用されない。

イルルカ Edit

鍛冶屋で【するどいキバ】【こうもりのはね】【ビッグサボテン】それぞれ5個で武器に付加できる。
対戦でも武器を装備できるため、すばやさの低い物理型モンスター達が一気に日の目を見ることとなった。
だが本作、【スモールボディ】の特性が強化されまくっており、呪文や体技、息まで避けまくる。
こういうときこそ真価を発揮するだろうに、歯がゆいことにスモボのみかわしは無効化してくれないのだ。会心になれば普通に当たるが、それだったらこの特性があろうがなかろうが同じことである。

DQMJ3・DQMJ3P Edit

超生配合で付加する際の消費コストが0のため、コストがオーバーしそうなときにとりあえず入れておく特性の有力候補となった。
だが、プロ版で登場した【超みかわしアップ】の効果までは無効にできないのが歯がゆい。といっても合体特性で比較的マイナーなモンスターしか持っておらず、滅多に当たるようなものでも無いのでさして気にするほどではないが。