【ウインドマージ】

Last-modified: 2021-10-21 (木) 12:53:38

概要

DQ6やモンスターズに登場する、水色の布きれを纏った上半身だけのミイラのようなモンスター。
Wind Mage(風の魔法使い)という名前の通り、バギ系呪文を得意とする。
なお、「ウンドマージ」ではなく「ウンドマージ」である。
 
同種属に【ことだまつかい】【マミーウィスプ】がおり、この中間に属する。

DQ6

【ホルストック】南の【洗礼のほこら】周辺に出現する。
他にも【クリアベール】(夢)周辺や、【運命の壁】外部、【ライフコッド】東部(夢)など多くの場所に登場。
その名の通り、風の呪文である【バギマ】を使って30前後のダメージを与えてくる。
【地底魔城】【はねせんにん】以来のバギマ使いだが、この時点でも結構痛い。
さらに攻撃呪文が効きにくく、眠り・混乱耐性とHPが高いのがきつい難敵。
一方で休み系の耐性はないため、意外なことに【ぱふぱふ】で動きを封じることが出来る。
霊体系モンスターであるはずなのにぱふぱふで照れているこいつは【ぬけがらへい】とあわせて想像し難い。
それはさておき、全体へ効く【おたけび】を使っていけば大暴れするのを封じることが出来る。
ゾンビ系なので、【ゾンビぎり】【ゾンビキラー】などでダメージが増える。
倒せばこの時点では守備力の高い【かぜのぼうし】が手に入ることもある。
でもコイツ、この見た目で浮遊していない…。運命の壁ではへばりついているのだろうか?
 
また、SFC版のみ仲間モンスターにもなるが、味方になるといきなり打たれ弱い魔法使いキャラになり強さが大暴落。
しかも、呪文耐性が下がりバギ系ですら少しダメージを喰らう。
詳細はこちらを参照。

DQM1・DQM2

ゾンビ系として登場。
1では【まよいのとびら】【ねむりのとびら】に出現するが、
2ではストーリー中に訪れる異世界には登場しない。
【やたがらす】×鳥系、もしくはゾンビ系×【かまいたち】の配合で生み出せる。
やはり【バギ】を習得する。他は【シャナク】と、GB版1のみ【フバーハ】、2とPS版1では【つばめがえし】
こっちでは全体的に補助耐性がやや高く、バギ系完全耐性など威厳を取り戻した。
しかし他の攻撃呪文や息攻撃などには打たれ弱い。
マージのくせにHPと守備力が伸びやすく、そして賢さが少し成長したらすぐ伸び悩んでしまう。
バギ系特技である【グランドクロス】も当然ながら無効。「ゾンビ系に大ダメージを与える」という設定を見事に克服している。

テリワン3D

本作で久々に再登場。しれんの扉やふういんの扉に出現。
ゾンビ系のランクCで、【しにがみ】×【サイレス】などで作ることができる。
特性は【スタンダードボディ】【みかわしアップ】【れんぞく】、+25以上で【バギブレイク】、+50以上で【バギ系のコツ】
バギ系呪文を受けると回復する。やはりバギ系呪文に特化した性能である。
だがバギ系スキルはもらえなかったようで、所持スキルは「ようじゅつ」。
"マージ"だけに賢さは高く、攻撃力も意外に高水準。だが守備力は相当低いので注意。
 
幽霊を彷彿とさせる見た目の通りワープを繰り返して近づいてくるので、気づかれると振りきるのは至難の技。途中でステルスを使ってもしっかり追跡してくるので非常に鬱陶しい(まあこれは普通に追いかけてくるタイプもそうなのだが)。

イルルカ

クリア後の【砂漠の世界】【ピラミッド】内で、【じごくのメンドーサ】が召喚する。
それ以外では出現せず、位階配合で作ることになるだろう。
【新生配合】【AI1~3回行動】【メガボディ】引き継ぎで【呪いブレイク】【ギガボディ】引き継ぎで【呪い攻撃】を習得。
豆知識によると「ローブの下の素顔を見た者に絶望を与える」らしい。