【超はやぶさ斬り】

Last-modified: 2021-05-19 (水) 22:10:29

概要

【はやぶさ斬り】の上位技で4回攻撃を放つ片手剣の特技。
更に上位技として【不死鳥天舞】がある。

DQ8(没)

PS2版で没特技としてデータ内にのみ存在。
無理矢理使うことも可能だがモーションははやぶさ斬りと同様。 ダメージは4回出る。

DQ10

【片手剣スキル】に120ポイント振ることで習得する特技。
敵単体に通常攻撃の0.75倍の威力の攻撃を4回放つ。
消費MPが2と少ないかわりに45秒のインターバルがある。
詳しくはこちらを参照。

DQ11

【グレイグ】【えいゆう】スキルで覚える片手剣専用特技。
敵一人に通常攻撃と同じ威力の攻撃を4回連続でくり出す。消費MP16。
 
単体倍率としては通常特技としてはベロニカの【双竜打ち】と並び最高クラスの4倍。グレイグは元となるちからも高いので、火力を最大限に体感できる。片手剣にとっては優秀なダメージソースなので、優先して取得する価値はある。
しかし、消費MPが16とグレイグにとってはかなり高く、燃費に課題がある。雑魚戦での乱発は望めないだろう。
雑魚戦はこれと比べて燃費と火力のバランスがとれた【天下無双】を使用し、こちらは強敵に対して使用すると効率がいいだろう。
 
他の武器の主力技と比較した場合、両手剣自体の武器攻撃力が勝るぶん両手剣の【全身全霊斬り】に火力で劣ってしまうが、壁としての役割も求められるグレイグにとっては盾を装備しながら火力を出せる点で差別化はできている。また、二刀流ではさらに追加攻撃もあるので、単体相手なら最大の火力を出せる(力の種で攻撃力を底上げすれば全身全霊斬りを追い抜く)。
一方、特技の多彩さではオノに劣るので、むしろこちらの方が問題か。

テリワンSP

「はやぶさと○○の口伝」で習得可能な特技。
敵単体を4回連続で攻撃する。1発当たりのダメージ上限値は500なため、最大2000のダメージを与えられる。

星ドラ

はやぶさの剣のメインスキル。ランクはA。
CTが短い3連続の単体攻撃なので余ったサブスキルに。

蒼天のソウラ

4巻に「超隼斬り」表記で登場。
【戦士】である【<盟友>ユルール】の片手剣スキルの1つ。
1ターン4回攻撃の描写として1コマで斬撃の軌跡が4つ刻まれる。
【魔公子イシュマリク】に防がれるが【ソウラ】の大技の為の時間を確保した。