【オロオロ】

Last-modified: 2020-09-07 (月) 19:52:08

概要

DQMJ2以降のモンスターズシリーズに登場する特性の一つ。
【ヘロヘロ】【強者のよゆう】と同様の特性で、
どうすればいいのか分からなくなってオロオロしてしまい、そのターンは行動できない。

DQMJ2

この特性を持っているのは【メタルスライム】【強プチット族】など。
【メタル狩り】の際、メタルスライムのこれが発動すると非常に美味しいのは想像に難くない。
逆の立場から言わせてみると目をギラつかせたプレイヤーに睨まれているので、こうなるのも仕方ないだろう。

DQMJ2P

【こうどう はやい】を持っているモンスターの多くからこれが消え、
この特性を持つモンスターが【ドロル】とメタルスライムだけになった。

テリワン3D

マイナス特性は全てスキルで後天的に習得するのだが、この特性は【HPかいふく】【ぜんたいかいふく】など主な回復系のスキルで習得してしまう。
奇数ラウンドで発動する「ヘロヘロ」、偶数ラウンドで発動する「強者のよゆう」と違い、この特性は発動ラウンドに制限がない為、この手のマイナス特性の中では一番厄介。確率はヘロヘロや強者のよゆうの半分だが、毎ラウンド発動しうるので実質同じ確率。この点も厄介。
故にこれ1つつけただけで毎ラウンドずっとオロオロしてしまい、何もできずにやられてしまうなんて事もある。
もしもこれをヘロヘロや強者のよゆうと両立しようものならさらに行動不能のリスクが高まるので、まともに動かすのさえ一苦労。
たぶんギャンブル特性を一揃えしたモンスター以上に使いづらくなるだろう。

ちなみに【エグドラシル】ではこれがつかずにベホマズン、ザオリクを覚えることができるが、
【ダメージ増ボディ】があるので戦いが長引くほど不利になっていく。しかし確実に行動できる信頼がある。そして行動不能に比べればダメージ増加の方がマシである。
ちなみに【いきなり○○】などの一部の特性もコレで発動しなくなることがあるので注意。

イルルカ

スキルでも習得しなくなり、新生配合した時にオーバーコストに応じて付くことがあるという仕様に。
特性入れ換えの対象外であるため、ヘロ・オロ・よゆうの両立は出来なくなった(そうならずにすむようになった)。

なおこれが付くようであれば特性のつけ方を見直したほうが無難。
他2つも同様。

イルルカSP

SP化すると行動しなかった時に自分の最大HP&MPが少し増える。