【グレイトホーン】

Last-modified: 2019-12-05 (木) 15:59:19

概要 Edit

DQ7などに登場するモンスター。
黄土色の毛皮と分枝した立派な角を持つヘラジカの獣人。
【レノファイター】の上位種で、PS版DQ7では【ボルンガ】と同色をしている。
本来、ホーンとは牛や山羊の角の様に分岐しない骨性の芯とケラチン質の鞘からなるものを指すのだが、グレイトなので細かい事を気にしてはいけない。

DQ7 Edit

現代の【ハーメリア地方】【プロビナ地方】に出現する。
レノファイターと同じく、力溜めに踏みつけの強化攻撃、守備力依存型の痛恨の一撃を使用する。
打撃一辺倒のパワー系かと思えばそうでもなく、メラミやライデインをも使いこなす魔法戦士である。
DQ7でデイン系に耐性のある防具は【大地のアミュレット】だけなので、ライデインは必然的にダメージが大きくなる。
もっとも、現代のフィールドに出現するので戦う機会は乏しく、おまけに体がデカすぎて出現数が少ないので、苦しめられる事は少ないだろう
ドロップアイテムは【ちからのゆびわ】

3DS版 Edit

【すれちがい石版】【メタルキング】をリーダーにしていた場合、番号が2つ後のこいつも姿を現すようになるので、PS版と比べれば見かける事が多くなっている。
また、ボルンガの体色が変更されたことにより、完全同色ではなくなった。

テリワン3D Edit

魔獣系Bランクで登場。スキルは【VS体技】
特性は【メガボディ】【AI1~2回行動】【メラブレイク】【ときどきバイキルト】
+25以上で【いきなりスカラ】、+50以上で「デインブレイク」を覚える。
DQ7同様、パワーファイター系だが、MPとかしこさの上限・伸びが意外にも良いので、
メラ・デインブレクを活用して魔法を使わせてもいいだろう。

イルルカ Edit

引き続き登場。スキルは変わらず「VS体技」。
【新生配合】【会心 出やすい】【ギガボディ】化で【メラ系のコツ】を習得。
野生の個体は【宿り木の塔】の4階(【雪と氷の世界】をモチーフにしたフロア)にうろついている。

トルネコ3 Edit

HP80、攻撃力28、防御力29、経験値150(Lv1)
【邪悪な風穴】【封印の洞くつ】【不思議の宝物庫】【異世界の迷宮】に出現する。
【レノファイター】の強化版で【剣系】
行動は下位種と同じ(角弾きの詳細はレノファイターの項目を参照)だが、【モンスターハウス】投げの射程が20マスに強化されている。
異世界の迷宮では56階から80階まで延々と登場し、【万能・晩成】であり徐々にレベルが上がった個体が出現するのが嫌らしい。
【だいまどう】【リビングハンマー】を投げつけられ、思わぬ事故に発展することもしばしばある。
宝物庫で【どくどくゾンビ】を投げつけられれば、熟練プレイヤーでも肝を冷やすことだろう。
 
仲間になった時のデフォルトネームは「グレーン」。
下位種と同じく仲間になっても戦力としては活躍は難しい。
というのも瀕死のポポロや味方を敵に投げつけたり、逆に敵をこちらへ弾き飛ばしたりを繰り返し、更には力ためでターン消費したりと自身が一方的に殴られて力尽きるパターンも多く、どうにも扱いにくい。
しかし【モンスター闘技場】では敵を罠に投げつけて、思わぬ活躍をする事がある。
ドーピング無しのHPが全モンスター中最大の290に達する打たれ強さをもつが、残念ながらそれを活かす場は限られる。