【エンプーサ】

Last-modified: 2021-04-05 (月) 16:12:11

概要

DQ5で初登場。ドラクエでは珍しい女性型モンスター。
色違いは【デビルダンサー】【ニセたいこう】、星ドラにはニセゼンチャンがいる。
 
由来はギリシャ神話に登場する男の精を吸い尽くす夢魔で、「雌蟷螂」という意味を持つ。
女性型の夢魔ということで他の作品では可愛らしい少女やセクシーな女性として描かれることが多いのだが、我らがドラクエでは分厚い唇のブサイクなバケモノなので、ブラ丸出しの格好にもかかわらず色気は皆無。こんなやつにあるのはインパクトだけである。
夢魔の魔物はドラクエでは他に【インキュバス】【ダークサキュバス】が登場している。

DQ5

【神の塔】【魔物のすみか】周辺に出現するが、どちらも出現率はちょっと低め。
【さそうおどり】でこちらの行動を封じようとしたり、姿に似合わず痛恨の一撃を繰り出したりする。
 
同時期に出現する痛恨持ちのさまようよろいと比べると攻撃力はかなり低いが、それでも痛恨をもらうと痛いので早めに処分したい。
攻撃呪文に対しては全くの無力で、HPや守備力も高くはない。
各自得意な攻撃でさっさと片付ければ、さそうおどりや痛恨の一撃もそう気にならないはず。
眠り系は無効だが【マヌーサ】が確実に効くので使っておけば痛恨の一撃を喰らう確率を多少下げる事はできる。まあそこまでする程の敵でもないが。
落とすアイテムは【かわのこしまき】
 
リメイク版での攻撃モーションは平手打ちであり、痛恨の一撃だと両手で行う。
そのリメイク版では仲間にすることができる。詳細はこちら。4コマ劇場でモンスターじいさんが「仲間にするには愛をもって戦わなければならん!」と説いてしまったために主人公が本気で嫌がるネタが存在する。当時は仲間にできなかったが、リメイク版で仲間になるとは予想もつかなかったであろう。誰も望まなかったろうが……
 
なお最も出現率が高いのは神の塔の上層部だが、マリアがいなくなるとここには入れなくなってしまう。
神の塔の扉付近と魔物のすみか周辺はそれよりもやや低い。
ホイミスライムを仲間にしたからといってコイツを仲間にし忘れると後で面倒になるので注意。

天空物語

【エンプル】という名前のエンプーサが登場。
本作における実質的なラスボス的ポジションになっている。

イルルカ・イルルカSP

モンスターズシリーズでは初登場。悪魔系のCランク。
何故かメガボディ化している。コイツに限らず【妖女イシュダル】といい【じごくのマドンナ】といいテリワンSPの【メイデンドール】といいモンスターズの女性型モンスターはMサイズが多い(勿論【プチットガールズ】【ウィッチレディ】といった例外もいるが)。
特性は【メガボディ】【みかわしアップ】【タメトラ攻撃】【AI1~3回行動】。+25以上で【マインドブレイク】、+50以上で【ラブリー】、新生配合で+★にすると【神の踊り手】、ギガボディ化すると【ダンスのコツ】が開放される。
野生ではハワイアンな見た目らしく【水の世界】に生息(【雪と氷の世界】クリア後に南西の小島に出現するようになる)。主人公を見ると投げキッスをしてくるが、全然嬉しくない。
AI1~3回行動でHPと素早さがかなり高く、2体で【メダパニダンス】【死の踊り】【呪いのルンバ】【マホトラ踊り】を連発してくる為、氷の世界をクリアしたばかりの段階でうかつに手を出すと思わぬ苦戦を強いられかねないので注意。
 
図鑑曰く「うしろ姿だけは美人に見える」ようで、その踊りを見ると「みるみる元気がなくなる」らしい。踊りどころか正面から姿を見ただけでみるみる元気がなくなる……。

イルルカSPでは、超ギガボディ化で【ギャンブルカウンター】を得る。

ダイの大冒険

2020年版の第1話で【デルムリン島】に生息していた。

DQRA

真2段カードパック「そして伝説は高らかに」にて実装。共通のレア。

4/4/4 あくま系
召喚時:敵リーダーのテンション-1
敵リーダーのテンションカードのコスト+1

テンションスキルを回すで効果が得られるシステム「熟練度」の登場に合わせて実装されたテンションメタカード。
即時的な効果があり、コスト負荷もかけられるのはなかなか優秀なのだが、テンション以外にも熟練度を上げる方法はあり、真2段環境のランクマッチでは熟練度以外の強力なデッキタイプも多く存在して他にも多数メタカードが必要であったため、メタカードとして半端なこのカードを採用できる余地はかなり少なかった。
 
一方でテンションスキルが凶悪なソロモードの各種ボスや、テンションスキルで逃走するはぐれメタルを妨害するのにはかなり有効であり、ソロモードでは大活躍を見せている。